勝負レース朝日杯で20560円を的中

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の12月21日までの
17ヶ月間の勝負レースの成績 回収率134.1%


12月21日
阪神11R 勝負レース 朝日杯フューチュリティステークス 3連複20560円
調教抜群鉄板軸馬クラリティスカイが3着
デキ落ちのナヴィオンは“完全消し”

12月20日
中京12R 3連複6750円
調教抜群鉄板軸馬ウインフェニックスが2着

12月13日
中京10R 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬エイシンアロンジーが1着

12月7日
中京11R 勝負レース チャンピオンズカップ 3連複11730円
調教抜群鉄板軸馬ローマンレジェンドが3着
事前公開の“激アツ馬”ナムラビクターが2着
事前公開の“危険な人気馬”ワンダーアキュートは“完全消し”

12月6日
中京12R 3連複7970円
調教抜群鉄板軸馬エーシンエムディーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”アンチュラスが2着

中京11R 勝負レース 金鯱賞 3連複1700円
調教抜群鉄板軸馬ラストインパクトが1着

11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

今週の的中は土曜日の中京12Rの3連複6750円、
朝日杯フューチュリティステークスの3連複20560円でした。

愛知杯は鉄板軸馬レーヴデトワールがスタートから行かず、
離れた最後方からになってしまい勝負所でも画面に映らず、
ヤラズの競馬になってしまいました。
道悪ならば前に行けるはずなのになぜこういう競馬になったのか判りません。

朝日杯フューチュリティステークスは鉄板軸馬クラリティスカイが3着にきて、
3連複20560円の的中ができました。
穴をだしたアルマワイオリはデキが良くて、
2番手の相手だったが2着になり好配当を作ってくれました。
デキ落ちだったナヴィオンは“完全消し”にして、
同じくデキ落ちのブライトエンブレムは7着に沈みました。
この時期の2歳馬はデキ一つで着順はどうにでもなるが、
当方の調教分析が正しかったのでこのような好配当が取れたのです。
競馬新聞の丸乗りのような甘っちょろい調教分析している所とは、
調教分析競馬はまったく違うということを証明する結果になりました。


来週は今年のJRA主催の最終週で土曜日に阪神カップ、
日曜日に格上げのホープフルステークス、グランプリ有馬記念が行われます。

阪神カップはスプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップで、
惜敗した人気馬が汚名返上のため多く登録してきました。
ミッキーアイル、ハクサンムーン、コパノリチャードに、
ホウライアキコ、フォーエバーマークという先行馬がいるので、
今年は先行争いが激化しそうです。
かなり難解なメンツになったので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

ホープフルステークスは昨年までオープン特別だったが、
今年からG2重賞に格上げされました。
1月3週目にG3重賞の京成杯があるが、
そのレースより格上のG2重賞にしたJRAの意図がわかりません。
今週に2歳G1の朝日杯フューチュリティステークスがあったが、
例年ならば無条件で出走できる2勝馬が、
最終的に回避馬がでたので出走できたが、
登録段階では抽選の対象になっていました。
今年から2歳重賞、オープン特別を大量に増やしたので、
2勝馬でも出走できない弊害がでてしまったのです。
年明けすぐにある京成杯と同じ距離のホープフルステークスを、
重賞に格上げにする必要があったのでしょうか?
ホープフルステークスの登録馬が23頭もいるので、
除外になった馬は京成杯に出走するだろうがメンツはかなり手薄になるでしょう。
京都2歳ステークスで激突したダノンメジャー、ティルナノーグが、
また戦う事になるが抽選馬にも素質が高い馬がいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

グランプリ有馬記念はジャパンカップ出走組にゴールドシップ、
G1馬になったラキシス、上り馬ラストインパクトが加わり、
今年の大一番にふさわしい豪華なメンツになりました。
昨年の有馬記念はオルフェーヴルの引退レースだったが、
まだ現役でも活躍できそうな圧勝劇になりました。
今年はジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、トーセンラー、
ヴィルシーナがこのレース後に引退します。
4頭とも数々の名勝負を演じてきたG1馬なので、
故障なく無事にレースを終えて欲しいです。
今年は超豪華なメンツになったが、
有力馬のほとんどが乗り替わりになる珍しい現象が起こりました。
数々の激戦を戦ってきている超一流馬ばかりだが、
乗り替わりの影響は多少はあるでしょう。
能力さがほとんどないメンツだと見ているので、
デキの良し悪しをしっかり見極めて有馬記念を取りにいきましょう。

阪神カップの有力馬の調教分析はクラレント、コパノリチャード、
ミッキーアイル、リアルインパクト、ロサギガンティアの5頭、
ホープフルステークスの有力馬の調教分析はウェルブレッド、
シャイニングレイ、ソールインパクト、ティルナノーグの4頭、
有馬記念の有力馬の調教分析はエピファネイア、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、
フェノーメノ、ラキシス、ラストインパクト、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日12月21日の23時以降に確認して下さい。

阪神カップの有力馬ハクサンムーン、
ホープフルステークスの有力馬ダノンメジャー、
有馬記念の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

阪神カップ、ホープフルステークス、有馬記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は12月25日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR