今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の1月25日までの
17ヶ月間の勝負レースの成績 回収率131.1%


1月18日
中山11R 勝負レース 京成杯 3連複3700円
調教抜群鉄板軸馬ブラックバゴが1着
事前公開の“危険な人気馬”クラージュシチーは“完全消し”

1月17日
中山12R 3連複3990円
調教抜群鉄板軸馬エバーグリーンが3着

京都11R 大和ステークス 3連複12190円
調教抜群鉄板軸馬ローブデソワが2着
相手筆頭の“激アツ馬”キクノストームが1着
デキ落ちの“危険な人気馬”ガンジスは“完全消し”

1月12日
中山10R 迎春ステークス 3連複2100円
調教抜群鉄板軸馬トーセンアルニカが1着

1月11日
京都11R 勝負レース シンザン記念 3連複8220円
調教抜群鉄板軸馬グァンチャーレが1着
事前公開の“激アツ馬”ロードフェリーチェが2着
デキ落ちのサトノフラムは“完全消し”

京都9R 許波多特別 3連複4330円
調教抜群鉄板軸馬エイシンアロンジーが2着

1月5日
京都10R 新春ステークス 3連複50780円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが3着


今週は今年初めの惨敗で的中レースがありませんでした。
鉄板軸馬がすべて惨敗してしまいスミマセンでした。

今週は的中レースがなかったが今週までの1月のトータル成績は、
回収率219.6%なので好回収率をキープしています。

京都牝馬ステークスは鉄板と言えるようなデキの軸馬が見当たらず、
会員様には軸候補はケイアイエレガントと、
1週前の調教が良かったウリウリだと伝えました。
最終的にウリウリを軸にしたが勝負所からまったく弾けず惨敗してしまい、
同じく軸候補だったケイアイエレガントはやはりデキが良かったのか、
逃げ切って勝ったがゴールデンナンバー、パワースポットは、
相手に入れていなかったので軸をケイアイエレガントにしても、
京都牝馬ステークスを的中させる事はできませんでした。

東海ステークスの軸候補はナムラビクター、コパノリッキーだと、
会員様に事前公開してナムラビクターを軸にしたが、
直線に向いた所で反応が悪くなりズルズル後退して惨敗しました。
一方のコパノリッキーは2番手からだったが、
最後は武騎手が流すくらいの余裕で圧勝しました。
2着グランドシチーは2頭目の相手だったので、
コパノリッキーを軸にしていれば3連複7690円が取れていました。
軸馬の選択ミスで的中を逃してしまいスミマセンでした。

AJCCは鉄板軸馬ゴールドシップが惨敗しました。
1着クリールカイザーは事前公開していた軸候補だったが、
デキはゴールドシップの方が良いと見たので軸にしてしまいました。
この馬はデキが良くても走る気がなければ凡走するので、
今後も取捨が難しいです。

来週は高松宮記念のステップレースのシルクロードステークス、
フェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークスです。

シルクロードステークスは淀短距離ステークス組に、
関東の期待の星のベステゲシェンク、セイコーライコウが加わったので、
アツイ戦いになりそうです。
淀短距離ステークスの上位組が人気になるが、
別定戦からハンデ戦になりそのレースは前半3Fが34.9秒という、
未勝利戦のようなスローだったので勝ったエイシンブルズアイ、
2着アンバルブライベンがこのレースでも好走する保証はありません。
来週から京都は仮柵が置かれたBコースになるので、
逃げ先行馬がフルにスピードが活かせるが、
淀短距離ステークスのようなスローにはならないので、
エイシンブルズアイ、アンバルブライベンには厳しい展開になるでしょう。
デキ一つで着順が替わるくらい実力が拮抗しているので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要なステップレースです。
現在のダート王者ホッコータルマエは1月28日の川崎記念後は、
フェブラリーステークスを回避してドバイに直行するみたいなので、
第二グループの馬は目の色を変えて出走してきます。
芝路線からロゴタイプが参戦を表明しました。
根岸ステークスで結果がでればフェブラリーステークスだが、
惨敗ならば中山記念を叩いてから、
オーストラリアのクイーンエリザベスステークスを目指すみたいです。
フェブラリーステークスはスタート後に芝があるのでレースはしやすいが、
東京1400mダートは芝がなく純粋にダート1400mを走るので、
ロゴタイプはスタート後にダッシュがつかず、
後方のままで終わってしまうかもしれません。
しかし、いかにもダートが向きそうなパワー型のフットワークなので、
いきなりの好走もありえます。
ロゴタイプの取捨が難しいが他に出走する馬も一長一短なので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

シルクロードステークスの有力馬の調教分析はエイシンブルズアイ、サドンストーム、
セイコーライコウ、ベステゲシェンク、ベルカント、マコトナワラタナの6頭、
根岸ステークスの有力馬の調教分析はエアハリファ、キョウワダッフィー、
ブライトライン、レーザーバレット、レッドアルヴィス、ロゴタイプの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月25日の23時以降に確認して下さい。

シルクロードステークスの有力馬アンバルブライベン、
根岸ステークスの有力馬ワイドバッハの調教分析は、
調教競馬分析ブログをご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

シルクロードステークス、根岸ステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月29日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR