今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月29日までの
34ヶ月間の勝負レースの成績 回収率102.4%


5月29日
東京10R 勝負レース ダービー 3連複850円
調教抜群鉄板軸馬サトノダイヤモンドが2着
デキ落ちのエアスピネルは“完全消し”

5月28日
東京10R 葉山特別 3連複8870円
調教抜群鉄板軸馬メイクアップが2着


今週は紐抜けや縦目で万馬券が取れないレースがあったが、
土曜日に8870円を的中させダービーも的中できました。

日本ダービーは鉄板軸馬サトノダイヤモンドが2着で的中できました。
まったく不利を受けずに中団の外をスムーズに追走したが、
残り2Fの地点で右に大きく膨らんでしまいこのロスが最後に響き、
マカヒキとの叩き合いで負けてしまいました。

しかし、マカヒキと同タイムで上がり3Fは0.1秒遅いだけなので、
マカヒキと実力差はなく伸びシロやスケール感を考えると古馬になってからは、
マカヒキよりサトノダイヤモンドの方が強くなっているでしょう。

目黒記念は鉄板軸馬モンドインテロが5着で外してしまいました。
事前公開で軸候補はクリプトグラム、モンドインテロですと、
会員様に伝えていて軸にしなかったクリプトグラムが勝ってしまいました。

来週は宝塚記念の重要なステップレースの鳴尾記念、
春のマイル王決定戦の安田記念です。

鳴尾記念は宝塚記念のステップレースだが、
今年の宝塚記念はドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイ、
ミッキークイーン、アンビシャス、マリアライトが出走する予定で、
安田記念からも何頭か参戦するかもしれない超豪華なメンツで、
鳴尾記念に出走する馬はここで賞金を加算しても出走できるかは微妙です。

鳴尾記念に出走するステファノスは賞金が足りているので余裕残しだろうが、
ヤマカツエースは微妙なラインなのでメイチの仕上げをしてくるでしょう。

余裕残しで出走してくる馬、後先を考えずメイチの仕上げで出走する馬、
使うレースがないので出走してくる馬が混在しているので、
中間の調教からデキの良しあしをしっかり見極めて勝負しましょう。

安田記念は香港からコンテントメントが出走するが、
登録馬が16頭しかいなくてダノンプラチナが体調不良で回避して、
サトノギャランドが6月5日のエプソムカップに回り、
マジックタイムも回避を表明したので今年は13頭の少頭数になりそうです。

フルーキー、ルージュバック、ラングレー、エキストラエンド、
ヒストリカルなどがエプソムカップに出走する予定だが、
モーリスの出否がまだ未定で安田記念が少頭数になると判っていれば、
安田記念に出走したかったでしょう。

万全のデキならば単勝110円になりそうなモーリスだが、
5月30日まで東京競馬場で着地検査を受けていて、
東京競馬場で19日、22日、27日に馬場入りして、
5月27日に東京芝トラックで軽く調教をやっているが、
普通に考えればデキは70%くらいで良い結果をだすのは厳しいはずです。

現状のモーリスならば負かせると考えている馬が多いので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

鳴尾記念の有力馬の調教分析はアズマシャトル、サトノノブレス、
ステファノス、トラストワン、パッションダンスの5頭です。

安田記念の有力馬の調教分析はイスラボニータ、サトノアラジン、
ダノンシャーク、フィエロ、モーリス、ロサギガンティア、ロゴタイプの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月29日の23時以降に確認して下さい。

鳴尾記念、安田記念の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は6月2日の18時になります。

鳴尾記念の有力馬ヤマカツエース、
安田記念の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
スポンサーサイト

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月22日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率102.8%



今週の勝負レース重賞の日本ダービー、目黒記念の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

日本ダービーで人気になる●●●
目黒記念で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

目黒記念の有力馬の調教分析はクリプトグラム、スーパームーン、
タッチングスピーチ、ヒットザターゲット、モンドインテロ、レコンダイトの6頭です。

日本ダービーの有力馬の調教分析はヴァンキッシュラン、エアスピネル、
サトノダイヤモンド、スマートオーディン、マカヒキ、リオンディーズ、
レッドエルディスト、ロードクエストの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

目黒記念の有力馬マリアライト、
日本ダービーの有力馬ディーマジェスティの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月22日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率102.8%


今週はハンデ戦のG2重賞の目黒記念、日本ダービーです。

普段と違い日本ダービーは東京10Rで15時40分、
目黒記念は東京12Rで17時になりレース番号が替わるので、
マークシートの塗り間違い、PATの打ち間違いに気をつけて下さい。

目黒記念は今年で130回目で歴史、伝統があるG2重賞だが、
ローカル重賞と間違えそうな低レベルのメンツになりました。

重賞の実績がある馬は何頭かいるが近走で活躍しているのは、
マリアライト、タッチングスピーチ、ヒットザターゲットだけで、
この3頭がいなければローカルのG3重賞のようなメンツです。

マリアライト、タッチングスピーチの牝馬2頭が人気になるくらいで、
実力差がほとんどなくデキ一つで着順が替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日本ダービーはアツイ戦いになりそうです。

皐月賞は前評判が高かった3強を負かしてディーマジェスティが勝ったが、
マカヒキは届かないような位置から最速上りで2着にきて、
サトノダイヤモンドは80%くらいのデキだったが3着にきて、
リオンディーズは降着で5着になったが厳しい流れで粘り、
3強の人気馬はそこそこの結果をだしました。

マカヒキ、サトノダイヤモンドは当初から目標がダービーで、
今回はメイチの仕上げで出走するので必ず巻き返してくるでしょう。

他にも皐月賞をパスして毎日杯、京都新聞杯を圧勝したスマートオーディン、
青葉賞でレースレコードと0.1秒差の2分24秒2で勝ったヴァンキッシュラン、
NHKマイルで2着のロードクエストも無謀な強行軍だが出走して、
3強以外の脇役にも能力が高い馬が多くいます。

王道路線は皐月賞だが今年は別路線のレベルが高いので、
皐月賞の上位組が日本ダービーでも走ると決めつける事はできません。

3歳牡馬の頂点のレースなので出走馬すべて後先を考えず、
メイチの仕上げて出走してくるがデキの良し悪しはあるので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

目黒記念の有力馬の調教分析はクリプトグラム、スーパームーン、
タッチングスピーチ、ヒットザターゲット、モンドインテロ、レコンダイトの6頭です。

日本ダービーの有力馬の調教分析はヴァンキッシュラン、エアスピネル、
サトノダイヤモンド、スマートオーディン、マカヒキ、リオンディーズ、
レッドエルディスト、ロードクエストの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月25日の23時以降に確認して下さい。

目黒記念、日本ダービーの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日5月26日の18時になります。

目黒記念の有力馬マリアライト、
日本ダービーの有力馬ディーマジェスティの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月22日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率102.8%


5月22日
東京11R 勝負レース オークス 3連複2070円
調教抜群鉄板軸馬チェッキーノが2着
危険な人気馬アットザシーサイドは“完全消し”


今週はオークスの的中はできたが平安ステークスは紐抜けで外し、
他にも紐抜けや縦目があり良い結果はだせませんでした。

平安ステークスは鉄板軸馬アスカノロマンが楽勝したが、
3着クリソライトが消しだったので紐抜けになりました。

アスカノロマンは久しぶりにハナを切る競馬をしたが、
4角手前で2番手のクリノスターオーが手綱を押しているのに、
持ったままで直線に向いて直線半ばでも手応えが衰えず、
2着クリノスターオーに0.8秒差をつけ楽勝しました。

58kを背負っていたのにこのような差をつけて楽勝したので、
アスカノロマンは完全に本格化したと言っていいでしょう。

オークスは鉄板軸馬チェッキーノが2着になり的中できました。

前半5Fが59.8秒でそこそこ流れたので、
チェッキーノは中団より後ろの14、15番手になったが、
向正面でシンハライトが真横にいたのでレースはしやすかったはずです。

直線に向くと大外にだしシンハライトと同じ33.5秒の末脚で、
追い込んできたがシンハライトと通った進路の差でクビ差届かず、
2着になってしまいました。

2着に負けてしまったがシンハライトと走った距離がまったく違い、
同じ33.5秒の上りだったので負けたが内容はチェッキーノの方が上でした。

チェッキーノの全兄のコディーノと違い確実に良い末脚が使えるので、
無事に夏を越して成長していけばまだまだ強くなるでしょう。

来週はハンデ重賞の目黒記念、日本ダービーです。

目黒記念は今年で130回目で歴史、伝統があるG2重賞だが、
ローカル重賞と間違えそうなくらいの低レベルのメンツになりました。

重賞の実績がある馬は何頭かいるが近走で活躍しているのは、
マリアライト、タッチングスピーチ、ヒットザターゲットの3頭だけで、
この3頭がいなければローカルのG3重賞のようなメンツです。

マリアライト、タッチングスピーチの牝馬2頭が人気になるくらいで
実力差がほとんどなくデキ一つで着順が替わりそうなメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日本ダービーはアツイ戦いになりそうです。

皐月賞でディーマジェスティが前評判が高かった3強を負かして勝ったが、
マカヒキは届かないような位置から最速上りで2着にきて、
サトノダイヤモンドは80%くらいのデキだったが3着にきて、
3強の一角のリオンディーズは降着になったが、
上位人気馬はそこそこの結果をだしました。

マカヒキ、サトノダイヤモンドは当初から目標がダービーで、
今回はメイチの仕上げで出走するので必ず巻き返してくるでしょう。

他にも皐月賞をパスして京都新聞杯を圧勝したスマートオーディン、
青葉賞でレースレコードと0.1秒差の2分24秒2で勝ったヴァンキッシュラン、
NHKマイルで2着のロードクエストも無謀な強行軍だが出走します。

日本ダービーの王道路線は皐月賞だが今年は別路線のレベルが高いので、
皐月賞の上位組が日本ダービーでもくると決めつける事はできません。

3歳牡馬の頂点のレースなので出走馬すべて後先を考えず、
メイチの仕上げて出走してくるがデキの良し悪しはあるので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

目黒記念の有力馬の調教分析はクリプトグラム、スーパームーン、
タッチングスピーチ、ヒットザターゲット、モンドインテロ、レコンダイトの6頭です。

日本ダービーの有力馬の調教分析はヴァンキッシュラン、エアスピネル、
サトノダイヤモンド、スマートオーディン、マカヒキ、リオンディーズ、
レッドエルディスト、ロードクエストの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月22日の23時以降に確認して下さい。

目黒記念、日本ダービーの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月26日の18時になります。

目黒記念の有力馬マリアライト、
日本ダービーの有力馬ディーマジェスティの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月15日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.0%



今週の勝負レース重賞の平安ステークス、オークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

平安ステークスで人気になる●●●
オークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

平安ステークスの有力馬の調教分析はアムールブリエ、クリソライト、
クリノスターオー、ドコフクカゼ、ロワジャルダンの5頭です。

オークスの有力馬の調教分析はアットザシーサイド、エンジェルフェイス、ジェラシー、
チェッキーノ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、ロッテンマイヤーの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

平安ステークスの有力馬アスカノロマン、
オークスの有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月15日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.0%


今週はダート重賞の平安ステークス、3歳牝馬クラシック2戦目のオークスです。

平安ステークスはアンアタレスステークスの上位入線組に、
クリノスターオー、アムールブリエが加わっただけの新鮮味がないメンツだったが、
単勝100円後半の断然の人気を集めるはずだったアウォーディが、
脚部不安でアンタレスステークス、その後の帝王賞も回避する事になりました。

アウォーディーは普段は日曜日にトラックに入って時計をだすのに、
5月15日に入っていなかったので不満がありますと、
5月15日の調教分析のブログ記事に掲載したが、
脚部不安の兆候があったのでトラックで時計をださなかったのでしょう。

調教の時計が速かったからデキが良いとかは競馬新聞を見れば誰でも判る事で、
アウォーディーのように普段から違うような事を中間の調教から見つけだすのが、
本当の調教分析なのです。


ダート馬の春の目標は6月29日の帝王賞だがJRAの出走枠が7頭で、
かしわ記念を勝ったコパノリッキー、4着ノンコノユメ、5着サウンドトゥルー、
他にホッコータルマエと平安ステークスに出走するクリソライト、アムールブリエが、
出走を表明しているので現状で6頭が埋まり残りは1枠になっています。

現時点でアスカノロマンが残りの1枠に入れるが、
平安ステークスでアスカノロマンが3着以下に負けてしまい、
ロワジャルダン、クリノスターオーが1、2着ならば賞金額が逆転するので、
この3頭はメイチの仕上げで出走してくるでしょう。

叩き台の馬、メイチの仕上げをしてくる馬、使うレースがないので出走する馬がいて、
断然の人気を集めるアウォーディーが回避して混戦ムードのなってきたので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

オークスはメジャーエンブレムがNHKマイルカップに回ったので、
ジュエラー、シンハライト、チェッキーノの3強対決が注目されていたが、
ジュエラーの骨折が判明したのでシンハライト、チェッキーノの2強対決になりました。

シンハライト、チェッキーノの成績は同じで3勝、2着1回で連対率は100%で、
末脚がしっかりしている所も同じだが今まで戦ってきたメンツを考えると、
現状ではシンハライトの方が少し上でしょう。

シンハライト、チェッキーノの2強から離れた2番手グループは、
アットザシーサイド、エンジェルフェイス、ロッテンマイヤー、フロンテアクイーン、
ジェラシー、デンコウアンジュがいるが横一線で大きな差はありません。

2強と2番手グループの間に大きな差があるが、
最近のオークスで1番人気、2番人気が1着、2着だったのは、
2番人気のヌーヴォレコルトが1着で1番人気のハープスターが2着だった、
2014年しかないのでオークスは人気通りの結果にならないのです。

シンハライト、チェッキーノの2頭が抜けている存在という事は承知しているが、
波乱が起こりやすいレースなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

平安ステークスの有力馬の調教分析はアムールブリエ、クリソライト、
クリノスターオー、ドコフクカゼ、ロワジャルダンの5頭です。

オークスの有力馬の調教分析はアットザシーサイド、エンジェルフェイス、ジェラシー、
チェッキーノ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、ロッテンマイヤーの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月18日の23時以降に確認して下さい。

平安ステークス、オークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日5月19日の18時になります。

平安ステークスの有力馬アスカノロマン、
オークスの有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月15日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.0%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


京王杯スプリングカップは鉄板軸馬オメガヴェンデッタが6着で、
馬券対象から外れてしまいました。

サクラゴスペルが逃げる展開になりオメガヴェンデッタは好位の3番手で、
ラスト2Fで先頭に立つが後方からサトノアラジン、サンライズメジャーが、
3F32.4秒の速い上りで追い込んできてオメガヴェンデッタをマークしていた、
ロサギガンティアが3着に上がって展開はスローペースだったが、
先行馬が残れない追い込み、差しが上位を独占する結果になってしまいました。

ヴィクトリアマイルは鉄板軸馬クイーンズリングが8着に負けました。
3~4角の中間では隣のストレイトガール、斜め後ろにショウナンパンドラがいて、
位置取りは良かったが4角手前でストレイトガールに離されてしまい、
直線に向くとショウナンパンドラに外から被されてしまい、
何もする事ができず最後は流れ込むだけになってしまいました。

軸馬はミッキークイーンとクイーンズリングの二択で、
もしミッキークイーンを軸にしていてもストレイトガールまで、
印が回らなかったので的中させるのは無理でした。

来週はダート重賞の平安ステークス、
3歳牝馬クラシック2戦目のオークスです。

平安ステークスはアンアタレスステークスの上位入線組に、
クリノスターオー、アムールブリエ、トラキチシャチョウが加わっただけの、
新鮮味がないメンツになりました。

ダート馬の春の目標は6月29日の帝王賞だがJRAの出走枠が7頭しかなく、
かしわ記念を勝ったコパノリッキー、4着ノンコノユメ、5着サウンドトゥルー、
他にホッコータルマエと平安ステークスに出走するアウォーディー、クリソライトが、
出走を表明しているので現状で出走枠の6頭が埋まり残りは1枠になっています。

今のままでは出走が微妙なアスカノロマン、ロワジャルダン、クリノスターオーは、
ここで1着にならないと帝王賞の残りの1枠に入れないので、
メイチの仕上げで出走してくるでしょう。

叩き台の馬、メイチの仕上げをしてくる馬、使うレースがないので出走する馬が、
混在しているので中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

オークスはメジャーエンブレムがNHKマイルカップに回ったので、
ジュエラー、シンハライト、チェッキーノの3強対決が注目されていたが、
ジュエラーの骨折が判明したのでシンハライト、チェッキーノの2強対決になりました。

シンハライト、チェッキーノは2頭とも3勝、2着1回で連対率は100%で、
末脚がしっかりしている所も同じだが今まで戦ってきたメンツを考えると、
現状ではシンハライトの方が少し上でしょう。

シンハライト、チェッキーノの2強から離れた2番手グループには、
アットザシーサイド、エンジェルフェイス、ロッテンマイヤー、フロンテアクイーン、
ジェラシー、デンコウアンジュがいるが横一線で大きな実力差はありません。

2強と2番手グループの間に大きな差があるが、
最近のオークスで1番人気、2番人気が1着、2着だったのは、
2番人気ヌーヴォレコルトが1着で1番人気ハープスターが2着だった、
2014年しかないのでオークスは人気通りの結果にはならないのです。

シンハライト、チェッキーノの2頭が抜けている存在だが、
波乱が起こりやすいレースなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

平安ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、アムールブリエ、
クリソライト、クリノスターオー、ドコフクカゼ、ロワジャルダンの6頭です。

オークスの有力馬の調教分析はアットザシーサイド、エンジェルフェイス、ジェラシー、
チェッキーノ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、ロッテンマイヤーの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月15日の23時以降に確認して下さい。

平安ステークス、オークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月19日の18時になります。

平安ステークスの有力馬アウォーディー、
オークスの有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月8日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.6%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週の勝負レース重賞の京王杯スプリングカップ、ヴィクトリアマイルの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

京王杯スプリングカップで人気になる●●●
ヴィクトリアマイルで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

京王杯スプリングカップの有力馬の調教分析はヴェルステルキング、エイシンスパルタン、
オメガヴェンデッタ、クラリティスカイ、サトノアラジン、ダッシングブレイズの6頭です。

ヴィクトリアマイルの有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、
シュンドルボン、ショウナンパンドラ、ストレイトガール、スマートレイアー、
マジックタイム、ルージュバックの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京王杯スプリングカップの有力馬ロサギガンティア、
ヴィクトリアマイルの有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月8日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.6%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週は安田記念の重要なステップレースの京王杯スプリングカップ、
春の牝馬最強馬決定戦のヴィクトリアマイルです。

京王杯スプリングカップは安田記念の重要な前哨戦なので、
アツイ戦いになるのは確実です。

先日の香港チャンピオンズマイルを制して連勝が6まで伸びた、
モーリスが安田記念か宝塚記念のどちらかの出走する予定だったが、
正式に安田記念に決まりました。

安田記念はモーリスの一本被りになるが、
着地検疫のため5月30日まで東京競馬場の国際厩舎に入らされ、
まともに調教ができなくて直前に1本やってからの出走になるので、
万全のデキで出走できないはずです。


そのようなハンデがあっても能力が抜けるので走るかもれいないが、
普通に考えれば厳しいので安田記念の出走馬は現状のモーリスならば、
負かせると考えるでしょう。

京王杯スプリングカップに出走するロサギガンティアは賞金が足りているが、
安田記念の前に賞金が半減される4歳ダッシングブレイズ、ヴェルステルキング、
アンタラジーは1着になり優先出走権を取るしかありません。

叩き台の馬、優先出走権を取りたい馬が混在しているので、
各出走馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のヴィクトリアマイルはG1勝ち馬が7頭もいて、
出走馬の質が高い豪華なメンツになりました。

昨年は久しぶりのマイル戦だったヌーヴォレコルトが1番人気になり、
2番人気がマイル実績がないディアデラマドレ、
3番人気がレッドリヴェールになるくらいの低レベルだったので、
12番人気ケイアイエレガント、18番人気ミナレットが2着、3着にきて、
3連単が2000万になる大波乱になりました。

今年は2冠馬ミッキークイーン、昨年の勝ち馬ストレイトガール、
マイル戦が初めてになるが昨年のジャパンカップを勝ったショウナンパンドラがいて、
追い込みから逃げに脚質転換して覚醒したスマートレイアー、
まだ底を見せていない上り馬のシュンドルボン、クイーンズリング、
牡馬を負かして重賞を勝ったマジックタイム、能力はG1級のルージュバック、
1年5ヶ月の長期休み明けになるが2歳女王ショウナンアデラがいて、
昨年より出走馬のレベル、質は高くなりました。

1番人気から7番人気まで単勝が1000円以内になるくらいの混戦で、
印が何個あっても足りない実力が拮抗したメンツになったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京王杯スプリングカップの有力馬の調教分析はヴェルステルキング、エイシンスパルタン、
オメガヴェンデッタ、クラリティスカイ、サトノアラジン、ダッシングブレイズの6頭です。

ヴィクトリアマイルの有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、
シュンドルボン、ショウナンパンドラ、ストレイトガール、スマートレイアー、
マジックタイム、ルージュバックの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月11日の23時以降に確認して下さい。

京王杯スプリングカップ、ヴィクトリアマイルの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日5月12日の18時になります。

京王杯スプリングカップの有力馬ロサギガンティア、
ヴィクトリアマイルの有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の5月8日までの
33ヶ月間の勝負レースの成績 回収率103.6%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週は京都新聞杯、NHKマイルカップを縦目で外してしまい、
土曜日は福島12Rで相手筆頭の“激アツ馬”が1着にきたが軸馬が飛んで、
プリンシパルステークスで2着馬を紐抜けで外してしまい、
日曜日の京都11Rが最悪で相手筆頭の“激アツ馬”メイショウライナーと、
鉄板軸馬マルヨバクシンが首の上げ下げの3着争いをしてしまい、
マルヨバクシンが4着になりこのレースも縦目になりました。

土日で3頭も相手筆頭の“激アツ馬”が結果をだしたのに、
的中を逃してしまう情けない配信をしてしまいスミマセンでした。

京都新聞杯は最悪の縦目になってしまいました。

会員様に事前公開していた“激アツ馬”アグネスフォルテが2着だったが、
鉄板軸馬のブラックスピネルがゴール手前でロイカバードに交わされ、
4着になってしまい的中を逃してしまいました。

新潟大賞典は鉄板と言えるような軸馬がいなくて、
押しだされてショウナンバッハ、シャイニープリンスが候補だと、
会員様に事前公開で伝えました。

新潟は差しが届いていたのでショウナンバッハを軸馬にして、
買い目を組んだが普段より前に行った影響があったのか、
直線半ばで脚が止まってしまい勝ち馬から1秒も遅れてしまう、
11着に大敗してしまいました。
鉄板と言えるようなデキではなかったが、
なぜここまでの大敗になったのか判りません。

NHKマイルカップは鉄板軸馬の二者選択を間違えてしまい、
最悪の縦目の結果になってしまいました。

事前公開で会員様に軸候補はロードクエスト、トウショウドラフタだと伝えて、
土曜日、日曜日の芝レースを見ると最後方からの大外一気は厳しく、
ロードクエストの陣営が最後方から行くというコメントが載っていたので、
二者選択でトウショウドラフタを選んでしまい軸馬にしました。

穴をあけたレインボーラインは調教が上々で2頭目の相手に抜擢していて、
ロードクエストが軸ならば3連複11190円が的中できていたのに、
軸馬にしたトウショウドラフトは前が詰まる不利を何度も受けてしまい、
5着になり複勝圏内を外してしまいました。

最近の池添騎手が好調なので同じくらい良い状態ならば、
池添騎手のロードクエストを軸馬にするべきだったと後悔しています。
縦目で万馬券を外してしまいスミマセンでした。

来週は安田記念の重要なステップレースの京王杯スプリングカップ、
春の牝馬最強馬決定戦のヴィクトリアマイルです。

京王杯スプリングカップは安田記念の重要な前哨戦なので、
多くの有力馬が登録してきてアツイ戦いになるでしょう。

先日の香港チャンピオンズマイルを制して連勝が6まで伸びた、
モーリスが安田記念か宝塚記念のどちらかに出走する予定で、
ドゥラメンテが宝塚記念の出走を表明しているので、
モーリスが安田記念でなく宝塚記念ならば超豪華なメンツになります。

今年の安田記念はモーリスの出否で勢力図が大きく変わり、
もし回避ならばリアルスティールと香港馬に人気が集まる事になり、
リアルスティールはマイルの出走が初めてになるので、
安田記念の出走馬はリアルスティールならば負かせると考えるでしょう。

京王杯スプリングカップに出走するロサギガンティアは賞金が足りているが、
安田記念の前に賞金が半減される4歳のダッシングブレイズ、ヴェルステルキング、
アンタラジーは1着になり優先出走権を取るしかありません。

叩き台の馬、優先出走権を取りたい馬が混在しているので、
各出走馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のヴィクトリアマイルは出走馬の質が高い豪華なメンツになりました。

昨年は久しぶりのマイル戦だったヌーヴォレコルトが1番人気になり、
2番人気がマイル実績がないディアデラマドレ、
3番人気がレッドリヴェールになるくらいの低レベルだったので、
12番人気ケイアイエレガント、18番人気ミナレットが2着、3着にきて、
3連単が2000万になる大波乱になりました。

今年は2冠馬ミッキークイーン、昨年の勝ち馬ストレイトガール、
マイル戦が初めてになるが昨年のジャパンカップを勝ったショウナンパンドラがいて、
追い込みから逃げに脚質転換して重賞を連勝中のスマートレイアー、
上り馬のシュンドルボン、クイーンズリング、
牡馬を負かして重賞を勝ったマジックタイム、能力はG1級のルージュバック、
1年5ヶ月の長期休み明けになるが2歳女王ショウナンアデラがいて、
昨年より出走馬のレベル、質は高くなりました。

今年は1番人気から7番人気まで単勝が1000円以内になるくらい、
印が何個あっても足りない実力が拮抗したメンツになったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京王杯スプリングカップの有力馬の調教分析はヴェルステルキング、エイシンスパルタン、
オメガヴェンデッタ、クラリティスカイ、サトノアラジン、ダッシングブレイズの6頭です。

ヴィクトリアマイルの有力馬の調教分析はクイーンズリング、シャルール、
シュンドルボン、ショウナンパンドラ、ストレイトガール、スマートレイアー、
マジックタイム、ルージュバックの8頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日5月8日の23時以降に確認して下さい。

京王杯スプリングカップ、ヴィクトリアマイルの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は5月12日の18時になります。

京王杯スプリングカップの有力馬ロサギガンティア、
ヴィクトリアマイルの有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR