今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の3月22日までの
18ヶ月間の勝負レースの成績 回収率127.4%


3月22日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複2020円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドシップが1着

3月21日
中山11R 勝負レース フラワーカップ 3連複14380円
調教抜群鉄板軸馬ディアマイダーリンが3着
事前公開の“激アツ馬”12番人気アースライズが2着

中京10R 熊野特別 3連複4180円
調教抜群鉄板軸馬ローハイドが3着
相手筆頭の“激アツ馬”9番人気サウンドメモリーが1着

3月15日
中山11R 勝負レース 中山牝馬ステークス 3連複4410円
調教抜群鉄板軸馬アイスフォーリスが2着

3月14日
中山11R アネモネステークス 3連複1680円
調教抜群鉄板軸馬メイショウメイゲツが2着

3月7日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複4020円
調教抜群鉄板軸馬レッツゴードンキが3着

2015年のトータル成績 回収率119.7%

今週は6戦3勝で勝負レースのフラワーカップで万馬券が取れ、
同じく勝負レースの阪神大賞典も点数を減らして取れたので、
良い成績を残すことができました。

ファルコンステークスは軸馬フミノムーンが弾けず、
4着になってしまい的中できませんでした。
このレースは鉄板と言えるような調教をしている馬が不在で、
鉄板ではないがデキが良かったフミノムーンを軸にしたが、
絶好の展開で3着にもこれなかったので
やはり完璧なできではなかったのでしょう。

フラワーカップは軸馬ディアマイダーリンが3着にきて、
事前公開していた“激アツ馬”12番人気アースライズが2着になり、
3連複14380円を的中する事ができました。
このレースもファルコンステークスと同じで鉄板と言える馬が不在で、
軸候補はディアマイダーリン、アルビアーノだと会員様に事前に伝えたが、
アルビアーノが大楽勝して一方のディアマイダーリンは3着争いになりました。
結果は軸候補2頭と“激アツ馬”アースライズで完璧だったが、、
ディアマイダーリンが3着争いで負けて4着ならば、
寝込んでしまうくらいのショックを受けていたでしょう。
難解なレースだったが軸候補2頭と“激アツ馬”1頭の、
1点で良かった簡単なレースだったのです。
こういう僅差で的中できたのは大きいので、
これから始まるG1戦線への良い弾みになりそうです。

阪神大賞典は鉄板軸馬ゴールドシップが前走の汚名を返上し、
同一レースの3連覇の偉業を達成しました。
いつもより相手の頭数を減らして相手2頭目に抜擢した、
7番人気のデニムアンドルビーが2着にきてくれたが、
3連複の配当は2050円の低配当になってしまいました。
結果的に配当が安かったので相手を減らしたのは正解でした。

スプリングステークスは鉄板軸馬リアルスティールが2着だったが、
キタサンブラックは軽視していたので外してしまいました。
キタサンブラックの直前の動きは上々だったが馬なりだったので切りました。
前2走の直前は一杯でやっていて今回が初めて馬なりだったので、
デキは落ちていると判断しました。
スローペースで展開に恵まれたが3連勝でリアルスティール、
ダノンプラチナムに勝ったので想像以上に能力が高いのかもしれません。

来週は3歳中距離重賞の毎日杯、春天皇賞のステップレースの日経賞、
ダート戦のマーチステークス、今年のG1レース2戦目の高松宮記念です。
今週に続き来週も4重賞があり大変だが、
一切手抜きしないで調教分析をします。

毎日杯は今後の3歳重賞を占う重要なレースです。
昔はここで賞金加算をして皐月賞に出走する馬がいたが、
最近は少なくなりここを叩いてダービートライアルを使いダービーか、
NHKマイルカップに出走するのが主流になっています。
今年はアッシュゴールド、アンビシャス、ナヴィオン、
ロードフェリーチェが人気を集めそうだが、
4頭とも突き抜けるような決め手がないので、
デキ一つで着順が替わりそうです。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。
春天皇賞の3連覇を懸けてフェノーメノが始動するが、
昨年の秋3戦を見る限り年齢のせいなのか劣化が著しいので、
今年はかなり厳しい戦いになりそうです。
今週の阪神大賞典でゴールドシップが圧勝したが春天皇賞の出走は未定で、
キズナが再来週の大阪杯に出走してその後は春天皇賞だが、
距離に不安があるので今年も一波乱ありそうです。
春天皇賞は確たる軸馬がいない混戦確実なので、
日経賞で高いパフォーマンスをだせば一躍主力になりそうです。
フェノーメノ以外はメイチの仕上げをして出走するはずなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

マーチステークスはかなり難しいレースです。
3月11日のダイオライト記念にクリソライト、アスカノロマンが出走して、
26日の名古屋大賞典にアジアエクスプレス、フィールザスマートが出走予定なので、
マーチステークスは手薄なメンツになりました。
実績上位はグレープブランデーだが安定して力がだせない馬で、
昨年の覇者ソロルもいつ走るか読めないムラ馬でなので信用できません。
人気がかなり割れそうなメンツなので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

高松宮記念は新興勢力の上り馬がいない寂しいメンツになったが、
12年振りに外国馬エアロヴェロシティが参戦するのでアツイ戦いになりそうです。
エアヴェロシティは昨年のG1香港スプリントで、
ストレイトガールに快勝したので実力、能力の高さはお墨付きです。
初めての外国遠征、初めての左回りを克服しなければならないが、
ワールドベストホースランキングが118で、
コパノリチャードのレーティングが117なので、
数字だけならばエアヴェロシティの実力がトップです。
過去に来日してスプリンターズステークスを勝った、
サイレントウィットネスが123、テイクオーバーターゲットが121なので、
エアヴェロシティはこの2頭には劣るが、
スプリント王国の香港のトップに君臨している馬なので、
手薄な日本馬ならば簡単に負かすかもしれません。
エアヴェロシティの取捨が難しいのに日本馬も確固たる軸が見当たらないので、
今年の高松記念はかなり軸馬選び、相手選びが大変です。
こういう時はシンプルにデキが良い馬、下降している馬を見つけるのが良いので、
各馬の中間の調教をしっかり分析して勝負しましょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアンビシャス、
ダノンリバティ、ナヴィオン、ロードフェリーチェの4頭、
日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ウインバリアシオン、
クリールカイザー、サウンズオブアース、ホッコーブレーヴの5頭、
マーチステークスの有力馬の調教分析はソロル、
イッシンドウタイ、ベルゲンクライ、マイネルクロップの4頭、
高松宮記念の有力馬の調教分析はサドンストーム、ストレイトガール、
ダイワマッジョーレ、ハクサンムーン、ミッキーアイル、レッドオーヴァルの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月22日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯の有力馬アッシュゴールド、
日経賞の有力馬フェノーメノ、
マーチステークスの有力馬マスクトヒーロー、
高松宮記念の有力馬コパノリチャードの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月26日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR