今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月27日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.0%


3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”


今週の勝負レース重賞の大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

大阪杯で人気になる●●●
ダービー卿チャレンジトロフィーで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

大阪杯の有力馬の調教分析はアンビシャス、イスラボニータ、
キタサンブラック、ショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルトの6頭、

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬の調教分析はインパルスヒーロー、エキストラエンド
キャンベルジュニア、ダッシングブレイズ、マジックタイム、ロゴタイプの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

大阪杯の有力馬ラブリーデイ、
ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬サトノアラジンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

スポンサーサイト

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月27日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.0%


3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”


今週は超豪華なメンツになった大阪杯、
安田記念の重要なステップレースのダービー卿チャレンジトロフィーです。

大阪杯は海外のG1、春天皇賞、安田記念、宝塚記念を目標にしている、
現在の中長距離路線を牽引している主役が勢ぞろいしました。

大阪杯の出走馬でラブリーデイ、ヌーヴォレコルトの次走は、
4月24日の香港クイーンエリザベス2世カップ、
ショウナンパンドラはヴィクトリアマイル、キタサンブラックは春天皇賞、
イスラボニータ、アンビシャスは安田記念で有力馬すべて目標が先にあります。

有力馬の目標が先にありメイチの仕上げで出走する事はほぼないので、
中間の調教から仕上がり具合、どの程度のデキなのかを見極めて勝負しましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーは難解なメンツになりました。

マイル王者モーリスが4月24日の香港チャンピオンズマイルに出走して、
ダメージかなければ6月5日の安田記念の予定だが、
虚弱体質で間隔を開けないと走れないので回避する可能性があり、
先日にドバイダーフを勝ったリアルスティールが安田記念の出走を示唆しているが、
おそらく宝塚記念なのでモーリス、リアルスティールの2強が回避すると、
今年の安田記念は大混戦になります。

先週の阪神でオープン特別の六甲ステークスがあり、
ダノンリバティが好時計で勝って安田記念に向かうだろうが、
ダービー卿チャレンジトロフィーの出走馬も色気を持っているはずです。

デキ一つで着順が替わりそうな拮抗した横一線のハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

大阪杯の有力馬の調教分析はアンビシャス、イスラボニータ、
キタサンブラック、ショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルトの6頭、

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬の調教分析はインパルスヒーロー、エキストラエンド
キャンベルジュニア、ダッシングブレイズ、マジックタイム、ロゴタイプの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月30日の23時以降に確認して下さい。

大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月31日の18時になります。

大阪杯の有力馬ラブリーデイ、
ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬サトノアラジンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月27日までの
32ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.0%


3月26日
中山11R 勝負レース 日経賞 3連複530円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着

3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”


今週は日経賞の的中だけでマーチステークス、高松宮記念を、
紐抜けで外してしまいスミマセンでした。

毎日杯は鉄板軸馬ロワアブソリューが5着になり馬券圏内を外しました。
シュタルケ騎手が何をしたかったのか中途半端な競馬をしました。
向正面ではアーバンキッドの後ろにいたが徐々に進路を外にだし、
スマートオーディンが外から動いたのに内でジッとして追いだしが遅れ、
中途半端に馬群の中に突っ込んでしまい伸びを欠いてしまいました。
アーバンキッド、スマートオーディンどちらかをマークしていれば、
このような結果にはならなかったと思います。

日経賞は鉄板軸馬サウンズオブアースが2着になり的中できました。
有馬記念と同じでゴールドアクターに屈してまた2着になったが、
有馬記念のようにゴールドアクターを見ながらの差しならば、
勝っていたかもしれません。
サウンズオブアースは運のないかわいそうな馬だが、
使っているレースが少なくまだ伸びシロはありそうなので、
年内には重賞は勝てるでしょう。

マーチステークスは鉄板軸馬バスタータイプが好位から2着にきたが、
1着ショウナンアポロンが消しだったので紐抜けになりました。
ショウナンアポロンの調教は悪くなく消すのは惜しかったが、
他にデキが良くて買いたい馬がいたので消してしまいました。

高松宮記念は鉄板軸馬ビッグアーサーが快勝したが、
3着アルビアーノが消しだったので紐抜けになりました。
エイシンブルズアイ、アルビアーノのどちらかを消す選択になり、
最終的に持ち時計の速さを優先して1分6秒9の時計がある、
エイシンブルズアイを最後の1頭に入れてしまい、
アルビアーノは切ってしまいました。

来週は超豪華なメンツになった大阪杯、
安田記念の重要なステップレースのダービー卿チャレンジトロフィーです。

大阪杯は海外のG1レース、春天皇賞、安田記念、宝塚記念を目標にしている、
現在の中長距離トップクラスが勢ぞろいする豪華なメンツになりました。

大阪杯の出走馬でラブリーデイ、ヌーヴォレコルトの次走は、
4月24日の香港クイーンエリザベス2世カップ、
ショウナンパンドラはヴィクトリアマイル、キタサンブラックは春天皇賞、
イスラボニータ、アンビシャスは安田記念で有力馬すべて目標が先にあります。

すべての有力馬の目標が先でメイチの仕上げで出走する事はほぼないので、
中間の調教から仕上がり具合、どの程度のデキなのかを見極めて勝負しましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーは難解なメンツになりました。

マイル王者モーリスが4月24日の香港チャンピオンズマイルに出走して、
ダメージかなければ6月5日の安田記念の予定だが虚弱体質で、
間隔を開けないと走れないので回避すると今年の安田記念は大混戦になります。

今日の阪神でオープン特別の六甲ステークスがあり、
ダノンリバティが好時計で勝って新星が現れ安田記念に向かうだろうが、
ダービー卿チャレンジトロフィーの出走馬も色気を持っているはずです。

デキ一つで着順が替わりそうな実力が拮抗した横一線なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

大阪杯の有力馬の調教分析はアンビシャス、イスラボニータ、
キタサンブラック、ショウナンパンドラ、タッチングスピーチ、ヌーヴォレコルトの6頭、

ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬の調教分析はインパルスヒーロー、エキストラエンド
キャンベルジュニア、ダッシングブレイズ、マジックタイム、ロゴタイプの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月27日の23時以降に確認して下さい。

大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月31日の18時になります。

大阪杯の有力馬ラブリーデイ、
ダービー卿チャレンジトロフィーの有力馬サトノアラジンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月21日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.0%


3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”


今週の勝負レース重賞の毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

毎日杯で人気になる●●●
日経賞で人気になる●●●
マーチステークスで人気になる●●●
高松宮記念で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアーバンキッド、タイセイサミット、
ディープエクシード、ロワアブソリューの4頭、

日経賞はの有力馬の調教分析はアルバート、ゴールドアクター、
ディサイファ、ホッコーブレーヴ、マリアライトの5頭、

マーチステークスの有力馬の調教分析はイッシンドウタイ、サンマルデューク、
ソロル、ドコフクカゼ、マイネルクロップの5頭、

高松宮記念の有力馬の調教分析はアルビアーノ、エイシンブルズアイ、
スノードラゴン、ハクサンムーン、ビッグアーサー、レッツゴードンキの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

毎日杯の有力馬スマートオーディン、
日経賞の有力馬サウンズオブアース、
マーチステークスの有力馬バスタータイプ、
高松宮記念の有力馬ミッキーアイルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

ダンスディレクターの故障の兆候を21日の時点で見抜いていました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月21日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.0%


3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”


今週はクラシック前哨戦の毎日杯、春天皇賞の前哨戦の日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、春のスプリント王決定戦の高松宮記念です。

先週に続き今週も4重賞があり大変だが一切の手抜きをしないで調教分析をしています。

毎日杯で好結果がだせれば皐月賞の出走が可能になるが、
まだ3歳の春で未完成の成長途上の段階で中2週で皐月賞を使うのは無謀です。
昨年の1着ミュゼエリアン、2着ダノンリバティが皐月賞に出走したが、
中2週のハードなローテーションが影響したのか皐月賞で惨敗したので、
今年もここで賞金加算しても皐月賞に出走する馬はいなくて、
NHKマイルカップやダービーを目標にするでしょう。

今年はアーバンキッド、スマートオーディン、ロワアブソリュー、
タイセイサミットが出走するが例年よりレベルが高いメンツになりました。

少頭数レースになるがまだ伸びシロがある能力が高いメンツの激突になるので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。

来週の大阪杯にラブリーデイ、ショウナンパンドラ、キタサンブラック、
アンビシャス、ヌーヴォレコルト、タッチングスピーチ、イスラボニータが出走予定で、
G1レースのような超豪華なメンツの戦いになるが、
日経賞にも昨年の有馬記念の優勝馬ゴールドアクター、2着サウンズオブアース、
僅差の4着に大健闘したマリアライト、AJCCを圧勝したディサイファが出走するので、
先週の阪神大賞典と違いレベルが高いメンツが揃いました。

9頭立ての少頭数になりそうだがほとんどの目標が先にあり、
余裕残しのメイチの仕上げで出走しないので
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

マーチステークスはかなり難しいハンデ戦です。

3月9日のダイオライト記念にクリソライト、クリノスターオーが出走して、
12日の仁川ステークスでアポロケンタッキーが出走して、
17日の名古屋大賞典にアウォーディー、バンズームが出走したので、
マーチステークスは手薄なメンツになりました。

3連勝してオープン入りしたバスタータイプが人気になるが、
昨年の10月から使い詰めでそろそろ連戦の疲れがでるころなので信用できず、
他もいつ走るのか判らないムラ馬ばかりで確たる堅軸馬がいません。

デキ一つで着順が大きく替わりそうなハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

高松宮記念は昨年の覇者エアロヴェロシティが連覇を懸けて、
3月15日に来日して白井の競馬学校で調整されていたが、
疝痛を発症してしまい回避する事が21日に発表されました。

そして、今日になり日本馬の筆頭格だったダンスディレクターが、
左前肢に違和感が生じたため回避が発表されました。

ダンスディレクターの1週前の動きは上々だったが、
3月20日にCWトラックで時計をださなかったので、
会員様には不安材料があると伝えていました。
ダンスディレクターは必ずレース1週前の日曜日にCWコースに入り、
馬なりで時計をだしていたのに今回はやらなかったので、
日曜日の時点で脚元に違和感が生じていて兆候がでていたのです。


当方のように調教、追い切り分析を売りにしているブログが、
ここ数年で急増しているがそのほとんどがダンスディレクターの動きが、
良いと評価しています。

先週の時計、調教映像を見れば100人中で90人以上は、
ダンスディレクターの動きが良いと判るはずなのに、
その事を強調しているブログに調教、追い切り分析を語って欲しくありません。

以前から口酸っぱく言っているが調教は時計、動きの良し悪しでなく、
ダンスディレクターのように今までと違う点を見つけだす事が、
調教、追い切りで最も重要なポイントでそれが本当の分析になるのです。


ダンスディレクターの回避でさらに日本勢の層が薄くなり、
傑出した馬、勢いがある馬がいなくなり混戦に拍車がかかってしまいました。

1番人気が濃厚だったダンスディレクターが回避したので、
ミッキーアイル、ビッグアーサー、エイシンブルズアイ、アルビアーノの順番になりそうだが、
ミッキーアイルは以前のように逃げの戦法に戻したが今回は他に速い馬がいて、
ビッグアーサーは名前が先行しているだけで底が見えつつあり、
エイシンブルズアイは今年4戦目で疲れがあるのか本数が少なく、
アルビアーノは中2週なのに筋肉痛で中間にミニ放牧にだす異例の出走になり、
人気馬すべてに死角があります。

出走馬に大きな実力差はない横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアーバンキッド、タイセイサミット、
ディープエクシード、ドゥオーモ、ロワアブソリューの5頭、

日経賞はの有力馬の調教分析はアルバート、ゴールドアクター、
ディサイファ、ホッコーブレーヴ、マリアライトの5頭、

マーチステークスの有力馬の調教分析はイッシンドウタイ、サンマルデューク、
ソロル、ドコフクカゼ、マイネルクロップの5頭、

高松宮記念の有力馬の調教分析はアルビアーノ、エイシンブルズアイ、
スノードラゴン、ハクサンムーン、ビッグアーサー、レッツゴードンキの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月23日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯、日経賞、マーチステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日3月24日の18時になります。

高松宮記念の出走馬のほとんどの最終調教が明日24日になるので、
高松宮記念の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開のみ、
3月25日の金曜日の18時になります。


毎日杯の有力馬スマートオーディン、
日経賞の有力馬サウンズオブアース、
マーチステークスの有力馬バスタータイプ、
高松宮記念の有力馬ミッキーアイルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月21日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.0%


3月21日
中京10R 3連複2290円
調教抜群鉄板軸馬パドルウィールが3着

中山9R 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ミッキージョイが2着

3月20日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複810円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤデウスが3着

3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”


今週の重賞の的中は安い配当だった阪神大賞典だけで、
他に2鞍の的中があったがそれも2000円台の安い配当になってしまいました。

ファルコンステークスは鉄板軸馬シュウジが見せ場なく12着に惨敗しました。
調教では折り合いがついて我慢できる走りをしていたが、
前半3F33.9秒のハイペースだったのに2番手に先行してしまい、
直線に向いた所でもう脚が止まってしまいズルズル後退しました。
調教で教え込んでいる事をレースでだせなかったので、
今のままではどの距離を使っても結果をだす事ができないでしょう。

阪神大賞典は鉄板軸馬アドマイヤデウスが直線半ばで不利を受けてしまったが、
デキの良さでゴール前で一伸びして3着に上がってくれました。
しかし、この相手で不利を受けてしまった事を差し引いても完敗だったので、
3着にきたがレース内容は物足りません。

スプリングステークスは鉄板軸馬ドレッドノータスがまさかの後方待機で、
何もできず7着に沈んで縦目になってしまいました。
前半4F48.3秒、後半4F47.8秒のスローペースで、
なぜ武騎手はあの位置取りから後方からの差しを選択したのか、
いまだに理由がわかりません。

フラワーカップは鉄板軸馬エンジェルフェイスの福永騎手が、
絶妙の逃げで押し切ったが2着、3着が消しだったので的中できませんでした。
エンジェルフェイスから離された2着争いが横一線になり、
2着から7着まで0.1秒差の大接戦でどの馬がきてもおかしくなかったが、
消しだったゲッカコウ、ウインクルサルーテの2頭がきてしまいました。

来週はクラシック前哨戦の毎日杯、春天皇賞の前哨戦の日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、春のスプリント王決定戦の高松宮記念です。
今週に続き来週も4重賞があり大変だが手抜きしないで調教分析をします。

毎日杯で好結果がだせれば皐月賞の出走が可能になるが、
まだ未完成で成長途上の段階で中2週で皐月賞を使うのは無謀です。
昨年の1着ミュゼエリアン、2着ダノンリバティが皐月賞に出走したが、
中2週のハードなローテーションが影響したのか皐月賞で惨敗したので、
ここで賞金加算しても皐月賞に出走する馬はいないでしょう。

今年はスマートオーディン、レプランシュ、ロワアブソリュー、
タイセイサミットが出走するが例年よりレベルが高いメンツになりました。

今年は少頭数レースになるが能力が高いメンツの激突になるので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。

来週の大阪杯にラブリーデイ、ショウナンパンドラ、キタサンブラック、
アンビシャス、ヌーヴォレコルト、タッチングスピーチ、イスラボニータが出走予定で、
G1レースのような超豪華なメンツの戦いになるが、
日経賞にも昨年の有馬記念の優勝馬ゴールドアクター、2着サウンズオブアース、
僅差の4着に大健闘したマリアライト、AJCCを圧勝したディサイファが出走するので、
今週の阪神大賞典と違いレベルが高いメンツが揃いました。

最終的に8頭立ての少頭数になりそうだがレベルの高いメンツの激突で、
ほとんどが目標が先にありメイチの仕上げで出走しないので
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

マーチステークスはかなり難しいハンデ戦です。

3月9日のダイオライト記念にクリソライト、クリノスターオーが出走して、
12日の仁川ステークスでアポロケンタッキーが出走して、
17日の名古屋大賞典にアウォーディー、バンズームが出走したので、
マーチステークスは手薄なメンツになりました。

3連勝してオープン入りしたバスタータイプが人気になるが、
昨年の10月から使い詰めでそろそろ疲れがでるころなので信用できず、
他もいつ走るのか判らないムラ馬ばかりで確たる堅軸馬がいません。

デキ一つで着順が大きく替わりそうなハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

高松宮記念は昨年の覇者エアロヴェロシティが連覇を懸けて、
3月15日に来日して白井の競馬学校で調整されていたが、
疝痛を発症してしまい回避する事が今日に発表されました。

昨年のメンツより日本勢の層が厚くなっているが傑出した馬がいないので、
エアロヴェロシティの連覇の可能性が高かったが回避したので、
混戦に拍車がかかってしまいました。

人気はダンスディレクター、ミッキーアイル、ビッグアーサー、
エイシンブルズアイ、アルビアーノの順番になりそうだが、
ダンスディレクターの前走のシルクロードステークスは、
イン差しが決まっただけで力で捻じ伏せた競馬でなく、
ミッキーアイルは以前のように逃げの戦法に戻したが今回は他に速い馬がいて、
ビッグアーサーは名前が先行しているだけで底が見えつつあり、
エイシンブルズアイは今年4戦目で疲れがあるのか中間に時計をだしていなくて、
アルビアーノは中2週なのに中間にミニ放牧にだす異例の出走になり、
人気馬すべてに死角があります。

出走馬に大きな実力差はない横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアーバンキッド、タイセイサミット、
ドゥオーモ、レプランシュ、ロワアブソリューの5頭、

日経賞はの有力馬の調教分析はアルバート、ゴールドアクター、
ディサイファ、ホッコーブレーヴ、マリアライトの5頭、

マーチステークスの有力馬の調教分析はイッシンドウタイ、サンマルデューク、
ソロル、ドコフクカゼ、マイネルクロップの5頭、

高松宮記念の有力馬の調教分析はアルビアーノ、エイシンブルズアイ、スノードラゴン、
ダンスディレクター、ハクサンムーン、ビッグアーサー、レッツゴードンキの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月21日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月24日の18時の予定ですが、
今週が3日連続開催で最終調教が23日の水曜日でなく、
24日の木曜日が多くなれば事前公開は25日の金曜日の18時になります。


毎日杯の有力馬スマートオーディン、
日経賞の有力馬サウンズオブアース、
マーチステークスの有力馬バスタータイプ、
高松宮記念の有力馬ミッキーアイルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月13日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週の勝負レース重賞のファルコンステークス、阪神大賞典、スプリングステークス、
フラワーカップ
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

ファルコンステークスで人気になる●●●
阪神大賞典うてんで人気になる●●●
スプリングステークスで人気になる●●●
フラワーカップで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

ファルコンステークスの有力馬の調教分析はトウショウドラフタ、
ブレイブスマッシュ、ペイシャフェリシタ、ラズールリッキー、レッドラウダの5頭、

阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、カムフィー、
カレンミロティック、タンタアレグリア、トーホウジャッカルの5頭、

スプリングステークスの有力馬の調教分析はハレルヤボーイ、
プランスシャルマン、マウントロブソン、ミッキーロケット、ロードクエストの5頭、

フラワーカップの有力馬の調教分析はヴィブロス、
エンジェルフェイス、ペルソナリテ、ラブリーアモン、ラルクの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

ファルコンステークスの有力馬シュウジ、
阪神大賞典の有力馬シュヴァルグラン、
スプリンターズステークスの有力馬ドレッドノータス、
フラワーカップの有力馬ルフォールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月13日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週は3日連続開催で土曜日にファルコンステークス、
日曜日に阪神大賞典、スプリンターズステークス、
月曜日にフラワーカップが行われます。

3日間の連続開催になるがいつも通りの提供になり、
3日目の21日は無料配信になります。

ファルコンステークスはNHKマイルカップの重要なステップレースです。

今年の3歳牡馬クラシック路線は例年にないハイレベルだが、
短距離、マイル路線は傑出馬がいなくて層が薄くレベルは高くありません。

2月27日にマイル戦のアーリントンカップがあったが、
1着~8着まで0.2秒差のゴール前は横一線の大接戦で、
展開や位置取りで着順が替わっていたくらいのレベルでした。

ファルコンステークスも実力差がない横一線のメンツで、
デキ一つで着順が大きく替わりそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神大賞典は頭数が少ないが大きな実力差がないメンツになりました。

G1馬トーホウジャッカルが復帰するが虚弱体質で強い調教ができず、
アドマイヤデウスが来週の日経賞の相手が強いので前倒しして出走してくるが、
シュヴァルグラン、タンタアレグリアと同じで折り合いに難があり距離が微妙で、
カレンミロティックは8歳で上り目がないので絶対視できる軸馬がいません。

頭数が少なくなりそうだがデキ一つで着順が替わるメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

スプリンターズステークスはクラシックを占う重要な前哨戦です。

弥生賞でマカヒキが勝ちサトノダイヤモンドとの全勝対決が注目されているが、
まだ能力が未知数の無敗馬ドレッドノータス、
2歳王者ロードクエストがスプリングステークスが出走するので、
スプリングステークスの結果次第でクラシックの勢力図が変わるかもしれません。

ミッキーロケット、マウントロブソンといった底を見せていない馬もいて、
皐月賞を目指すアツイ戦いになるのは確実なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フラワーカップは31頭の登録があるが出走が確定しているのは2頭だけで、
抽選待ちが29頭もいて重賞でなく500万特別と変わらないメンツになりました。

重賞なので桜花賞の最終便だがここで賞金加算しても、
中2週で本番に向かう事になるので好結果がでても、
無理しないで目標をオークスに切り替えてくるでしょう。

出走馬のほとんどが1勝馬で横一線のメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ファルコンステークスの有力馬の調教分析はトウショウドラフタ、
ブレイブスマッシュ、ペイシャフェリシタ、ラズールリッキー、レッドラウダの5頭、

阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、カムフィー、
カレンミロティック、タンタアレグリア、トーホウジャッカルの5頭、

スプリングステークスの有力馬の調教分析はハレルヤボーイ、
プランスシャルマン、マウントロブソン、ミッキーロケット、ロードクエストの5頭、

フラワーカップの有力馬の調教分析はゴッドカリビアン、
シャクンタラー、パールコード、ラブリーアモン、ルフォールの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月16日の23時以降に確認して下さい。

ファルコンステークス、阪神大賞典、スプリングステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月17日の18時になります。


フラワーカップが21日の月曜日で多くの出走馬の最終調教が、
明日3月17日になるのでフラワーカップの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は17日の木曜日でなく18日の金曜日の18時になります。


ファルコンステークスの有力馬シュウジ、
阪神大賞典の有力馬シュヴァルグラン、
スプリンターズステークスの有力馬ドレッドノータス、
フラワーカップの有力馬コルコバードの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月13日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週は的中レースがありませんでした。
相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も結果をだしたのに、
鉄板軸馬が飛んでしまい的中できずスミマセンでした。

中日新聞杯は会員様に事前公開した“激アツ馬”ファントムライトが、
先行して2着に粘ったが鉄板軸馬クルーガーが見せ場を作る事なく、
6着になってしまいました。
クルーガーは坂を上がり切ってからエンジンがかかって、
3着争いには加わったが道中の位置取りが後ろ過ぎました。
大外枠だったが前に行ける脚があるのでスタートからだして行って、
外の7番手くらいの位置にはいて欲しかったがスローペースなのに、
4角13番手ではどうしようもありませんでした。

フィリーズレビューは鉄板軸馬クードラパンがまったく想定していなかった、
最後方からの競馬をやってしまい何もできずに終わってしまいました。
厩舎から後方から差す指示を田辺騎手が受けていたのかもしれないが、
速い上りが使える馬ではないのになぜあのような競馬をしたのかわかりません。
前日に中山で同じトライアルのアネモネステークスがあったのに、
パスしてフィリーズレビューに出走したのに、
なぜあのような後方待機をしたのか厩舎に聞いてみたいです。

中山牝馬ステークスは鉄板軸馬アースライズが中途半端な競馬をして、
脚を余して8着に負けてしまいました。
道中の流れがスローで残り4Fから急に11秒台になったが、
ラップが速くなった時に最内にいたので流れに乗れず、
良い脚が使えたのは着順が決まってからで時すでに遅しでした。

来週は3日連続開催で土曜日にファルコンステークス、
日曜日に阪神大賞典、スプリンターズステークス、
月曜日にフラワーカップが行われます。

3日間の連続開催になるが通常通りの提供になり。
3日目の21日は無料配信になります。

ファルコンステークスはNHKマイルカップの重要なステップレースです。

今年の3歳牡馬クラシック路線はハイレベルだが、
短距離、マイル組は傑出馬がいなくて層が薄くレベルは高くありません。

2月27日にマイル戦のアーリントンカップがあったが、
1着~8着まで0.2秒差の大接戦で上位と下位に大きな差はなく、
展開一つで着順が替わっていたくらいのレベルが低いレースでした。

ファルコンステークスも実力が拮抗した横一線のメンツで、
デキ一つで着順が大きく替わりそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神大賞典は登録頭数が少ないが実力が拮抗したメンツになりました。

G1馬トーホウジャッカルが復帰するが虚弱体質で強い調教ができず、
アドマイヤデウスが日経賞の相手が強いので前倒しして出走してくるが、
シュヴァルグラン、タンタアレグリアと同じで折り合いに難があり距離が微妙で、
カレンミロティックは8歳で上り目が薄いので絶対視できる堅軸馬がいません。

頭数が少なくなりそうだがデキ一つで着順が替わる混戦なので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

スプリンターズステークスはクラシックを占う重要な前哨戦です。

弥生賞でマカヒキが勝ちサトノダイヤモンドとの全勝対決が注目されているが、
まだ能力が未知数のドレッドノータスも無敗馬で、
2歳王者のロードクエストがスプリングステークスも出走するので、
スプリングステークスの結果次第でクラシック路線の力関係が変わるかもしれません。

ミッキーロケット、マウントロブソンといった能力が高い馬もいて、
皐月賞を目指すアツイ戦いになるのは確実なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フラワーカップは31頭の登録があるが出走が確定しているのは2頭だけで、
抽選待ちが29頭もいて重賞でなく500万特別と思った方が良さそうです。

重賞なので桜花賞の最終便だがここで賞金加算しても、
中2週で本番に向かう事になるので結果がでても無理しないで、
目標をオークスに切り替えてくるでしょう。

出走馬のほとんどが1勝馬の戦いになり横一線のメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ファルコンステークスの有力馬の調教分析はトウショウドラフタ、
ブレイブスマッシュ、ペイシャフェリシタ、ラズールリッキー、レッドラウダの5頭、
阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、カムフィー、
カレンミロティック、タンタアレグリア、トーホウジャッカルの5頭、
スプリングステークスの有力馬の調教分析はハレルヤボーイ、
プランスシャルマン、マウントロブソン、ミッキーロケット、ロードクエストの5頭、
フラワーカップの有力馬の調教分析はゴッドカリビアン、
シャクンタラー、パールコード、ラブリーアモン、ルフォールの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月13日の23時以降に確認して下さい。

ファルコンステークス、阪神大賞典、スプリングステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月17日の18時になります。

フラワーカップが21日の月曜日で出走馬の最終調教が3月17日になるので、
フラワーカップの危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は、
17日の木曜日でなく18日の金曜日の18時になります。


ファルコンステークスの有力馬シュウジ、
阪神大賞典の有力馬シュヴァルグラン、
スプリンターズステークスの有力馬ドレッドノータス、
フラワーカップの有力馬コルコバードの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の3月6日までの
30ヶ月間の勝負レースの成績 回収率112.1%


3月6日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複190円
調教抜群鉄板軸馬マカヒキが1着

2月28日
中山11R 勝負レース 中山記念 3連複920円
調教抜群鉄板軸馬リアルスティールが3着
デキ落ちのラストインパクトは“完全消し”

阪神11R 勝負レース 阪急杯 3連複4070円
調教抜群鉄板軸馬オメガヴェンデッタが2着
事前公開の“激アツ馬”ブラヴィッシモが3着
デキ落ちのヒルノデイバローは“完全消し”

小倉11R 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬キャンベルジュニアが1着
デキ落ちのレッドソロモンは“完全消し”

2月21日
京都10R 3連複4120円
調教抜群鉄板軸馬トウカイセンスが2着

2月20日
東京9R 3連複2380円
調教抜群鉄板軸馬ジュンヴァルカンが2着
“危険な人気馬”リンクスは“完全消し”

2月14日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複10020円
調教抜群鉄板軸馬メートルダールが3着
事前公開の“激アツ馬”ディーマジェスティが1着


今週の勝負レース重賞の中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

中日新聞杯で人気になる●●●
フィリーズレビューで人気になる●●●
中山牝馬ステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアルバートドック、クルーガー、
ケツァルテナンゴ、ショウナンバッハ、バウンスシャッセ、ブライトエンブレムの6頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はカトルラポール、
キャンディバローズ、クードラパン、ナタリーバローズ、メイショウスイヅキの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアースライズ、キャットコイン、
シュンドルボン、ノボリディアーナ、ルージュバック、レイヌドネージュの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬サトノノブレス、
フィリーズレビューの有力馬アットザシーサイド、
中山牝馬ステークスの有力馬シングウィズジョイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

プロフィール

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR