今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
11月3日の盛岡のJBC、12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の10月25日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率131.5%


10月19日
京都11R 勝負レース 秋華賞 3連複1940円
調教抜群鉄板軸馬ヌーヴォレコルトが2着
事前公開の“危険な人気馬”レーヴデトワールは“完全消し”

東京10R 3連複1360円
調教抜群鉄板軸馬リキサンステルスが1着

10月11日
京都12R 3連複5560円
調教抜群鉄板軸馬サトノスパークルが1着

東京9R 3連複3140円
調教抜群鉄板軸馬マリアライトが3着

10月5日
阪神9R 3連複15610円
調教抜群鉄板軸馬レッドカイザーが3着

10月4日
阪神11R 勝負レース シリウスステークス 3連複4280円
調教抜群鉄板軸馬がクリノスターオーが1着
事前公開の“激アツ馬”7番人気トウシンイーグルが3着

今週の的中はありませんでした。
紐抜けや縦目ばかりの買い目にしてしまいスミマセンでした。

富士ステークスは軸馬キングズオブザサンが行き場をなくしてしまい、
脚を余してしまうもったいない競馬になってしまいました。

菊花賞は軸馬サウンズオブアースが2着だったが、
ゴールドアクターを軽視していたので紐抜けになりました。
僅差だったタガノグランパが3着ならば万馬券が的中していたので、
悔やんでも悔やみきれないレースになってしまいました。

来週は阪神ジュベナイルフィリーズのステップレースのアルテミスステークス、
マイルチャンピオンシップのステップレースのスワンステークス、
中距離王決定戦の秋天皇賞です。
11月3日に盛岡でJBCがあるが、
JBCはすべての会員様に無料で買い目を提供します。

アルテミスステークスは昨年に新設されたばかりの重賞だが、
今年は能力が高い2歳牝馬が揃いました。
昨年はマーブルカテドラルが勝ち2着パシフィックギャル、
3着ニシノミチシルベは翌年のクラシックで活躍できなかったが、
今年は昨年より質がかなり高いメンツになったので、
ここで好走した馬は来年のクラシック路線に乗ってくるでしょう。
潜在能力が高い馬が多くデキの良し悪しで着順が大きく替わりそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

スワンステークスはマイルチャンピオンシップの重要な前哨戦です。
当初はグランプリボスが出走予定だったが回避して、
マイルチャンピオンシップの直行になったので、
今年は低レベルのメンツになりました。
スピードは3歳屈指のミッキーアイルが出走するが、
今まで戦ってきた3歳馬がすべて古馬に撃沈されていて、
別定の57kなのでかなり厳しい競馬になるはずです。
人気が割れデキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

秋天皇賞もスワンステークスと同じで低レベルのメンツになりました。
現在の中距離ナンバー1のジャスタウェイ、
3歳トップのハープスターがジャパンカップに回り、
キズナが骨折休養中なので古馬のレベルがかなり低くなりました。
今年の京都記念、宝塚記念で惨敗したジェンティルドンナ、
中距離の出走が2年振りになるフェノーメノ、
大阪杯でトウカイパラダイスに負けてしまったエピファネイアの、
古馬3強に圧倒的強さがないので、
菊花賞をパスして3歳イスラボニータが秋天皇賞に参戦してきました。
例年ならばG3のハンデ重賞の新潟記念の勝ち馬マーティンボロ、
オールカマーを勝ったマイネルラクリマには注目が集まらないが、
上位陣が手薄なので中途半端に人気になるでしょう。
今年はG1実績や過去の成績は気にしないで、
シンプルにデキが急上昇している馬、下降している馬を、
中間の調教から見つけだして勝負しましょう。

アルテミスステークスの有力馬の調教分析はシャルール、
スマートプラネット、プリメラアスール、レッツゴードンキの4頭、
スワンステークスの有力馬の調教分析はオリービン、サダムパテック、
サンライズメジャー、フィエロ、ベルカントの5頭、
秋天皇賞の有力馬の調教分析はイスラボニータ、ジェンティルドンナ、
スピルバーグ、ディサイファ、フェノーメノ、マイネルラクリマの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日10月26日の23時以降に確認して下さい。

アルテミスステークスの有力馬シングウィズジョイ、
スワンステークスの有力馬ミッキーアイル、
秋天皇賞の有力馬エピファネイアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アルテミスステークス、スワンステークス、秋天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は10月30日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR