今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月24日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率105.9%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週の勝負レース重賞の青葉賞、春天皇賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

青葉賞で人気になる●●●
春天皇賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はアルカサル、ヴァンキッシュラン、
マイネルハニー、メートルダール、レッドエルディスト、レーヴァテインの6頭、

春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ゴールドアクター、サウンズオブアース、
シュヴァルグラン、タンタアレグリア、トーホウジャッカル、フェイムゲームの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

青葉賞の有力馬プロディガルサン
春天皇賞の有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

スポンサーサイト

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月24日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率105.9%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着


今週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。

皐月賞でディーマジェスティが3強を負かしてダービーの最有力になり、
マカヒキは2着、サトノダイヤモンドは3着だったが、
2頭とも目標はダービー制覇で次はメイチの仕上げをしてくるので、
東京2400mの舞台ならば必ず巻き返してくるでしょう。

皐月賞の上位3頭がかなり強いが青葉賞に能力はG1級のプロディガルサン、
負けなしでまだ底を見せていないレーヴァテイン、アルカサル、
500万下を勝ったばかりだが末脚が堅実なヴァンキッシュランがいて、
もしここで高いパフォーマンスを出し権利を取れば、
ダービーで有力候補に浮上するでしょう。

今年は能力が高そうな馬が何頭かいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

春天皇賞は有馬記念の1着~3着に実力馬トーホウジャッカル、
上り馬のシュヴァルグラン、タンタアレグリアがいて豪華なメンツになりました。

2009年以降の過去7年は1番人気が馬券圏内から飛んで大波乱になっているが、
今年はステイヤーらしいステイヤーのゴールドアクター、サウンズオブアースがいて、
人気馬が総崩れする事はなさそうです。

しかし、春天皇賞はデキが良い伏兵馬が必ず穴をあけ、
昨年も“激アツ馬”で10番人気のカレンミロティックが3着にきました。

ゴールドアクター、サウンズオブアース、キタサンブラックが人気になるが、
3頭すべて同じような先行脚質で牽制しあえば伏兵馬の台頭がありそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はアルカサル、ヴァンキッシュラン、
マイネルハニー、メートルダール、レッドエルディスト、レーヴァテインの6頭、

春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ゴールドアクター、サウンズオブアース、
シュヴァルグラン、タンタアレグリア、トーホウジャッカル、フェイムゲームの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月27日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日4月28日の18時になります。

青葉賞の有力馬プロディガルサン
春天皇賞の有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月24日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率105.9%


4月23日
京都11R 3連複5940円
調教抜群鉄板軸馬アットウィルが1着
相手筆頭の“激アツ馬”コウエイタケルが3着

4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

今週は土曜日の京都11Rで相手筆頭の“激アツ馬”が3着で、
3連複5940円が的中できたが的中はこの1レースだけで、
紐抜けが2レースありました。

福島牝馬ステークスは鉄板と言えるような軸馬がいませんと、
事前の木曜日に会員様に伝えて押しだされてリーサルウェポンを軸にしたが、
前残りのスローペースになってしまい後方待機のリーサルウェポンは、
何もできず10着に負けてしまいました。
出走馬のデキの良し悪しが関係なく前にいないと、
勝ち負けできない展開になった事が誤算でした。

マイラーズカップは鉄板軸馬フィエロが大外から差してきたが、
4着に上がるのが精いっぱいでした。

逃げ馬が不在だったが前半5Fが57.0秒で速いペースになり、
後方待機だったフィエロの脚ならば届きそうな展開だったが、
外からの差し馬が全滅で内々を立ち回った3頭が上位を独占しました。
土曜日は京都は外差しが届いていたがこのレースはイン差しになり、
馬場に泣いた結果になってしまいました。

フローラステークスは悔しい情けない結果になってしまいました。

木曜日に事前公開していた“激アツ馬”アウェイクが、
鉄板軸馬フロンテアクイーンとクビの上げ下げの3着争いをしてしまい、
アウェイクが3着になり大穴をあけてしまいました。

フロンテアクイーンが3着に残っていてもチェッキーノが消しだったので、
アウェイク、フロンテアクイーンどちらが3着になっていても、
的中ができなかったのです。

“激アツ馬”アウェイクの状態の良さを見抜いていたのに、
的中ができずスミマセンでした。

来週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。

皐月賞でディーマジェスティが強い勝ち方をしてダービーの最有力で、
マカヒキは2着、サトノダイヤモンドは3着だったが、
2頭とも広いコース向きで次はメイチの仕上げをしてくるので、
東京2400mの舞台ならば必ず巻き返してくるでしょう。

皐月賞の上位3頭がかなり強いが青葉賞に能力はG1級のプロディガルサン、
負けなしのレーヴァテイン、アルカサルがいてもし高いパフォーマンスを出し、
権利を取ればダービーで有力候補に浮上するでしょう。

まだ底を見せていない能力が高そうな馬が何頭かいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

春天皇賞は有馬記念の1着~3着に実力馬トーホウジャッカル、
上り馬のシュヴァルグラン、タンタアレグリアがいて豪華なメンツになりました。

2009年以降の過去7年は1番人気が馬券圏内から飛んで大波乱になっているが、
今年はステイヤーらしいステイヤーのゴールドアクター、サウンズオブアースがいて、
人気馬がすべて崩れて大波乱になることはなさそうです。

しかし、春天皇賞はデキが良い伏兵馬が必ず穴をあけ、
昨年も“激アツ馬”で10番人気のカレンミロティックが3着にきました。

ゴールドアクター、サウンズオブアース、キタサンブラックが人気になるが、
3頭すべて同じような先行脚質で牽制しあえば伏兵馬の台頭がありそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はアルカサル、ヴァンキッシュラン、
マイネルハニー、メートルダール、レッドエルディスト、レーヴァテインの6頭、

春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ゴールドアクター、サウンズオブアース、
シュヴァルグラン、タンタアレグリア、トーホウジャッカル、フェイムゲームの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月24日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月28日の18時になります。

青葉賞の有力馬プロディガルサン
春天皇賞の有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月17日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率106.8%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週の勝負レース重賞の福島スステークス、マイラーズカップ、
フローラステークス
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

福島牝馬ステークスで人気になる●●●
マイラーズカップで人気になる●●●
フローラステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、シャルール、
ハピネスダンサー、メイショウスザンナ、リーサルウェポンの5頭、

マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クルーガー、
サンライズメジャー、ダノンリバティ、ネオスターダム、レッドアリオンの6頭、

フローラステークスの有力馬の調教分析はエルビッシュ、ゲッカコウ、
パールコード、ビッシュ、フロンテアクイーンの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬アースライズ、
マイラーズカップの有力馬フィエロ、
フローラステークスの有力馬チェッキーノの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月17日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率106.8%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週はヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークストライアルのフローラステークスです。

2014年から福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースになり、
1着馬に優先出走権が与えられるようになったが福島1800mと東京1600mは、
まったく違うコース設定で本番まで中2週と間隔が詰まっているので
ヴィクトリアマイルの過去10年で前走が福島牝馬ステークスだったのは、
わずかに3頭しかいません。

今年の出走馬でヴィクトリアマイルで勝ち負けできそうな馬はいなくて、
ほとんどは後先を考えずにメイチの仕上げをして目先の賞金を取りにきただけで、
デキ一つで着順が入れ替わるくらいの低調なメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは高齢の8歳だがまだまだ元気なダノンシャーク、
7歳のフィエロ、エキストラエンド、クラレント、サンライズメジャーに、
クルーガー、グァンチャーレ、ダノンリバティ、アルバートドック、
ネオスターダムといった新興勢力の勢いがある4歳が激突するので、
アツイ戦いになるでしょう。

フィエロ、レッドアリオン、エキストラエンドなどは、
持ち賞金があるので安田記念の叩き台の余裕残しで出走してくるが、
新興勢力の4歳は安田記念の前に賞金が半分になる降級があるので、
ここで優先出走権を取るしか出走できません。

安田記念の叩き台の馬、メイチで勝ちにくる馬が混在している混戦なので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスの重要なトライアルレースです。

桜花賞で4着に負けたメジャーエンブレムがオークスでなく、
ルメール騎手が騎乗でNHKマイルカップの出走が決まったので、
オークスは桜花賞でクビの上げ下げで1着、2着の接戦だった、
ジュエラー、シンハライトの2強が有力候補になります。

オークスは桜花賞の上位組が強いがフローラステークス組も結果をだしていて、
昨年、一昨年は凡走したが2010年から2013年まで4年連続で、
同年のフローラステークスの1着~3着馬がオークスで馬券の対象にきています。

今年のフローラステークスは例年に比べると出走馬のレベルは高そうで、
アネモネステークスを勝ったチェッキーノ、ミモザ賞を勝ったパールコード、
桜花賞をパスしてオークス一本に絞ったフロンテアクイーン、
2戦2勝で負けなしのビッシュが出走します。

ジュエラー、シンハライトのような一線級はいないが、
まだ底を見せていないハイレベルの馬が多く出走するので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、シャルール、
ハピネスダンサー、メイショウスザンナ、リーサルウェポンの5頭、

マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クルーガー、
サンライズメジャー、ダノンリバティ、ネオスターダム、レッドアリオンの6頭、

フローラステークスの有力馬の調教分析はエルビッシュ、ギモーヴ、
ゲッカコウ、パールコード、ビッシュ、フロンテアクイーンの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月20日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日4月21日の18時になります。

福島牝馬ステークスの有力馬アースライズ、
マイラーズカップの有力馬フィエロ、
フローラステークスの有力馬チェッキーノの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月17日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率106.8%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週は的中レースがなくスミマセンでした。

アンタレスステークスは鉄板軸馬アウォーディーが完勝したが、
3着に追い込んできたサージェントバッジが消しだったので紐抜けになりました。
サージェントバッジの調教は悪くなかったが他にデキが良い馬がいたので、
買い目に入れる事ができませんでした。

皐月賞は鉄板軸馬リオンディーズが想定外の先行策をしてしまい、
最後は脚が上がって斜行してしまい5着に降着になってしまいました。
デムーロ騎手が後ろからだと届かない馬場なので先行したと言っているが、
中間の調教で馬なりで我慢をさせる走りを教えて、
行きたがらないような調教ができていたのに、
なぜスタートから出していったのか疑問が残ります。
前半5F58.4秒のハイペースを3角先頭から粘り切った事は好評価するが、
あのような先行策で押し切れるメンツではないので、
デムーロ騎手の判断ミスだったと思います。

来週はヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークストライアルのフローラステークスです。

福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースで、
2014年から本競争の1着馬に優先出走権が与えられるようになったが、
福島1800mと東京1600mはまったく違うコース設定で、
本番まで中2週と間隔が詰まっているのでヴィクトリアマイルの過去10年で、
前走が福島牝馬ステークスだったのは3頭しかいません。

今年はレベルが低く本番でも通用しない横一線で、
デキ一つで着順が大きく入れ替わるくらいのメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは高齢の8歳ダノンシャーク、
7歳のフィエロ、エキストラエンド、クラレント、サンライズメジャーに、
クルーガー、グァンチャーレ、ダノンリバティ、アルバートドック、
ネオスターダムといった新興勢力のフレッシュな4歳が激突するので、
アツイ戦いになるでしょう。

フィエロ、レッドアリオンなどは持ち賞金があるので、
安田記念の叩き台の仕上げで出走してくるが、
新興勢力の4歳は安田記念の前に賞金が半分になる降級があるので、
ここで優先出走権を取るしか出走できません。

安田記念の叩き台の馬、メイチで勝ちにくる馬が混在していて難解なので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスの重要なトライアルレースです。

桜花賞の1着、2着だったジュエラー、シンハライト、
中途半端な競馬をして4着に負けたメジャーエンブレムは巻き返してくるので
オークスも桜花賞と同じで3強が最有力候補です。

オークスは桜花賞の上位組が強いがフローラステークス組も結果をだしていて、
昨年は凡走したが2010年から2013年まで4年連続で、
フローラステークスの1着~3着馬がオークスで馬券の対象にきています。

今年のフローラステークスは例年に比べると出走馬のレベルは高そうで、
アネモネステークスを勝ったチェッキーノ、ミモザ賞を勝ったパールコード、
桜花賞をパスしてオークス一本に絞ったフロンテアクイーンが出走します。

ジュエラー、シンハライト、メジャーエンブレムのような一線級はいないが、
まだ底を見せていないハイレベルの馬が多く出走するので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、シャルール、
ハピネスダンサー、メイショウスザンナ、リーサルウェポンの5頭、

マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クルーガー、
サンライズメジャー、ダノンリバティ、ネオスターダム、レッドアリオンの6頭、

フローラステークスの有力馬の調教分析はエルビッシュ、ギモーヴ、
ゲッカコウ、パールコード、ビッシュ、フロンテアクイーンの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月17日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月21日の18時になります。

福島牝馬ステークスの有力馬アースライズ、
マイラーズカップの有力馬フィエロ、
フローラステークスの有力馬チェッキーノの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月10日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率107.5%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週の勝負レース重賞のアンタレスステークス、皐月賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

アンタレスステークスで人気になる●●●
皐月賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、クリソライト、
ショウナンアポロン、トップディーヴォ、ロワジャルダンの5頭、

皐月賞の有力馬の調教分析はアドマイヤダイオウ、エアスピネル、ディーマジェスティ、
マウントロブソン、マカヒキ、リオンディーズ、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬アウォーディー、
皐月賞の有力馬サトノダイヤモンドの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月10日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率107.5%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週はかしわ記念、帝王賞が目標の有力馬が激突するアンタレスステークス、
例年よりハイレベルな牡馬クラシック初戦の皐月賞です。

アンタレスステークスはダートで底を見せていないアウォーディー、
距離不足のフェブラリーステークスで差して3着のアスカノロマン、
G1では5着、4着だがG2以下だと大崩れしないで走るロワジャルダン、
久しぶりのJRA重賞の出走になるが先行力があるクリソライト、
マーチステークスを制した上り馬のショウナンアポロンが激突するので、
アツイ戦いになりそうです。

好調な馬が多いので中間の調教から、
仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

今年の皐月賞は例年にないハイレベルなのでアツイ戦いになるでしょう。

きさらぎ賞を楽勝したサトノダイヤモンドが2月までクラシック候補の主役だったが、
弥生賞でマカヒキが強烈なパフォーマンスで勝ち、
スプリングステークスを徐々に力をつけてきたマウントロブソンが勝ち、
弥生賞で負けてしまったが休み明けを叩かれ上積みがかなりあるリオンディーズ、
エアスピネルの巻き返しもありそうなのでサトノダイヤモンドの一強から、
一転して上位が混戦ムードになってきました。

サトノダイヤモンド、マカヒキの2頭が1番人気、2番人気なるが、
サトノダイヤモンドは初めての関東への輸送があり、
1週前の調教で今までになかった手前を何度も替えて走っていて小回りに不安があり、
マカヒキは少頭数の競馬しかやっていなくてフルゲートの18頭立てで、
弥生賞のようなマクリの差しができるのかという不安材料があります。

ダービーならばサトノダイヤモンド、マカヒキが有力候補だと見ているが、
2頭とも小回りの18頭立ての皐月賞は最適なコース設定ではないので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、クリソライト、
ショウナンアポロン、トップディーヴォ、ロワジャルダンの5頭、

皐月賞の有力馬の調教分析はアドマイヤダイオウ、エアスピネル、ディーマジェスティ、
マウントロブソン、マカヒキ、リオンディーズ、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月13日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日4月14日の18時になります。

アンタレスステークスの有力馬アウォーディー、
皐月賞の有力馬サトノダイヤモンドの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月10日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率107.5%


4月10日
阪神10R 3連複7100円
調教抜群鉄板軸馬ハギノハイブリッドが3着

4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着


今週は日曜日に7100円の配当が的中できたが、
縦目が2レース、相手抜けも2レースあり不甲斐ない成績になりました。

阪神牝馬ステークスは鉄板軸馬アンドリエッテが8着に大敗しました。
前半3F35.2秒のスローの展開だったのにアンドリエッテは前に行けず、
内からジリジリ伸びてくるだけで何もできず終わってしまいました。
デキは良かったはずなのになぜ見せ場なく終わったのか原因が判りません。

ニュージーランドトロフィーは鉄板軸馬アストラエンブレムが後方待機で、
4角で大外にだして伸びてくるが突き抜けるような脚が使えませんでした。
ストーミーシーが内に斜行して不利を受けてしまったが、
不利がなくても3着には上がっていなかったでしょう。
右回りだと行きっぷりが悪くなり末脚も鈍るので、
典型的なサウスポーなのかもしれません。

桜花賞は鉄板軸馬シンハライトが2着にきたが、
3着アットザシーサイドが馬体重を10kも減らしてしまったので、
当初の買い目では最後の1頭に入れていたが馬体重減を嫌い、
買い目を変更してアットザシーサイドを切ってしまい、
最悪の相手抜けになってしまいました。
相手の最後の1頭をアットザシーサイド、ラベンダーヴァレイと迷ってしまい、
最終的に馬体重で判断して裏目を引いて相手抜けで外してしまいスミマセンでした。

来週はかしわ記念、帝王賞を目指す有力馬が激突するアンタレスステークス、
ハイレベルな牡馬クラシック初戦の皐月賞です。

アンタレスステークスはまだダートで底を見せていないアウォーディー、
距離不足のフェブラリーステークスで差して3着にきたアスカノロマン、
G1では5着、4着だが大崩れしないで堅実に走るロワジャルダン、
久しぶりのJRA重賞の出走になるが先行力があるクリソライト、
マーチステークスを勝ち勢いがあるショウナンアポロンが激突するので、
アツイ戦いになりそうです。

好調な馬が多くてほとんどが目標が先にあるので、
中間の調教から仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

今年の皐月賞の出走馬はハイレベルなのでアツイ戦いになるでしょう。

きさらぎ賞を楽勝したサトノダイヤモンドが2月まで3歳牡馬の主役だったが、
弥生賞でマカヒキが強烈なパフォーマンスで勝ち、
スプリングステークスで徐々に力をつけてきたマウントロブソンが勝ち、
弥生賞で負けてしまったが休み明けを叩かれ上積みがあるリオンディーズ、
エアスピネルの巻き返しもあるのでサトノダイヤモンドの一強ムードから、
一転して上位が混戦ムードになってきました。

サトノダイヤモンド、マカヒキの2頭が1番人気、2番人気なるが、
サトノダイヤモンドは初めての関東への輸送があり、
1週前の調教で今までになかった手前を何度も替えて走っていて、
マカヒキは少頭数の競馬しかやっていなくてフルゲートの18頭立てで、
弥生賞のようなマクリの差しができるのかという不安材料があります。


ダービーならばサトノダイヤモンド、マカヒキが有力だと見ているが、
2頭とも小回りの18頭立ての皐月賞は最適なコース設定ではないので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、クリソライト、
ショウナンアポロン、トップディーヴォ、ロワジャルダンの5頭、

皐月賞の有力馬の調教分析はアドマイヤダイオウ、エアスピネル、ディーマジェスティ、
マウントロブソン、マカヒキ、リオンディーズ、ロードクエストの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月10日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月14日の18時になります。

アンタレスステークスの有力馬アウォーディー、
皐月賞の有力馬サトノダイヤモンドの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の4月3日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.9%


4月3日
阪神11R 勝負レース 大阪杯 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬ショウナンパンドラが3着
“危険な人気馬”イスラボニータは“完全消し”

中山10R 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬グレンツェントが2着

4月2日
中山10R 3連複5660円
調教抜群鉄板軸馬サブライムカイザーが1着

3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着


今週の勝負レース重賞の阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィー、桜花賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

阪神牝馬ステークスで人気になる●●●
ニュージーランドトロフィーで人気になる●●●
桜花賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアンドリエッテ、ウインプリメーラ、
ストレイトガール、ミッキークイーン、レッドリヴェールの5頭、

ニュージーランドトロフィーの有力馬の調教分析はサーブルオール、
ショウナンライズ、ダンツプリウス、ボールライトニング、レインボーラインの5頭、

桜花賞の有力馬の調教分析はアットザシーサイド、ジュエラー、ソルヴェイグ、
デンコウアンジュ、メジャーエンブレム、ラベンダーヴァレイ、レッドアヴェンセの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアー、
ニュージーランドトロフィーの有力馬アストラエンブレム、
桜花賞の有力馬シンハライトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR