今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の2月1日までの
17ヶ月間の勝負レースの成績 回収率129.7%


2月1日
東京10R 3連複4140円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが2着
デキ落ちの“危険な人気馬”ダノンフェニックスは“完全消し”

1月31日
東京11R 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬アズマシャトルが1着

東京10R 3連複1110円
調教抜群鉄板軸馬ニシノラッシュが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”ダガノアザガルは“完全消し”

1月18日
中山11R 勝負レース 京成杯 3連複3700円
調教抜群鉄板軸馬ブラックバゴが1着
事前公開の“危険な人気馬”クラージュシチーは“完全消し”

1月17日
中山12R 3連複3990円
調教抜群鉄板軸馬エバーグリーンが3着

京都11R 大和ステークス 3連複12190円
調教抜群鉄板軸馬ローブデソワが2着
相手筆頭の“激アツ馬”キクノストームが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”ガンジスは“完全消し”

1月12日
中山10R 迎春ステークス 3連複2100円
調教抜群鉄板軸馬トーセンアルニカが1着


今週は3鞍の的中があったが好配当の的中はなく、
シルクロードステークス、根岸ステークスを外してしまいました。
しかし、好調は続いていて先週は的中がなかったが今週は3勝して、
トータルで33戦11勝で回収率は192.5%もあります。

シルクロードステークスは鉄板軸馬エイシンブルズアイが、
スタートから行きっぷりが悪くて最後まで流れに乗れず9着に敗れてしまいました。
1200m戦で好結果をだしていた時が54k、55kで、
今回が56kだったので斤量増の影響があったのかもしれないが、
それを割り引いても今までのような行きっぷりがなかったので、
明確な敗因が何なのかわからない結果になってしまいました。

根岸ステークスは鉄板軸馬キョウワダッフィーが5着に敗れてしまいました。
好スタートから中団より少し前の絶好の位置取りができたが、
勝負所でアドマイヤロイヤルに外から蓋をされてしまい、
外にだせず狭い内に入ってしまい伸びを欠いてしまいました。
スムーズな競馬ができていれば3着に来ていたかもしれないが、
エアハリファのように馬群をこじ開けてくるパワーがないので、
デキは良かったが完全に力負けでした。

来週は3歳牡馬クラシックの登竜門レースのきさらぎ賞、
春のマイル王を目指すマイラーが集結した東京新聞杯です。

きさらぎ賞はクラシックを占う重要なステップレースだが、
今年は牝馬クラッシックの有力候補のルージュバックが出走します。
昨年末の阪神ジュベナイルフィリーズを勝った、
ショウナンアデラが2歳女王になったが、
潜在能力はルージュバックの方が上だと見ています。
再来週に東京でクイーンステークスがあり、、
同週に京都でエルフィンステークスがあるのに、
牡馬クラシック前哨戦のきさらぎ賞に出走するので、
春の最大目標はオークスでなくダービーなのかもしれません。
ルージュバック以外にもクラシック候補のポルトドートウィユ、
粗削りだがオルフェーヴルの弟のアッシュゴールド、
新馬戦の内容が良かったレガッタが出走するので、
今年のきさらぎ賞は少頭数だがアツイ戦いになりそうです。
しかし、今年は8~9頭立てが確実で、
好配当を狙うのは無謀で勝負はできないので会員様へ提供しません。
勝負レースにはしないが有力馬の調教分析はするので、
勝負する会員様は参考にして下さい。


東京新聞杯は安田記念を目指すマイラーが揃ったが、
低レベルのメンツになりました。
ジャスタウェイ、トーセンラーが昨年で引退したので、
今はマイル王の座は空席になっています。
現時点で昨年のマイルチャンピオンシップを勝った、
ダノンシャークが暫定王者だが圧倒的な強さありません。
皐月賞馬イスラボニータがマイル路線に参戦するが、
今のマイル路線は戦国時代と言っていいでしょう。
新興勢力が東京新聞杯に出走して欲しかったが、
今後も活躍が期待できそうな馬はフルーキーしかいなくて、
オープン特別とG3重賞の中間くらいのレベルです。
デキ一つで着順が大きく替わるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

きさらぎ賞の有力馬の調教分析はグリュイエール、ネオスターダム、
ポルトドートウィユ、ルージュバック、レガッタの5頭、
東京新聞杯の有力馬の調教分析はゴールデンナンバー、サトノギャラント、
シャイニープリンス、タガノグランパ、フルーキー、マイネルメリエンダの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月1日の23時以降に確認して下さい。

きさらぎ賞の有力馬アッシュゴールド、
東京新聞杯の有力馬エキストラエンドの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

東京新聞杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月5日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR