今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の12月14日までの
16ヶ月間の勝負レースの成績 回収率127.8%


12月13日
中京10R 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬エイシンアロンジーが1着

12月7日
中京11R 勝負レース チャンピオンズカップ 3連複11730円
調教抜群鉄板軸馬ローマンレジェンドが3着
事前公開の“激アツ馬”ナムラビクターが2着
事前公開の“危険な人気馬”ワンダーアキュートは“完全消し”

12月6日
中京12R 3連複7970円
調教抜群鉄板軸馬エーシンエムディーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”アンチュラスが2着

中京11R 勝負レース 金鯱賞 3連複1700円
調教抜群鉄板軸馬ラストインパクトが1着

11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

今週は低配当の1レースだけの的中になってしまいスミマセンでした。

チャレンジカップは事前公開の“激アツ馬”デウスウルトが、
同着の2着にきたが鉄板軸馬スマートレイアーの追い込みが決まらず、
6着になってしまい外してしまいました。
前半4Fが47.1秒でそれほど速くはないのに、
最後方の位置取りをした池添騎手のミス騎乗です。
同じ距離だった3月の大阪城ステークスの前半4Fは46.6秒で、
道中は中団より少し後ろの位置にいて、
4角では先頭まで5~6馬身まで差を詰めていました。
今回は4F47.1秒なのに4角で先頭まで15馬身はあったので、
池添騎手のミスとしか言いようがありません。
やはりこの馬は武騎手でないとダメみたいです。

カペラステークスは鉄板軸馬ダッシャーワンが見せ場もない6着に敗れました。
もし良い脚で伸びてきても1着~3着馬が相手にないので、
このレースを調教分析で取るのは不可能でした。

阪神ジュベナイルフィリーズは鉄板軸馬ロカが大きく出遅れてしまい、
直線で外から追い込んでくるが8着に敗れて縦目になってしまいました。
ロカはまだ1戦しかしていなくてその1戦もスタートが悪く、
出遅れればかなり苦しくなる1番枠に入ってしまったが、
多少の出遅れならば巻き返せると見ていたので軸馬にしました。
しかし、想定していた以上に出遅れてしまい最後までリズムが悪く、
何もできずに終わってしまいました。
デキの良さを信じて1戦1勝馬を軸にしたがデキ以前の問題で、
まったくレースにならない残念な結果になってしまいました。

来週は牝馬限定ハンデ戦の愛知杯、
中山マイルから阪神マイルになった朝日杯フューチュリティステークスです。

愛知杯は難しいハンデ戦です。
現在の施行条件になったのは2012年からだが、
2012年は7番人気、10番人気、2番人気、
昨年は12番人気、14番人気、13番人気と、
二桁番手の人気薄が馬券圏内を独占し好配当がでています。
重賞実績がある馬が55k以上のハンデを背負い凡走して、
50k~52kの条件馬が走っている事が荒れている原因です。
実績馬はG1前哨戦を使い本番でピークになるよう仕上げていて、
このレースを使う頃にはデキが落ちているので、
簡単に格下馬にコロッと負けてしまうのです。
今年もエリザベス女王杯の3着~5着馬がでてきて人気になるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

朝日杯フューチュリティステークスは今年から阪神マイルになりました。
昨年までの中山マイルは枠順の有利不利があったが、
阪神マイルは直線が473mもあり枠順の有利不利がなく、
能力があれば先行しての粘り込みがあり、
決め脚があれば追い込みも届く純粋なガチンコ勝負になります。
今年は実力が拮抗していて人気が割れる難しいメンツになりました。
前哨戦のいちょうステークスを快勝したクラリティスカイ、
札幌2歳ステークスを強烈な末脚で勝ったブライトエンブレムが人気になるが、
2頭とも休み明けでの出走になります。
中山開催になるが過去10年の朝日杯フューチュリティステークスで、
前走から中9週以上の休み明けは(1.1.0.7)なので、
休み明けの好走率はかなり低いのです。
前哨戦だったデイリー杯2歳ステークスの勝ち時計は1分35秒1だったが、
この時計は過去10年で2番目に遅いので1着タガノエスプレッソ、
2着アッシュゴールド、3着ナヴィオンはたいした事ないのです。
今年は能力差がないメンツなのでデキ一つで着順が大きく替わるはずです。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

愛知杯の有力馬の調教分析はアイスフォーリス、キャトルフィーユ、
スイートサルサ、ディアデラマドレ、バウンスシャッセの5頭、
朝日杯フューチュリティステークスの有力馬の調教分析はアッシュゴールド、セカンドテーブル、
タガノエスプレッソ、ダノンプラチナ、ナヴィオン、ネオルミエール、ブライトエンブレムの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日12月14日の23時以降に確認して下さい。

愛知杯の有力馬フーラブライド、
朝日杯フューチュリティステークスの有力馬クラリティスカイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

愛知杯、朝日杯フューチュリティステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は12月18日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR