今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月5日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.9%


4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

3月22日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複2020円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドシップが1着

3月21日
中山11R 勝負レース フラワーカップ 3連複14380円
調教抜群鉄板軸馬ディアマイダーリンが3着
事前公開の“激アツ馬”12番人気アースライズが2着

中京10R 熊野特別 3連複4180円
調教抜群鉄板軸馬ローハイドが3着
相手筆頭の“激アツ馬”9番人気サウンドメモリーが1着

2015年のトータル成績 回収率108.1%

今週は低配当のショボイ的中が2レースだけでした。

大阪杯は鉄板軸馬ロゴタイプが直線半ばで失速してしまいました。
前半5F61.1秒、後半5F61.8秒の得意なハイペースで、
離された3番手から追走して早め先頭から押し切れる展開だったが、
まったく抵抗できずに後退してしまいました。
馬体重が8kも減って最近で一番少ない490だったので、
この馬体重減が最後の一伸びを欠いた原因かもしれません。

ダービー卿チャレンジトロフィーは鉄板軸馬コスモソーンパークが、
勝負所で前が詰まってしまい最後は流すだけになってしまいました。
雨で馬場が緩いのに勝ち時計が1分32秒2で時計が速すぎました。
内を走っていた馬がすべて不利を受けてしまったが、
もしコスモソーンパークが外に進路を取っていても、
この時計では勝ち負けできなかったでしょう。

来週はヴィクトリアマイルのステップレースの阪神牝馬ステークス、
NHKマイルカップのステップレースのニュージーランドトロフィー、
3歳牝馬クラシック初戦の桜花賞です。

阪神牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースです。
最近のヴィクトリアマイルは阪神牝馬ステークスの惨敗馬が巻き返すケースが多く、
昨年は阪神牝馬ステークスで11着だったヴィルシーナが勝ち、
2013年は14着だったホエールキャプチャが2着、
2010年は13着だったヒカルアマランサスが2着にきています。
今年も阪神牝馬ステークスの出走馬のほとんどがヴィクトリアマイルにいくので、
本番では惨敗した馬に注目しなければなりません。
今年は昨年の出走馬にレッドリヴェール、メイショウマンボが加わっただけで、
成長著しい4歳の上り馬がいない寂しいメンツになりました。
デキ一つで着順が入れ替わるくらいの混戦だと見ているので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

ニュージーランドトロフィーはNHKマイルカップを占う重要な前哨戦です。
今年の3歳牡馬牝馬クラシックは高レベルだが3歳マイル路線は低調です。
前哨戦のアーリントンカップは伏兵のヤングマンパワーが勝ち、
ファルコンステークスは14番人気のタガノアザガルが勝ち波乱を演出しました。
ダノンプラチナが皐月賞後にNHKマイルカップに向かえば、
断然の人気になるが出走しないとアヴニールマルシェ、ミュゼスルタン、ミュゼエリアン、
ダノンリバティ、アルビアーノが人気になるくらい一長一短で大混戦になります。
ニュージーランドトロフィーに出走する馬のほとんどは色気を持っているはずで、
メイチの仕上げをしてNHKマイルカップの出走権利を取りにくるでしょう。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

桜花賞は関西馬が強いレースだったが今年は関東馬が圧倒的に強く、
例年と事情が違い人気上位は関東馬が独占するでしょう。
フラワーカップを圧勝した3戦3勝のアルビアーノの回避は残念だが、
関東馬のルージュバック、キャットコイン、
関西馬のクイーンズリングが3戦3勝の負けなしで出走し、
出走馬の中でただ1頭だけ重賞を2勝しているココロノアイもいるので、
今年の桜花賞は話題に尽きないアツイ戦いになるでしょう。
注目しなければならない馬が多いが、
その中でもルージュバックに一目置かなければなりません。
3戦すべて牡馬を相手にして戦ってきて一蹴しています。
きさらぎ賞は重賞だったが相手が弱くてあまり参考にならないが、
2走前の百日草特別の2着のベルーフが京成杯を勝ち、
3着のミュゼエリアンは先日の毎日杯を勝ち、
この2頭を子供扱いしたルージュバックの能力の高さは別格です。
問題は初めての1600m戦になる事です。
桜花賞が1800mならば故障でもしない限り勝つだろうが、
スピードが必要不可欠の1600mなので、
スピード不足を能力の高さでカバーできるのかが問題です。
現時点のルージュバックの完成度の高さは、
桜花賞を勝った過去の名牝を上回っていると見ているが、
スピード負けするかもしれないのでルージュバックで鉄板と決めつけないで、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はウリウリ、
ホエールキャプチャ、メイショウマンボ、レッドリヴェールの4頭、
ニュージーランドトロフィーの有力馬の調教分析はアクティブミノル、
グランシルク、ネオルミエール、マテンロウハピネス、ヤングマンパワーの5頭、
桜花賞の有力馬の調教分析はアンドリエッテ、キャットコイン、
クイーンズリング、ミッキークイーン、ルージュバック、レッツゴードンキの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月5日の23時以降に確認して下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアー、
ニュージーランドトロフィーの有力馬アルマワイオリ、
桜花賞の有力馬ココロノアイの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィー、桜花賞の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月9日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR