今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の3月1日までの
17ヶ月間の勝負レースの成績 回収率125.1%


3月1日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬ロゴタイプが2着

2月22日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複3060円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが3着

2月7日
東京10R 箱根特別 3連複3590円
調教抜群鉄板軸馬エイシンアロンジーが2着

2月1日
東京10R 3連複4140円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ダノンフェニックスは“完全消し”

1月31日
東京11R 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬アズマシャトルが1着

東京10R 3連複1110円
調教抜群鉄板軸馬ニシノラッシュが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”ダガノアザガルは“完全消し”

2015年のトータル成績 回収率122.1%

今週は勝負レース中山記念の的中だけでした。

アーリントンカップは鉄板軸馬ナイトフォックスが大敗してしまいました。
軸はエイムハイ、ナイトフォックスの二択で、
内伸びが顕著な馬場だったのでナイトフォックスを軸にしたが
内枠だったのに大外にだす想定外の展開になってしまいました。
ソールインパクトの2着だった3走前の未勝利戦のような、
内々から抜けだす競馬をして欲しかったのに
まったく違う競馬になってしまいました。

阪急杯はコパノリチャードが坂を上がり切る途中で、
完全に脚が止まってしまい6着に負けてしまいました。
コパノリチャードは鉄板と言えるような調教はしていなかったが、
9割ほどの仕上がりで道悪はかなり得意なので軸にしたが、
最後の失速を見る限りやはり本来のデキではなかったのでしょう。
当初の予定通りでダイワマッジョーレを軸にするべきだったが、
ローブティサージュは買っていたがミッキーアイルはなかったので、
ダイワマッジョーレを鉄板軸にしても的中できませんでした。

中山記念は鉄板軸馬ロゴタイプが2着になり的中できました。
通常より相手を減らしていたがイスラボニータ以外の人気馬が、
上位にきてしまったので安い配当になってしまいました。
イスラボニータは緩んだ馬場が敗因だと陣営がコメントを出しているが、
直前の調教がピリッとしなかったのでデキが悪かった事が最大の敗因でしょう。

来週は桜花賞トライアルレースのチューリップ賞、
高松宮記念トライアルレースのオーシャンステークス、
皐月賞トライアルレースの弥生賞です。

チューリップ賞は今年の桜花賞を占う重要なレースです。
当初は昨年の2歳女王ショウナンアデラが出走する予定で、
1月30日に戻ってきたがデキが上がらず2月8日に坂路に入った後は、
馬場入りができない状態で回避する事になり、
同厩舎のキャットコインと同じで桜花賞へ直行になりました。
3月14日にアネモネステークス、15日にフィリーズレビュー、
21日にフラワーカップがあるがどのレースも低レベルのメンツなので、
チューリップ賞の結果で今年の桜花賞の勢力分布が見えてくるでしょう。
今年は本番と同じ位の好メンツが激突しかなりアツイ戦いになるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

オーシャンステークスは高松宮記念の重要なステップレースです。
当初は昨年の高松宮記念の覇者スノードラゴンが出走する予定だったが、
脚部不安で回避する事になり今年は手薄なメンツになりました。
実績はハクサンムーン、リトルゲルダが上位だが、
ハクサンムーンは力の衰えが目立ち始めて、
リトルゲルダは中山が初めてなので不安材料があります。
今年はデキ一つで着順が大きく替わりそうなメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

弥生賞は皐月賞を占う重要な前哨戦です。
昨年の2歳王者ダノンプラチナ、
共同通信杯を勝ち一躍クラシック候補になったリアルスティール、
ハイレベルだった新潟2歳ステークスの覇者ミュゼスルタン、
京成杯の覇者ベルーフは22日のスプリングステークスに出走するので、
スプリングステークスが終わらないと3歳牡馬の勢力図が見えてきません。
昨年から2歳戦が整備され重賞が増えた影響で、
今年の皐月賞の出走ボーダーラインは例年より高くなってしまい、
現時点で1900万の賞金があっても出走は微妙です。
札幌2歳ステークスを勝ったブライトエンブレム、
新潟2歳ステークスを勝ったミュゼエイリアンの賞金が1900万なので、
重賞を勝ったのに皐月賞に出走できないという事が起こるかもしれません。
このような事を起こした元凶はホープフルステークスの賞金の高さです。
ホープフルステークスで2着のコメートの現在の賞金は2200万で、
重賞勝ちのブライトエンブレム、ミュゼエリアンより高いのです。
ホープフルステークスの1着賞金が6500万で、
札幌2歳、新潟2歳は半額以下の3000万しかないので、
このような事が起こってしまうのです。
来年以降も今年と同じような事が起こるかもしれないので、
2歳重賞を勝った馬に皐月賞の出走権利を付与するといった、
特典をつけないと来年以降も同じような事が起こるかもしれません。
話が逸れてしまったが今年の弥生賞は頭数は多くないが、
過去に例がないくらいの超豪華なメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チューリップ賞の有力馬の調教分析はアンドリエッテ、
クルミナル、ココロノアイ、コンテッサトゥーレ、ロカの5頭、
オーシャンステークスの有力馬の調教分析はサクラゴスペル、
スマートオリオン、ハクサンムーン、バクシンテイオー、ベステゲシェンクの5頭、
弥生賞の有力馬の調教分析はグァンチャーレ、クラリティスカイ、
サトノクラウン、ブライトエンブレム、ベルラップの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月1日の23時以降に確認して下さい。

チューリップ賞の有力馬レッツゴードンキ、
オーシャンステークスの有力馬リトルゲルダ、
弥生賞の有力馬シャイニングレイの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

チューリップ賞、オーシャンステークス、弥生賞の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月5日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR