今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の5月3日までの
21ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.0%


5月2日
東京11R 勝負レース 青葉賞 3連複2920円
調教抜群鉄板軸馬タンタアレグリアが2着

4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

今週の的中は勝負レースだった青葉賞の1鞍でした。
軸馬がきているのに紐抜けが3レースもあり、
春天皇賞もゴール手前で的中が逃げてしまう悔しい2日間になりました。

青葉賞は鉄板軸馬タンタアレグリアが2着で的中できました。
実力差がほとんどないメンツで難しいレースだったが、
枠順が決まる前の木曜日に会員様にお伝えした軸候補タンタアレグリア、
ヴェラヴァルスター、レーヴミストラルの3頭が1~3着を占める、
頭を悩ます事がなかった結果になりました。

春天皇賞は事前公開していた“激アツ馬”カレンミロティックが抜けだし、
その後ろからゴールドシップが差してきて、
最内から鉄板軸馬ラストインパクトが追い込んできて、
ゴール30m手前で万馬券の的中が目前だったが、
フェイムゲームが外から差して2着に上がってしまい、
的中が消えてしまいました。
ラストインパクトの上り3F34.4秒は最速だったので、
やはりデキは最高潮だったが位置取りが後ろすぎました。
普段はスタートが速いのに今回は一歩目が遅く、
想定以上に後ろになってしまいました。
道中は内の7番手にホッコーブレーヴがいたが、
そのポジションが取れていればという残念な結果になりました。
事前公開の“激アツ馬”カレンミロティックが穴をだしたのに、
的中できずスミマセンでした。

来週はダービートライアルの京都新聞杯、
古馬ハンデ重賞の新潟大賞典、
3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップです。

京都新聞杯はダービー最終便の重要なレースです。
今週にダービートライアルの青葉賞があったが、
京都新聞杯も青葉賞と同じで低調なメンツになりました。
2年前はキズナがこのレースを制してダービーを勝ち、
3年前の勝ち馬トーセンホマレボシはダービーで3着にきたが、
今年は皐月賞の上位組が強くここを高いパフォーマンスで勝っても、
中2週の厳しいローテーションになるので伏兵扱いになるでしょう。
どうしてもダービーに出走したい馬はメイチで仕上げてくるが、
ここを使って賞金加算して秋に備える馬が何頭かいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

新潟大賞典はG1では通用しないB級の重賞常連馬が揃いました。
伸びシロがありそうなのは4歳のラングレーとアズマシャトルのみで、
他は底が見えた6歳、7歳ばかりなので混戦と言っていいでしょう。
夏のサマーシリーズ前に一稼ぎして一息入れたい馬ばかりなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

NHKマイルカップは桜花賞馬レッツゴードンキのオークスが決まったので、
例年に比べると小粒なメンツになりました。
桜花賞を回避してこのレースに照準を合わせてきた3戦3勝のアルビアーノ、
ニュージーランドトロフィーを勝ったヤマカツエース、
そのレースで出遅れたが2着に追い込んできたグランシルクが人気になるが、
3頭とも速い持ち時計がないので時計を大きく短縮させる必要があります。
アルビアーノはまだ3戦しかしていないが、
ヤマカツエースは今年6戦目でグランシルクは今年4戦目なので、
伸びシロがないデキで時計を詰める事ができるのか疑問があります。
今年は能力差がほとんどなくデキ一つで着順が大きく替わりそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京都新聞杯の有力馬の調教分析はアルバートドック、サトノラーゼン、
シュヴァルグラン、ダノンリバティ、トーセンバジルの5頭、
新潟大賞典の有力馬の調教分析はアズマシャトル、クランモンタナ、
デウスウルト、ナカヤマナイト、ハギノハイブリッドの5頭、
NHKマイルカップの有力馬の調教分析はアヴニールマルシェ、アルビアーノ、
アルマワイオリ、クラリティスカイ、グランシルク、ミュゼスルタンの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月3日の23時以降に確認して下さい。

京都新聞杯の有力馬ポルトドートウィユ、
新潟大賞典の有力馬ラングレー、
NHKマイルカップの有力馬ヤマカツエースの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

京都新聞杯、新潟大賞典、NHKマイルカップの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月7日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR