今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月26日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.3%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

今週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。
昨年は出走馬のレベルが高くなかったので、
権利を取った1着、2着馬はダービーで良い結果がでなかったが、
2年前の青葉賞の2着アポロソニックはダービーで3着、
3年前の1着フェノーメノはダービーで2着、
4年前の1着ウインバリアシオンもダービーで2着にきています。
皐月賞でドゥラメンテが規格外の衝撃的な勝ち方をしたので、
ここで権利を取っても伏兵馬の中の一頭になるが、
昔からダービーは運がある馬が勝つという格言があるように、
何が起こるか判らないので青葉賞の出走馬は後先を考えず、
メイチの仕上げをして権利を取りにくるでしょう。
今年は出走馬のレベルが低く能力差がないメンツなので、
中間の調教からデキが上がっている馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

春天皇賞は出否が未定だったゴールドシップが参戦を表明したので、
出走馬のレベルが高くなりアツイ戦いになりそうです。
昨年のメンツに4歳アドマイヤデウスとサウンズオブアースが加わっただけの、
新鮮味に欠ける出走馬だったのでゴールドシップの参戦は大きいです。

今日になって3連覇を懸けて出走予定のフェノーメノが、
最終調教後に右前脚の繋靭帯に張りがでて回避が発表されました。

某サイトでは1週前時点でフェノーメノは好内容だと書いていたが、
どこをどう見れば良いと言えるのか疑問がありました。
会員様には26日の時点でデキは悪いと伝えました。
1週前の動きが悪く昨年はレース1週前の日曜日に、
南Wトラックで時計をだしていたのに26日に馬場入りしなかったのです。
26日の時点ですでに右前脚に違和感があり時計がだせなかったのでしょう。

それに、1週前の調教映像を見れば一目瞭然でした。
手綱を押さなくてもだせる時計が、
1週前は手綱を押してだしていて動きは良くなかったのです。
某サイトは調教映像を見ないで時計だけで好内容としたのでしょう。

調教時計だけでデキの良し悪しがわかれば映像なんか必要ありません。
時計は同じでも馬なりでだす時計と手綱を押してだす時計は違うのです。

今年は去年と同じでキズナが1番人気になりそうだが、
大阪杯でラキシスに内から差されて負けてしまった事をどう見るかです。
道悪の適性の有無で負けてしまったのかもしれないが、
キズナが最速上りを使えず内から差された事は今までなかったのです。
レース後に武騎手がまだ完調でないのかもという、
コメントをだしていたがその言葉は本心なのでしょう。

キズナは中間の調教内容を見る限り、
前走から良くなった所がないので今年も危ないと見ています。
ゴールドシップも球節の内出血の影響がまだ残っているのか、
1週前の調教がピリッとしませんでした。

2強に付け入る隙がありデキさえ良ければ逆転できる馬がいるので、
中間の調教からデキが上昇している馬を見つけだして勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はヴェラヴァルスター、タンタアレグリア、
ティルナノーグ、ブラックバゴ、レーヴミストラルの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ウインバリアシオン、
キズナ、サウンズオブアース、フェイムゲーム、ラストインパクトの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月29日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬レッドライジェル、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日4月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR