今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月12日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率126.1%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

2015年のトータル成績 回収率112.1%

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率172.0%


今週は桜花賞の紐抜けの外れが痛かったが、
6戦3勝で回収率170%で良い成績が残せました。

阪神牝馬ステークスは調教抜群の鉄板軸馬ウリウリが3着になり、
3連複9560円を的中させる事ができました。
ウリウリは想定以上に後ろの位置になりその位置で届くのか心配していたが、
前が開くと34.2秒の最速上りで追い込んできて3着に上がってくれました。
流れが落ち着いていたのでヒヤヒヤものだったが、
浜中騎手が馬の力を信じて最後まで外にださない好騎乗してくれました。
東京競馬場で好結果がでていないが今回のような競馬ができれば、
ヴィクトリアマイルでもチャンスはでてくるでしょう。

ニュージーランドトロフィーは軸馬グランシルクが大きく出遅れてしまい、
的中を諦めていたが大外から追い込んで2着にきて的中できました。
このレースには調教抜群で鉄板と言えるような馬はいませんと事前公開しました。
グランシルクも鉄板と言えるようなデキではなかったが大きなデキ落ちはなく、
前走くらい走れば勝ち負けになると見ていたので軸にしました。
今までにないような出遅れをしてしまったが、
やはりデキは良くなかったのかもしれません。
事前公開していた“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”にしたが、
道中の行きっぷりが悪くなんとか5着にきたが見せ場なく沈みました。
この競馬を見る限りやっぱりデキは悪かったのでしょう。
事前公開していた“激アツ馬”ナイトフォックスが4着だった事が残念だが、
“危険な人気馬”をバッサリ切って的中できたので良かったです。

桜花賞は鉄板軸馬レッツゴードンキが想定外の逃げをしたが、
岩田騎手がペースを上手く落としてまんまと逃げ切りました。
相手2頭目のクルミナルが外から追い込んできて2着に上り的中が目前だったが、
ノーマークだったコンテッサトゥーレが最内から3着に上り、
痛恨の紐抜けになってしまいました。
クイーズリングが3着に上がったように見えたがハナだけ届きませんでした。
超悔しい結果になってしまったが調教分析は正しく、
紙一重で外しただけなので来週の皐月賞で巻き返します。

来週はダート重賞のアンタレスステークス、
3歳牡馬クラシック第一弾の皐月賞です。

アンタレスステークスは超一流馬はいないが、
ローマンレジェンド、ナムラビクター、ワイドバッハといった実績馬、
アスカノロマン、アジアエクスプレスの4歳馬が激突するので、
新旧交代のアツイ戦いになりそうです。
ダート有力馬は6月24日の大井の帝王賞が春の最大目標なので、
アンタレスステークスを叩いてから直行するか、
5月23日の平安ステークスを使ってから本番に向かいます。
ローマンレジェンドは賞金が足りているので、
メイチの仕上げでてくる事はないが賞金が半額になる4歳や、
ナムラビクターは今のままでは帝王賞に出走ができないので、
後先考えずメイチの仕上げをしてくるはずです。
中間の調教からデキが上がっている馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

皐月賞は桜花賞と同じで近年にないくらいの豪華なメンツになりました。
無敗馬はサトノクラウンとキタサンブラックの2頭しかいないが、
3着以内を外していない複勝率100%が5頭もいます。
前哨戦が始まる前までは今年の出走ボーダーラインが高くて、
賞金1600万円でも微妙だったが最終的に登録していれば、
900万下でも抽選で出走できるくらいボーダーラインが下がり、
フルゲート割れの17頭立てになってしまいました。

皐月賞出走のため中1週で使った共同通信杯で2着に負けてしまった、
ドゥラメンテが出走できるようになった事が混戦に拍車をかけています。
東京競馬場が得意なので青葉賞で権利を取ってダービーの予定だったが、
出走が可能になったので予定を変更したのがどうでるかが問題です。
皐月賞から中1週で青葉賞の出走は無理でここで4着以内に入らないと、
ダービーの出走が不可能になのでドゥラメンテはメイチの仕上げをして、
皐月賞出走するはずだが放牧から戻ってきたのが、
3月26日と遅れてしまい急に戻した感じがしています。
能力だけならばサトノクラウン、リアルスティールと同等だが、
ローテーションの狂いは大きなハンデだと見ています。

今年は出走馬のレベルが高い所での混戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、
クリノスターオー、ナムラビクター、マルカプレジオ、ローマンレジェンドの5頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はキタサンブラック、サトノクラウン、
ダノンプラチナ、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月12日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬アジアエクスプレス、
皐月賞の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月16日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR