今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月16日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率130.1%


11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

今週の的中は勝負レースのエリザベス女王杯のみでした。
紐抜けが3レースもあり情けない配信をしてしまいスミマセンでした。

武蔵野ステークスは鉄板軸馬レッドアルヴィスが、
想定していなかった2番手から先行してしまい馬群に沈んでしまいました。
走れるデキになっていたのになぜハイペースを2番手から追走したのでしょうか?
エアハリファのように前を見ながら競馬をして欲しかったです。

デイリー杯2歳ステークスは鉄板軸馬ナヴィオンが3着だったが、
タガノエスプレッソが消しだったので紐抜けになりました。
普段と違い相手点数を減らしてしまったのが裏目にでてしまいました。
少頭数で1頭は人気馬を消す必要がありタガノエスプレッソを切ってしまったが、
順当な結果だったのでこの紐抜けは諦めるしかありません

福島記念は軸アロマカフェが見せ場もなく6着に負けてしまいました。
流れが遅かったのに後方まで下げて末脚勝負にでた和田騎手のミスです。
13番人気フラアンジェリコのデキの良さは見抜いていたが、
残念な結果になってしまいました。

エリザベス女王杯は鉄板軸馬ラキシスが勝ち的中できました。
しかし、会員様に事前公開していた“激アツ馬”フーラブライドが、
最後に差されてアタマ差で4着に負けてしまったので、
的中はできたがスッキリしません。
ラキシスは最内枠に入ったので3、4番手に先行すると想定していたが、
7番手からになってしまいました。
ヌーヴォレコルトに取りたかった所に入られたので、
その位置取りになってしまったがいい目標が前にいて、
道中はレースはしやすかったはずです。
もしラキシスとヌーヴォレコルトの位置が逆だったら、
ラキシスは後続馬に差されていたはずなので、
結果的に7番手の後方で脚をためたのが正解だったのでしょう。
今回も重賞未勝利馬がG1馬になったが、
今年の秋G1はこれがトレンドなのでしょうか?
3歳戦ならばこういう事が起こっても驚けないが、
古馬のG1でもここまで続いてしまうのは異常です。
今年の秋G1は格よりデキの良し悪しを見極めるのが良さそうです。

来週は日曜日に秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップ、
月曜日に来年のクラッシックで活躍ができる有力馬が揃った、
東京スポーツ杯2歳ステークスが行われます。
3日目の月曜日はサービスで無料の配信になります。

マイルチャンピオンシップは昨年も人気が割れる混戦だったが、
今年もこの馬で鉄板と言い切れる馬がいなくて昨年より難しいです。
毎日王冠を勝ったエアソミュール、
富士ステークスで古馬を撃破したステファノスが回避してしまい、
前哨戦から予定通りに出走してきたのはミッキーアイルだが、
そのミッキーアイルは12日に放馬してしまい、
いまだに時計をだしていないので更に難易度が増してしまいました。
今年はミッキーアイルと昨年の覇者トーセンラーが人気になりそうです。
ミッキーアイルの前哨戦のスワンステークスは、
初めての古馬対戦で57kだったが自分の競馬をして逃げ切りました。
スワンステークスは最初の1Fだけ12.4秒で他はすべて11秒台だったが、
前半3Fは35.1秒、4Fは46.4秒でそれほど速い流れではなく、
ミッキーアイル向きのレースで能力の高さで勝ったとは言えません。
昨年の覇者トーセンラーは昨年と同じで京都大賞典を叩いて出走するが、
不良馬場の安田記念を除く京都記念、京都大賞典の弾け方に不満があり、
年齢のせいなのか追ってからの伸びが悪くなっています。
人気のミッキーアイル、トーセンラーに不安材料が多く横一線なので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスは評判が高い2歳牡馬が揃いました。
11月29日の京都2歳ステークスにティルナノーグ、エイシンライダー、
ダノンメジャーの2戦2勝の無敗馬の激突に注目が集まるが、
東京スポーツ杯2歳ステークスもアヴニールマルシェ、ジャストドゥイング、
クラージュシチー、ストリートキャップ、スワーヴジョージ、
マイネルシュバリエ、サトノクラウンが激突するのでアツイ戦いになります。
ここで結果をだせば来年のクラシック路線でも活躍できるので、
どの馬もメイチの仕上げで出走してくるでしょう。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけで勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クラレント、
グランプリボス、ダノンシャーク、トーセンラー、フィエロ、ワールドエースの7頭、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアヴニールマルシェ、クラージュシチー、
ストリートキャップ、スワーヴジョージ、マイネルシュバリエの5頭、です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月16日の23時以降に確認して下さい。

マイルチャンピオンシップの有力馬ミッキーアイル、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ジャストドゥイングの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

マイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR