今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月26日
東京11R 勝負レース 京都2歳ステークス 3連複2360円
調教抜群鉄板軸馬ベストアプローチが3着

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週はマラソンレースのステイヤーズステークス、有馬記念の最終便の金鯱賞、
ダート王決定戦のチャンピオンズカップです。

ステイヤーズステークスは昔はここを勝って有馬記念に出走する多くいて、
昨年は1着のアルバートが有馬記念に出走したが11着に負けてしまいました。

3歳、4歳の伸びシロがあるフレッシュな若い馬ならば、
中2週で有馬記念に出走しても勢いでカバーできるが、
最近は高齢馬の出走が多く5歳~7歳が3600mを走った後で、
中2週は厳しいので有馬記念にいく馬が減ってしまいました。

今年はアルゼンチン共和国杯で2着のアルバート、
4着のモンドインテロの関東馬の2頭に人気が集まりそうで、
モンドインテロはここを勝てば有馬記念に行きそうだが、
ほとんどはこのレースが年内の最後の出走になるはずです。

アルバート、モンドインテロの2強ムードだが、
年内の最後で後先を考えずメイチの仕上げをしている馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

金鯱賞は有馬記念の最終便なのでアツイ戦いになりそうです。

来年から大阪杯がG1に昇格するので金鯱賞がステップレースになり、
開催が3月に移動するので有馬記念のステップになるのは今年が最後になります。

2012年の金鯱賞の1着オーシャンブルーが有馬記念で2着、
2013年の3着ウインバリアシオンが有馬記念で2着にきているので、
金鯱賞は有馬記念の重要なステップレースなのです。

ヴォルシェーブ、リアファル、ヤマカツエースは、
今のままでは有馬記念の出走が微妙なのでハードなローテーションになるが、
ここで賞金を加算して有馬記念に出走したいはずです。

メイチの仕上げをして賞金を加算して有馬記念に出走したい馬、
使うレースがないので使ってきた馬が混在しているレースなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チャンピオンズカップは豪華なメンツだったが、
今日にホッコータルマエが脚部不安で引退が発表され、
タガノトネールが調教中に骨折して予後不良になり、
展開の鍵を握ると思われていた馬が2頭もいなくなりました。

引退が発表されたホッコータルマエは1週前に4F52秒台で、
ラストが2Fとも12秒台の加速ラップをだしていました。
復帰後の2戦でこのような時計をだしていなかったので、
ようやく復調の兆しがでてきてJRAのラストランを、
楽しみにしていただけに引退が残念です。

直前調教の前に脚部不安を見つけ最悪のケースにならなかったので、
今後は産駒の活躍に期待しましょう。

春までコパノリッキー、ノンコノユメ、ホッコータルマエが、
今年のダート界を引っ張っていた存在だったが、
春からアウォーディーが破竹の快進撃が始まり、
JBCクラシックでその3頭を負かしダート界の頂点に君臨しました。

現時点のダート王のアウォーディーの1番人気が確実で、
今の勢いがあればJRAのG1を勝ってもおかしくないが、
前走のJBCクラシックの勝ちだけで信用する事はできません。

コパノリッキーは1600mの南部杯を使った後の2000mなので、
田辺騎手が慎重にレースをしてしまった消極的な騎乗で、
ノンコノユメは去勢して放牧明けでの出走で負かしたG1馬に死角があったのです。

アウォーディーはJBCを勝たないとチャンピオンズカップの出走が微妙だったので、
メイチの仕上げをして人気馬でアウォーディーだけが100%に近いデキだったのです。

連勝中している馬は負けるまで追い続けろと言われているが、
アウォーディーが負けるとしたらチャンピオンズカップだと思います。

JBCでアウォーディーに負けた馬の巻き返しがありそうで、
まだ底を見せていないフレッシュな上り馬が何頭かいるので
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

ホッコータルマエが回避したので調教分析の中にラニを入れました。

ステイヤーズステークスの有力馬の調教分析はカムフィー、
ジャングルクルーズ、タマモベストプレイ、ファタモルガーナ、モンドインテロの5頭、

金鯱賞の有力馬の調教分析はサトノノブレス、シュンドルボン、
トーホウジャッカル、ヤマカツエース、リアファルの5頭、

チャンピオンズカップの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、コパノリッキー、
ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、モーニン、ラニの7頭です。

ステイヤーズステークス、金鯱賞、チャンピオンズカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日12月1日の18時になります。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日30日の23時以降に確認して下さい。

ステイヤーズステークスの有力馬アルバート、
金鯱賞の有力馬ヴォルシェーブ、
チャンピオンズカップの有力馬アウォーディーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月26日
東京11R 勝負レース 京都2歳ステークス 3連複2360円
調教抜群鉄板軸馬ベストアプローチが3着

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週は京都2歳ステークスの的中だけになりました。
ジャパンカップは“危険な人気馬”ゴールドアクターを消して正解だったが、
鉄板軸馬だったレインボーラインがペースの遅さで脚を余してしまい、
縦目になってしまいました。

来週はマラソンレースのステイヤーズステークス、
有馬記念の最終便の金鯱賞、ダート王決定戦のチャンピオンズカップです。

ステイヤーズステークスは昔はこのレースを勝って有馬記念に出走する多くいて、
昨年は1着だったアルバートが有馬記念に出走したが11着に負けてしまいました。

3歳、4歳の伸びシロがあるフレッシュな若い馬ならば、
中2週で有馬記念に出走しても勢いでカバーできるが、
最近は高齢馬の出走が多く5歳、6歳でも3600mを走った後で、
中2週は厳しいので有馬記念にいく馬が減ってしまいました。

今年はアルゼンチン共和国杯で2着のアルバート、
4着のモンドインテロの関東馬の2頭に人気が集まりそうで、
モンドインテロはここを勝てば有馬記念に行きそうだが、
ほとんどはこのレースが年内の最後になるはずです。

アルバート、モンドインテロの2強ムードだが、
年内の最後で後先を考えずにメイチの仕上げをしている馬が多いので。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

金鯱賞は有馬記念の最終便なのでアツイ戦いになりそうです。

来年から大阪杯がG1に昇格するので金鯱賞がステップレースになり、
開催が3月に移動するので有馬記念のステップレースになるのは今年が最後になります。

2012年の金鯱賞の1着オーシャンブルーが有馬記念で2着、
2013年の3着ウインバリアシオンが有馬記念で2着にきているので、
金鯱賞は重要なステップレースなのです。

ヴォルシェーブ、リアファル、ヤマカツエースは、
今のままでは有馬記念の出走が微妙なのでハードなローテーションになるが、
ここで賞金を加算して有馬記念に出走したはずです。

メイチの仕上げをして勝って有馬記念に出走したい馬、
使うレースがないので使ってきた馬が混在しているレースなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チャンピオンズカップは豪華なメンツになりました。

春までコパノリッキー、ノンコノユメ、ホッコータルマエが、
今年のダート界を引っ張っていく存在だったが春からアウォーディーが勢いに乗り、
JBCクラシックでその3頭を負かしてダート界の頂点に君臨しました。

昨年の今の時期でアウォーディーが天下を取るとは誰も思っていなかったので、
1年でダート界の勢力分布がガラッと変わる珍しい年になりました。

現時点のダート王アウォーディーの1番人気が確実で、
今の勢いがあればJRAのG1を勝ってもおかしくないが、
前走のJBCクラシックの勝ちだけで信用する事はできません。

コパノリッキーは1600mの南部杯を使った後の2000mなので、
田辺騎手が慎重にレースをしてしまった消極的な騎乗で、
ホッコータルマエはドバイの惨敗からデキが戻らない状態で本調子でなく、
ノンコノユメは去勢して放牧明けでの出走で負かした馬すべてに死角があったのです。

アウォーディーはJBCを勝たないとチャンピオンズカップの出走が微妙だったので、
メイチの仕上げをして人気馬の中ではアウォーディーだけが、
100%に近いデキで出走していたのです。

連勝中している馬は負けるまで追い続けろと言われているが、
アウォーディーが負けるとしたらチャンピオンズカップだと思います。

JBCでアウォーディーに負けた馬の巻き返しがありそうで、
まだ底を見せていないフレッシュな上り馬が数頭いるので
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

ステイヤーズステークスの有力馬の調教分析はカムフィー、
ジャングルクルーズ、タマモベストプレイ、ファタモルガーナ、モンドインテロの5頭、

金鯱賞の有力馬の調教分析はサトノノブレス、シュンドルボン、
トーホウジャッカル、ヤマカツエース、リアファルの5頭、

チャンピオンズカップの有力馬の調教分析はアポロケンタッキー、コパノリッキー、
ゴールドドリーム、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、ホッコータルマエ、モーニンの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日27日の23時以降に確認して下さい。

ステイヤーズステークス、金鯱賞、チャンピオンズカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は12月1日の18時になります。

ステイヤーズステークスの有力馬アルバート、
金鯱賞の有力馬ヴォルシェーブ、
チャンピオンズカップの有力馬アウォーディーの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週の勝負レース重賞の京都2歳ステークス、京阪杯、
ジャパンカップ
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

京都2歳ステークスで人気になる●●●、
京阪杯で人気になる●●●、
ジャパンカップで人気になる●●●は、
デキ落ちしているので馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はヴァナヘイム、カデナ、
ソーグリッタリング、ダノンディスタンス、プラチナヴォイス、ベストアプローチの6頭、

京阪杯の有力馬の調教分析はエイシンスパルタン、クリスマス、
セカンドテーブル、ネロ、フミノムーン、ラインスピリットの6頭、

ジャパンカップの有力馬の調教分析はキタサンブラック、シュヴァルグラン、
ディーマジェスティ、リアルスティール、ラストインパクト、ルージュバック、レインボーラインの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京都2歳ステークスの有力馬アダムバローズ、
京阪杯の有力馬メラグラーナ、
ジャパンカップの有力馬ゴールドアクターの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週は2歳の中距離戦の京都2歳ステークス、
秋のG1シリーズの目玉レースのジャパンカップ、
来年のスプリント路線に加わりたい上り馬が激突する京阪杯です。

今週はジャパンカップデーの特別編成なので、
ジャパンカップが東京11Rで最終レースになり、
京阪杯は京都12Rで最終レースになります。

京都2歳ステークスは2014年に新設された重賞だが、
過去2年の好走馬でクラシックで活躍した馬はほとんどいません。

2年前の3着はジャパンカップに出走するシュヴァルグランだが、
1着ベルラップはこのレース以降は勝っていなくて、
2着ダノンメジャーは前走でようやく1600万下を勝ちオープン入りしました。

昨年の1着ドレッドノータスは先週のアンドロメダステークスに出走して、
2着だったがまだオープン特別も勝てず、
2着リスペクトアースはまだ1600万下の条件馬で、
3着アドマイヤエイカンはオープン特別でも惨敗するくらいのレベルです。

今年も出走馬のレベルは高くなく大物が不在なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京阪杯は今年の芝1200mの最後の重賞なので、
多くのスプリンターが登録してきました。

12月から1月にかけてオープン特別の芝1200mがあるが、
重賞は年明けの1月29日のシルクロードステークスまでないので、
京阪杯には毎年多くの短距離馬が登録してくるのです。

レッドファルクス、ビッグアーサーは香港スプリント、
シュウジ、ダンスディレクターは年末の阪神カップの予定なので、
登録馬のレベルは高くないがメラグラーナ、エイシンスパルタン、フミノムーンなど、
まだ短距離で底を見せていないスプリンターが揃ったのでアツイ戦いになるでしょう。

昨年はビッグアーサー、2011年はロードカナロアがいたので荒れなかったが、
デキが良い伏兵が穴をあける事が多いレースなので、
中間の調教から状態が上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

今年のジャパンカップは低調なメンツになりました。

昨年も日本馬のレベルは低調で1600万下を勝ったばかりの、
ジャングルクルーズ、ショウナンバッハの格下が出走できたが、
秋天皇賞を勝ったラブリーデイ、秋華賞を勝ったミッキークイーンなど、
近走でG1を勝って勢いがある馬がいました。

今年はG1馬が6頭いるが日本でG1を勝ったのはキタサンブラック、
ディーマジェスティの2頭しかいなくて秋天皇賞からの参戦が、
リアルスティール、ルージュバックしかいないのでレベルは昨年より低いです。

キタサンブラック、ゴールドアクターが前哨戦を勝ち秋天皇賞を回避して、
万全を期して出走してくるが2頭ともコーナーが何度もあるコースが得意で、
東京で強い勝ち方をしていない事が減点材料です。

京都や中山だとコーナーで息を入れて徐々にラップを上げて、
後続に脚を使わす競馬ができるが東京だとそのうような戦法ができず、
同じ先行脚質なので2頭が共倒れでゴール前で失速するケースがありえます。

リアルスティールは休み明けだった秋天皇賞で2着になり復調してきたが、
当初は出走する予定ではなく2400mは未知の距離なので不安材料があり、
3歳ディーマジェスティ、レインボーラインも予定を変更して急遽の出走になりました。

今年は日本馬のレベルが低く出走予定でなかった馬の参戦が多く、
デキ一つで着順が大きく入れ替わりそうな混戦のメンツになったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はヴァナヘイム、カデナ、
ソーグリッタリング、ダノンディスタンス、プラチナヴォイス、ベストアプローチの6頭、

京阪杯の有力馬の調教分析はエイシンスパルタン、クリスマス、
セカンドテーブル、ネロ、フミノムーン、ラインスピリットの6頭、

ジャパンカップの有力馬の調教分析はキタサンブラック、シュヴァルグラン、
ディーマジェスティ、リアルスティール、ラストインパクト、ルージュバック、レインボーラインの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日23日の23時以降に確認して下さい。

京都2歳ステークス、京阪杯、ジャパンカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月24日の18時になります。

京都2歳ステークスの有力馬アダムバローズ、
京阪杯の有力馬メラグラーナ、
ジャパンカップの有力馬ゴールドアクターの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月20日
京都10R 衣笠特別 3連複4790円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤリードが2着

11月19日
東京11R 勝負レース 東京スポーツ杯2歳ステークス 3連複1100円
調教抜群鉄板軸馬ブレスジャーニーが1着

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着


今週は土曜日の東京スポーツ杯2歳ステークスと、
日曜日の京都10Rの2鞍の的中でした。

来週は2歳の中距離戦の京都2歳ステークス、
秋のG1シリーズの目玉のレースのジャパンカップ、
来年のスプリント路線に加わりたい馬が激突する京阪杯です。

来週はジャパンカップデーなので特別編成で
ジャパンカップが東京11Rで最終レースになり、
京阪杯は京都12Rで最終レースになります。

京都2歳ステークスは2014年に新設された重賞だが、
過去2年でクラシックで活躍した馬がいません。

2年前の3着はジャパンカップに出走するシュヴァルグランだが、
1着のベルラップでこのレース以降は勝っていなくて、
2着ダノンメジャーは前走でようやく1600万下を勝ちオープン入りしました。

昨年の1着ドレッドノータスは今週のアンドロメダステークスに出走して、
2着だったがまだオープン特別も勝てず、
2着リスペクトアースはいまだに1600万下の条件馬で、
3着アドマイヤエイカンはオープン特別でも惨敗するくらいのレベルです。

今年も出走馬もレベルは高くなく大物が不在なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京阪杯は今年の芝1200mの最後の重賞なので、
多くのスプリンターが登録してきました。

12月から1月にかけてオープン特別の芝1200mがあるが、
重賞は年明けの1月29日のシルクロードステークスまでないので、
京阪杯には毎年多くの短距離馬が多く登録してくるのです。

レッドファルクス、ビッグアーサーは香港スプリント、
シュウジ、ダンスディレクターは年末の阪神カップの予定なので、
登録馬のレベルは高くないがメラグラーナ、エイシンスパルタン、フミノムーンなど、
まだ底を見せていないスプリンターが揃ったのでアツイ戦いになるでしょう。

昨年はビッグアーサー、2011年はロードカナロアがいたので荒れなかったが、
デキが良い人気薄の伏兵が穴をあける事が多いレースなので、
中間の調教から状態が上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

今年のジャパンカップは低調なメンツになりました。

昨年も日本馬のレベルは高くなく1600万下を勝ったばかりの、
ジャングルクルーズ、ショウナンバッハの格下が出走できたが、
秋天皇賞を勝ったラブリーデイ、秋華賞を勝ったミッキークイーンなど、
G1馬が5頭もいました。

今年はG1馬が6頭いるが日本でG1を勝ったのはキタサンブラック、
ディーマジェスティの2頭しかいなくて秋天皇賞からの参戦が、
リアルスティール、ルージュバックしかいないのでレベルは昨年より低いです。

キタサンブラック、ゴールドアクターが前哨戦を勝ち秋天皇賞を回避して、
ジャパンカップに出走してくるが2頭ともコーナーが何度もあるコースが得意で、
東京で強い勝ち方をしていない事が減点材料です。

京都や中山だとコーナーで息を入れて徐々にラップを上げて、
後続に脚を使わす競馬ができるが東京だとそのうような戦法ができず、
2頭とも同じ先行脚質なので2頭一緒にゴール前で失速するケースがありえます。

リアルスティールは休み明けだった秋天皇賞で2着になり復調気配があるが、
当初は出走する予定ではなく2400mは未知の距離なので不安材料があり、
3歳ディーマジェスティ、レインボーラインも予定を変更して急遽の出走になりました。

今年は日本馬のレベルが低く出走予定でなかった馬の参戦が多く、
デキ一つで着順が大きく入れ替わるメンツになったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はヴァナヘイム、カデナ、
ソーグリッタリング、ダノンディスタンス、プラチナヴォイス、ベストアプローチの6頭、

京阪杯の有力馬の調教分析はエイシンスパルタン、クリスマス、
セカンドテーブル、ネロ、フミノムーン、ラインスピリットの6頭、

ジャパンカップの有力馬の調教分析はキタサンブラック、シュヴァルグラン、
ディーマジェスティ、リアルスティール、ラストインパクト、ルージュバック、レインボーラインの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日20日の23時以降に確認して下さい。

京都2歳ステークス、京阪杯、ジャパンカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月24日の18時になります。

京都2歳ステークスの有力馬アダムバローズ、
京阪杯の有力馬メラグラーナ、
ジャパンカップの有力馬ゴールドアクターの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着

11月5日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬モンドキャンノが1着

10月29日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬リスグラシューが1着


今週の勝負レース重賞の東京スポーツ杯2歳ステークス、
マイルチャンピオンシップ
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

東京スポーツ杯2歳ステークスで人気になる●●●、
マイルチャンピオンシップで人気になる●●●は、
デキ落ちしているので馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はオーバースペック、キングズラッシュ、
ショワドゥロワ、スワーヴリチャード、トラスト、ブレスジャーニーの6頭、

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はガリバルディ、サトノアラジン、
ネオリアリズム、フィエロ、ミッキーアイル、ヤングマンパワー、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ムーヴザワールド、
マイルチャンピオンシップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着

11月5日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬モンドキャンノが1着

10月29日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬リスグラシューが1着


今週は来年のクラシック路線に参戦したい有力馬が激突する東京スポーツ杯2歳ステークス、
秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップです。

東京スポーツ杯2歳ステークスは昔からクラシックの登竜門です。

昨年の1着スマートオーディンはクラシックで結果をだせなかったが、
毎日杯、京都新聞杯を連勝してダービーで5番人気になり、
2009年の1着ローズキングダムから2014年の1着サトノクラウンまで、
6年連続で勝ち馬が翌年のクラシックで結果をだしています。

今年は札幌2歳ステークスを勝った後に栗東の中村厩舎に転厩したトラスト、
サウジアラビアロイヤルカップを33.8秒の末脚で勝ったブレスジャーニー、
他にもムーヴザワールド、キングズラッシュ、スワーヴリチャードなどがいて、
レベルが高いメンツが揃いました。

昔から人気馬が期待を裏切る事なく結果をだしているレースだが、
今年は重賞の勝ち馬の他にも能力が高そうな評判馬がいて実力が拮抗しているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップは低調なメンツになりました。

昨年は春のマイル王のモーリスを筆頭にG1馬が9頭いて、
G1勝ちはないがG1の連対馬が7頭もいたが、
今年はG1馬が4頭だけで4頭すべて2年以上も前の勝ちで、
昨年、今年にG1を勝った馬がいません。

ミッキーアイル、ロードクエストが今年のG1で連対しているが、
ミッキーアイルは1200m戦でロードクエストはNHKマイルカップなので、
G2重賞に毛が生えたくらいの近年の中では最低レベルのメンツになりました。

2014年がG1馬が5頭でG1の連対馬が2頭だけで
今年と似ている低調なメンツだったが8番人気のダノンシャークが1着で、
9番人気のグランデッツァが3着になり波乱になったので、
今年のメンツならば2014年のように荒れそうです。

入った馬番、展開、デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はオーバースペック、キングズラッシュ、
ショワドゥロワ、スワーヴリチャード、トラスト、ブレスジャーニーの6頭、

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はガリバルディ、サトノアラジン、
ネオリアリズム、フィエロ、ミッキーアイル、ヤングマンパワー、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日16日の23時以降に確認して下さい。

東京スポーツ杯2歳ステークス、マイルチャンピオンシップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月17日の18時になります。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ムーヴザワールド、
マイルチャンピオンシップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

武蔵野ステークス、デイリー杯2歳で万馬券を的中

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月12日
京都11R 勝負レース デイリー杯2歳ステークス 3連複15710円
調教抜群鉄板軸馬ジューヌエコールが1着
事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着

東京11R 勝負レース 武蔵野ステークス 3連複19410円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドドリームが2着

福島10R 三春駒特別 3連複2550円
調教抜群鉄板軸馬エフティスパークルが2着

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着

11月5日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬モンドキャンノが1着

10月29日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬リスグラシューが1着


土曜日の勝負レースの武蔵野ステークスで万馬券が的中して、
デイリー杯2歳ステークスは事前公開の“激アツ馬”ボンセルヴィーソが2着になり、
このレースでも万馬券が的中して福島10Rも的中して3戦3勝で大勝できたが、
日曜日は福島10R、福島記念を相手抜けで外してしまい、
エリザベス女王杯も的中を逃してしまいました。

来週は来年のクラシック路線に参戦したい有力馬が激突する東京スポーツ杯2歳ステークス、
秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップです。

東京スポーツ杯2歳ステークスは昔からクラシックの登竜門です。

昨年の1着スマートオーディンはクラシックで結果をだせなかったが、
毎日杯、京都新聞杯を連勝してダービーで5番人気になり、
2009年の1着ローズキングダムから2014年の1着サトノクラウンまで、
6年連続で勝ち馬が翌年のクラシックレースで好結果をだしています。

今年も札幌2歳ステークスを勝った後に栗東の中村厩舎に転厩したトラスト、
サウジアラビアロイヤルカップを33.8秒の末脚で勝ったブレスジャーニー、
他にもムーヴザワールド、キングズラッシュ、ショワドゥロワがいて、
先々が楽しみな2歳馬が登録してきました。

昔から人気馬が期待を裏切る事なく結果をだしているレースだが、
今年は重賞の勝ち馬の他にも能力が高い1勝馬がいて実力が拮抗しているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップは低調なレベルになりました。

昨年は春のマイル王モーリスを筆頭にG1馬が9頭いて、
G1勝ちはないがG1レースで連対した馬が7頭もいたが、
今年はG1馬が4頭しかいなくてG1の連対馬がいません。

G1馬が4頭いるがすべて2年以上も前の勝ちで、
昨年、今年にG1を勝った馬がいないので、
今年はG2重賞に毛が生えたくらいの低調なメンツです。

2014年がG1馬が5頭でG1の連対馬が2頭だけで
今年と似ている低調なメンツだったが8番人気のダノンシャークが1着で、
9番人気のグランデッツァが3着になり波乱になったので、
今年のメンツならば2014年のように荒れそうです。

入った馬番、展開、デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はオーバースペック、キングズラッシュ、
ショワドゥロワ、スワーヴリチャード、トラスト、ブレスジャーニーの6頭、

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はガリバルディ、サトノアラジン、
ネオリアリズム、フィエロ、ミッキーアイル、ヤングマンパワー、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日13日の23時以降に確認して下さい。

東京スポーツ杯2歳ステークス、マイルチャンピオンシップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月17日の18時になります。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ムーヴザワールド、
マイルチャンピオンシップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックの受け付けを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着

11月5日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬モンドキャンノが1着

10月29日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬リスグラシューが1着

10月22日
新潟12R 寺泊特別 3連複4380円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンサスケが1着

新潟11R 飛翼特別 3連複1140円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが1着

10月15日
新潟10R 瓢湖特別 3連複4950円
調教抜群鉄板軸馬コートオブアームズが3着


今週の勝負レース重賞の武蔵野ステークス、デイリー杯2歳ステークス、
福島記念、エリザベス女王杯
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

武蔵野ステークスで人気になる●●●、
デイリー杯2歳ステークスで人気になる●●●、
福島記念で人気になる●●●、
エリザベス女王杯で人気になる●●●は、
デキ落ちしているので馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はキングズガード、ソルティコメント、
タガノトネール、ノボバカラ、ブライトライン、モーニンの6頭、

デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はサングレーザー、
サンライズソア、ジューヌエコール、タイセイスターリー、リナーテの5頭、

福島記念の有力馬の調教分析はクランモンタナ、シャイニープリンス、
マイネルハニー、マイネルラクリマ、マルターズアポジーの5頭、

エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、タッチングスピーチ、
パールコード、ヒルノマテーラ、マキシマムドパリ、ミッキークイーンの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

武蔵野ステークスの有力馬ゴールドドリーム、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬ディーパワンサ、
福島記念の有力馬ゼーヴィント、
エリザベス女王杯の有力馬マリアライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

スプリンターズステークから有馬記念までのG1レース11戦と、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み


最近の的中レース

11月6日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国 3連複1690円
調教抜群鉄板軸馬ヴォルシェーブが3着

京都9R 醍醐特別 3連複4760円
調教抜群鉄板軸馬ナリタスターワンが1着
相手筆頭の“激アツ馬”サザンライツが3着

11月5日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複2270円
調教抜群鉄板軸馬モンドキャンノが1着

10月29日
東京11R 勝負レース アルテミスステークス 3連複1900円
調教抜群鉄板軸馬リスグラシューが1着

10月22日
新潟12R 寺泊特別 3連複4380円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンサスケが1着

新潟11R 飛翼特別 3連複1140円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが1着

10月15日
新潟10R 瓢湖特別 3連複4950円
調教抜群鉄板軸馬コートオブアームズが3着


今週はチャンピオンズカップのステップレースの武蔵野ステークス、
朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦のデイリー杯2歳ステークス、
中距離ハンデ戦の福島記念、牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。

先週と同じで重賞が4鞍もあり大変だが一切の手抜きはしないで調教分析をします。

武蔵野ステークスはチャンピオンズカップの重要なステップレースです。

先週に同じ前哨戦のみやこステークスがあったが、
武蔵野ステークスにはG1馬モーニンがいて、
まだ底を見せていない3歳、4歳のフレッシュな若駒が揃ったので、
みやこステークスより豪華なメンツになりました。

モーニンは同じ舞台の今年のフェブラリーステークスを勝っているが、
今までに背負った事がない59kなのでスピードが鈍る可能性があり、
ノボバカラは距離を短くして成績が安定したので1600mに不安があり、
ゴールドドリームはベストな舞台だが先週のみやこステークスで、
同等の力があるグレンツェントが2着で勝ちきれず、
みやこステークスより相手が揃いレベルが高いので不安材料はあります。

G1馬、フレッシュな若駒が混在している難しいメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは例年よりハイレベルのメンツになりました。

今年のサンデーレーシングの2歳のレベルが高くジューヌエコール、リナーテは牝馬だが、
先週のファンタジーステークスにミスエルテが出走したので使い分けされ、
牡馬が相手のデイリー杯2歳ステークスに出走する事になりました。

他にも2歳牝馬にコロナシオンがいるが使い分けされて、
重賞でなく今週の条件戦の黄菊賞に出走します。

10頭、11頭の少頭数になりジューヌエコール、ディーパワンサの、
無敗の2頭に人気が集まるので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

福島記念はG1では通用しないB級の重賞の常連馬が揃いました。

来週に京都で同じ2000mのハンデ戦のアンドロメダステークスがあるので、
出走馬が少なくなると思っていたが登録馬が21頭もいました。

3歳のゼーヴィントが1番人気になりそうだがラジオNIKKEI賞を勝ち、
セントライト記念で2着の実績があるので55kのハンデになり、
上手いとは言えないシュタルケ騎手が騎乗するので不安材料があります。

人気がかなり割れそうでデキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯も秋天皇賞と同じでフルゲート割れになってしまい、
中距離路線の層の薄さが露呈した寂しいメンツになりました。

例年だと秋華賞、オークスで連対した馬が必ず何頭か出走してくるが、
今年の3歳はパールコード、デンコウアンジュの2頭しかいなくて、
パールコードは秋華賞で2着だったがデンコウアンジュは明らかに格下です。

今年のメンツならばマリアライト、ミッキークイーンに飛び付きたくなるが、
マリアライトはオールカマーの時から調教の動きがおかしくなり、
ミッキークイーンは捻挫で前哨戦を使う事ができなく調整が狂ってしまいました。

今年は条件馬でも出走できるくらいの低レベルで、
上位2頭に不安材料がありデキが良ければ結果がだせるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、デキが落ちている馬を見つけだして勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はキングズガード、ソルティコメント、
タガノトネール、ノボバカラ、ブライトライン、モーニンの6頭、

デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はサングレーザ、
サンライズソア、ジューヌエコール、タイセイスターリー、リナーテの5頭、

福島記念の有力馬の調教分析はクランモンタナ、シャイニープリンス、
マイネルハニー、マイネルラクリマ、マルターズアポジーの5頭、

エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、タッチングスピーチ、
パールコード、ヒルノマテーラ、マキシマムドパリ、ミッキークイーンの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日9日の23時以降に確認して下さい。

武蔵野ステークス、デイリー杯2歳ステークス、
福島記念、エリザベス女王杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日11月10日の18時になります。

武蔵野ステークスの有力馬ゴールドドリーム、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬ディーパワンサ、
福島記念の有力馬ゼーヴィント、
エリザベス女王杯の有力馬マリアライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR