今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の3月8日までの
17ヶ月間の勝負レースの成績 回収率124.5%


3月7日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複4020円
調教抜群鉄板軸馬レッツゴードンキが3着

3月1日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬ロゴタイプが2着

2月22日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複3060円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが3着

2月7日
東京10R 箱根特別 3連複3590円
調教抜群鉄板軸馬エイシンアロンジーが2着

2月1日
東京10R 3連複4140円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ダノンフェニックスは“完全消し”

2015年のトータル成績 回収率114.7%

今週の的中は勝負レースのチューリップ賞の1鞍のみでした。
軸馬のチョイスは間違っていなかったが紐抜けで万馬券を2本、
7000円台を1本外してしまいスミマセンでした。

チューリップ賞は鉄板軸馬レッツゴードンキが3着に残り的中できました。
逃げを選択する事はまったく想定していなかったが、
阪神9R、10Rで逃げ馬が残っていたので、
岩田騎手が馬の力を信じて逃げをしたのでしょう。
さすがにゴール前は脚が止まってしまったが、
4着ロカに2馬身差をつけているので内容の濃い3着でした。
しかし、流れが遅い展開でハナに行かせてしまったので、
桜花賞では引っ掛かって行ってしまう可能性がでてきました。
前に壁が作れる4枠から内に入れば大丈夫だろうが、
今回のように外枠に入ってしまうと厳しくなりそうです。

オーシャンステークスは鉄板軸馬スマートオリオンが惨敗しました。
三浦騎手が道悪になれば力が発揮できると東京スポーツのコラムで、
コメントをだしていたのにスタートから行きっぷりが悪く、
スギノエンデバー、ベステゲシェンクに外から被され、
直線に向いた所で脚が鈍って何もできずに終わってしまいました。
前半3F34.0秒という速い流れではなかったので、
スタートからだして行き積極的な競馬をしていれば、
このような見せ場もない結果にはならなかったでしょう。

弥生賞は鉄板軸馬トーセンバジルが弾けず的中できませんでした。
直線半ばでは突き抜けそうな反応の良さがあったのに、
坂を上り切る手前で脚が上がってしまい、
外に振られる不利があったグァンチャーレにも交わされてしまい、
5着に沈んでしまいました。
岩田騎手がハミを取らなかったというコメントをだしているが、
あの手応えで坂を上がってきて止まったので他に敗因がありそうです。
明確な敗因が判らない不可解な敗戦でした。

来週は古馬中距離ハンデ戦の中日新聞杯、
桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビュー、
牝馬限定ハンデ戦の中山牝馬ステークスです。

中日新聞杯は一流馬の出走はないが、
重賞の常連が揃いハンデ戦なのでアツイ戦いになりそうです。
中距離馬の春の最大目標は宝塚記念だが、
今年はゴールドシップ、キズナに加えて、
中山記念を勝ったヌーヴォレコルト、ハープスターの4歳牝馬、
イスラボニータ、ステファノスといった4歳牡馬も出走する予定なので、
このレースに出走する馬はここで賞金を加算しても、
宝塚記念の出走はほぼ無理です。
ほとんどの馬は目標がなく後先を考えずメイチで出走してくるはずなので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞のステップレースだが、
今週のチューリップ賞が豪華なメンツだったので手薄になりました。
2戦2勝で負けなしのクイーンズリングが出走するが、
体質が弱く強い調教ができない虚弱体質で、
コートシャルマン、ダノングラシアスは底が見えてきた感じなので、
信用できる馬がいません。
デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスは難解なハンデ戦です。
このレースで引退する馬が何頭かいるだろうが、
ほとんどはヴィクトリアマイルを最大の目標にしているはずです。
先日の中山記念を勝ったヌーヴォレコルト、
本格化したディアデラマドレがヴィクトリアマイルで人気になるが、
この2頭以外は一長一短で大混戦なので、
ここで好結果をだせば本番でも有力な1頭になるでしょう。
実力が拮抗した難解なハンデ戦なので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、
サングレアル、ディサイファ、パッションダンス、ミトラの5頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はオーミアリス、クイーンズリング、
スマートプラネット、ダノングラシアス、レオパルディナの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアイスフォーリス、
スイートサルサ、バウンスシャッセ、パワースポット、ブランネージュの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月8日の23時以降に確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬デウスウルト、
フィリーズレビューの有力馬コートシャルマン、
中山牝馬ステークスの有力馬ケイアイエレガントの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月12日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR