今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。

2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。

早割りは1月31日から2月12日までになるので、
入会希望の方はお早めの手続きをお願いします。


春のG1パック、勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月31日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率113.8%


1月30日
東京11R 3連複990円
調教抜群鉄板軸馬ケツァルテナンゴが1着

1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着


春のG1レースパックの早割りを始めました。

フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と
地方交流G1レース数戦の配信になります。


2015年秋のG1レースの回収率は204.7%という、
好回収率だったので今年の春G1レースも好結果をだしてみせます。

早割りは1月31日から2月12日までになるので、
入会希望の方はお早めの手続きをお願いします。

今週は土曜日の東京11Rの低配当の1本のみの的中になりました。

シルクロードステークスは鉄板と言えるような軸馬がいなくて、
ネロとワキノブレイブが押しだされて軸候補ですと会員様に事前に伝えました。
金曜日の雨が日曜日まで残り少し緩い馬場だったので、
そういう馬場が得意なネロを軸馬にして軸候補のワキノブレイブも相手に入れて、
買い目を組んだがネロが見せ場も作れない大敗になってしまいました。

ワキノブレイブが11番人気の低評価を覆して3着にきたが、
ネロの内田騎手は何をしたかったのでしょうか?
今のままでは高松宮記念に出走できないので勝ちにいくのが使命なのに、
内田騎手は直線に向くまで手綱をまったく動かさない無抵抗でした。
前2走で騎乗していた戸崎騎手ならばこのような騎乗はしなかったでしょう。
戸崎騎手と内田騎手の現状の成績がでてしまうような結果になってしまいました。

根岸ステークスは鉄板軸馬モーニンが楽勝して、
好配当の立役者になったグレープブランデーは拾っていたが、
タールタンを軽視していたので紐抜けになってしまいました。
タールタンは直前調教を緩めていたのでデキは落ちていると判断したが、
好スタートから先行するルメールの神騎乗にやられてしまいました。

来週はクラシック登竜門のきさらぎ賞、
安田記念を目指すマイラーが揃った東京新聞杯です。

きさらぎ賞は今年のクラシック路線を占う重要な登竜門的なレースです。

再来週の共同通信杯でハートレー、スマートオーディンの2強対決が実現するが、
きさらぎ賞もサトノダイヤモンド、ロイカバードの5億円対決が行われます。

サトノダイヤモンド、ロイカバードの対決は新馬戦にもあり、
完成度の高さでサトノダイヤモンドが圧勝したが、
ロイカバードは未勝利、福寿草特別を連勝し昇り調子での再戦になります。

サトノダイヤモンドの前走の500万下はレース上りが34.6秒で、
サトノダイヤモンドの上り3Fは33.9秒で0.7秒も速く、
ロイカバードの福寿草特別のレース上りが34.8秒で、
ロイカバードの上り3Fは34.0秒で0.8秒も上回りました。
2頭ともまだ未完成の状態でこのような爆発力があるので、
クラシック路線に乗るのは確実です。

しかし、サトノダイヤモンド、ロイカバードの2強だけが注目されているが、
シクラメン賞でレース上りより0.9秒も速い33.1秒の上りを使って勝った、
2頭と同じディープインパクト産駒のレプランシュもいて、
先週の若駒ステークスを回避して出走するロワアブソリューもいるので、
8~9頭の少頭数になりそうだがアツイ戦いになるでしょう。

好素質馬が多いので中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京新聞杯は安田記念を目標にしているマイラーが揃いました。

東京新聞杯の次の古馬マイル重賞が4月3日のダービー卿なので、
多くのマイラーが登録してくると思っていたが、14頭の登録しかなくフルゲート割れになりました。

登録頭数は少ないがG1馬ダノンプラチナがいて、
実力馬トーセンスターダム、スマートレイアー、エキストラエンド、
4歳の上り馬ダッシングブレイズ、グランシルクが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。

注目馬はダッシングブレイズです。
シンザン記念で1番人気になるくらい2歳から素質を高く評価されていたが、
夏を休養してから本格化して1000万下から3連勝してオープン入りしました。
東京マイル戦が2戦2勝なので安田記念に出走したいはずだが、
今の賞金が3600万しかなく安田記念の前に賞金が半減される4歳なので、
東京新聞杯を勝って賞金を加算したいはずです。

ダッシングブレイズと同じ4歳のグランシルク、
オープン入りしたダイワリベラルも賞金が不足していて、
後先を考えずメイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

きさらぎ賞の有力馬の調教分析はサトノダイヤモンド、ジョルジュサンク、
ノガロ、レプランシュ、ロワアブソリューの5頭、
東京新聞杯の有力馬の調教分析はエキストラエンド、グランシルク、
スマートレイアー、ダイワリベラル、ダッシングブレイズ、トーセンスターダムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月31日の23時以降に確認して下さい。

きさらぎ賞、東京新聞杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月4日の18時になります。

きさらぎ賞の有力馬ロイカバード、
東京新聞杯の有力馬ダノンプラチナの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月24日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率114.5%


1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週の勝負レース重賞のシルクロードステークス、根岸ステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

シルクロードステークスで人気になる●●●
根岸ステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして、事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

根岸ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤサガス、グレープブランデー、
サクラエール、タールタン、モーニン、レーザーバレットの6頭、
シルクロードステークスの有力馬の調教分析はアースソニック、セカンドテーブル、
ダンスディレクター、ネロ、ビッグアーサー、ローレルベローチェの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

根岸ステークスの有力馬タガノトネール、
シルクロードステークスの有力馬サトノルパンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月24日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率114.5%


1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週はフェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークス、
高松宮記念のステップレースのシルクロードステークスです。

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要な前哨戦です。

昨年末の東京大賞典を勝ちダート王に君臨したサウンドトゥルー、
全盛期の力はないが確実に自分の能力を発揮するホッコータルマエは、
今日の川崎記念に出走して僅差でホッコータルマエが勝ったが、
サウンドトゥルーの次走の目標はかしわ記念で、
ホッコータルマエは未定だがドバイが目標なので、
フェブラリーステークスの回避が濃厚です。

フェブラリーステークスを連覇中のコパノリッキーは前2走の内容が悪く、
先週の東海ステークスを勝ったアスカノロマンは距離に不安があるので、
ノンコノユメが押しだされて1番人気になりそうだが、
休養明けのブッツケなのでフェブラリーステークスは混戦になるでしょう。

根岸ステークスで高いパフォーマンスをだせば、
有力候補になるのでどの馬もメイチの仕上げで出走してくるはずです。
確たる主役がいない一長一短のメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

シルクロードステークスは高松宮記念の重要なステップレースです。

昨年の高松宮記念で2着ハクサンムーンは全盛期の力がなくなり、
3着ミッキーアイルは善戦するが勝ち切れない競馬が続いていて、
昨年のスプリンターズステークスを制したストレイトガールは引退したので、
今のスプリント路線は群雄割拠で突出した馬がいません。

1200m戦が2戦2勝でスプリント適性が開花したサトノルパン、
勝ち切れない競馬が続いているがスプリント能力はG1級のビッグアーサー、
オープン特別を連勝して力をつけてきたネロといった、
G1実績がない新興勢力の5歳馬が覇権争いをするが、
3頭とも重賞の実績が少ないのに57k以上のハンデを背負います。

それに、サトノルパンは中間の調教パターンを替えていて、
ビッグアーサーは1月9日にフレグモーネを発症してしまい、
6日間も坂路に入れる事ができないトラブルがあったので、
デキが良い伏兵馬の台頭がありそうです。


ほとんどはここで賞金加算して一息入れてから本番に出走したいはずです。
メイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

根岸ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤサガス、グレープブランデー、
サクラエール、タールタン、モーニン、レーザーバレットの6頭、
シルクロードステークスの有力馬の調教分析はアースソニック、セカンドテーブル、
ダンスディレクター、ネロ、ビッグアーサー、ローレルベローチェの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月27日の23時以降に確認して下さい。

根岸ステークス、シルクロードステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日1月28日の18時になります。

根岸ステークスの有力馬タガノトネール、
シルクロードステークスの有力馬サトノルパンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月24日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率114.5%


1月24日
中京11R 勝負レース 東海ステークス 3連複1120円
調教抜群鉄板軸馬アスカノロマンが1着

1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週は東海ステークスの的中だけになってしまいスミマセン。
縦目が1鞍、紐抜けが2鞍あり相手筆頭の“激アツ馬”だった、
13番人気レイトライザーが結果をだし複勝1570円もついたのに、
外してしまうレースもありました。

東海ステークスは鉄板軸馬アスカノロマンが勝ち的中できたが、
人気通りの順当な低配当になってしまい残念な結果になってしまいました。

AJCCは鉄板軸馬スーパームーンが2着だったが、
3着のショウナンバッハを軽視していたので紐抜けになりました。
ショウナンバッハの前走のジャパンカップはヒドイ調教で、
今回は順調にやっていたので変わり身がありそうだったが、
追い込み脚質で他に買いたい馬がいたので切ってしまいました。

来週はフェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークス、
高松宮記念の重要なステップレースのシルクロードステークスです。

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要なステップレースです。

昨年末の東京大賞典を勝ち新ダート王に君臨したサウンドトゥルー、
全盛期の力はないが確実に自分の能力を発揮するホッコータルマエは、
1月27日の交流G1川崎記念に出走するが、
サウンドトゥルーはフェブラリーステークスをパスしてかしわ記念が目標で、
ホッコータルマエは未定だがドバイが目標なので、
フェブラリーステークスは回避が濃厚です。

フェブラリーステークスを連覇中のコパノリッキーは前2走の内容が悪く、
ノンコノユメが押しだされて1番人気になりそうだが、
休養明けのぶっつけなのでフェブラリーステークスは混戦になるでしょう。

根岸ステークスで高いパフォーマンスをだせば、
有力候補になるのでどの馬もメイチの仕上げで出走してくるはずです。
確たる主役がいない一長一短のメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

シルクロードステークスは高松宮記念の重要なステップレースです。

昨年の高松宮記念で2着ハクサンムーンは全盛期の力がなくなり、
3着ミッキーアイルは善戦するが勝ち切れない競馬が続き、
昨年のスプリンターズステークスを制したストレイトガールは引退したので、
今のスプリント路線は群雄割拠で突出した馬がいません。

1200m戦が2戦2勝でスプリント適性が開花したサトノルパン、
勝ち切れない競馬が続いているがスプリント能力がG1級のビッグアーサー、
OP特別を連勝して力をつけてきたネロといった、
G1実績がない新興勢力の5歳馬が覇権争いをするが、
サトノルパン、ビッグアーサーともに中間の調教に不満があるので、
デキが良い伏兵馬の台頭がありそうです。

ほとんどはここで賞金加算して一息入れてから本番に出走したいはずです。
メイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

根岸ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤサガス、グレープブランデー、
サクラエール、タールタン、モーニン、レーザーバレットの6頭、
シルクロードステークスの有力馬の調教分析はアースソニック、セカンドテーブル、
ダンスディレクター、ネロ、ビッグアーサー、ローレルベローチェの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月24日の23時以降に確認して下さい。

根岸ステークス、シルクロードステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月28日の18時になります。

根岸ステークスの有力馬タガノトネール、
シルクロードステークスの有力馬サトノルパンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月17日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率115.0%


1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週の勝負レース重賞の東海ステークス、AJCCの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

東海ステークスで人気になる●●●
AJCCで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。

そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

東海ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、インカンテーション、
ストロングサウザー、モンドクラッセ、ローマンレジェンドの5頭、
AJCCの有力馬の調教分析はショウナンマイティ、スズカデヴィアス、
スーパームーン、ディサイファ、マイネルフロスト、ライズトゥフェイムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

東海ステークスの有力馬ロワジャルダン、
AJCCの有力馬サトノラーゼンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月17日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率115.0%


1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週はフェブラリーステークスのステップレースの東海ステークス、
今年で57回目で歴史ある中距離重賞のAJCCです。

東海ステークスは1着馬にフェブラリーステークスの、
優先出走権が与えられる重要なステップレースです。

昨年末の東京大賞典を勝ち新ダート王に君臨したサウンドトゥルー、
全盛期の力はないが確実に自分の能力を発揮するホッコータルマエは、
1月27日の交流G1川崎記念に出走するので、
東海ステークスに超一流ダート馬はいないが、
骨折がなければG1を勝っていたかもしれないインカンテーション、
チャンピオンズカップで上位争いをした新興勢力のロワジャルダン、
まだ底を見せていないモンドクラッセが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

実績の最上位はインカンテーションだが帝王賞前に骨折して、
骨折は軽度ですぐに治ったがその後に爪を傷めて戻ってくるのが遅れて、
12月23日になってしまい調教の本数が少なく、
フェブラリーステークスが最大の目標なので万全のデキで出走しません。

ロワジャルダンも信頼できるほどの実績は残していなくて、
他馬にもつけ入る隙はありそうなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

AJCCは今年で57回目の歴史ある重賞だが、
先週の日経新春杯と同じでレベルが低いメンツになりました。

実力馬ショウナンマイティが復帰するが長期休養明けで70%くらいのデキで、
昨秋の2戦の成績が悪く成長力に疑問があるサトノラーゼン、
7歳でこれ以上の上がり目が期待できないディサイファ、
中山金杯で2着だったが決め手がないマイネルフロストが人気になるので、
低調なメンツだと言っていいでしょう。

昨年はゴールドシップが参戦して盛り上がったが、
今年は目玉になるような上り馬、フレッシュな馬がいないので、
デキ一つで着順が替わりそうです。

低調なメンツなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

東海ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、インカンテーション、
ストロングサウザー、モンドクラッセ、ローマンレジェンドの5頭、
AJCCの有力馬の調教分析はショウナンマイティ、スズカデヴィアス、
スーパームーン、ディサイファ、マイネルフロスト、ライズトゥフェイムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月20日の23時以降に確認して下さい。

東海ステークス、AJCCの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月21日の18時になります。

東海ステークスの有力馬ロワジャルダン、
AJCCの有力馬サトノラーゼンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月17日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率115.0%


1月17日
中山9R 3連複2450円
調教抜群鉄板軸馬クルーガーが1着
相手筆頭の“激アツ馬”エアアンセムが3着

1月16日
中山11R 3連複5330円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドペガサスが2着

1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”


今週は相手筆頭の“激アツ馬”が3頭も走ったが、
6戦2勝になってしまい大きな配当の的中がありませんでした。

愛知杯の鉄板軸馬はシュンドルボンだったが坂を上がり切った所で、
脚が止まってしまい8着になってしまいました。
人気を背負っていて外枠だったので大野騎手は早め早めに動いたが、
道中のペースが速かったのでゴール30m手前で脚が止まってしまいました。
1着バウンスシャッセ、2着リーサルウェポンは2頭とも消しだったので、
このレースを調教の良し悪しから的中させるのは難しかったです。

京成杯は事前公開の“激アツ馬”ケルフロイデが2着にきたが、
鉄板軸馬マイネルラフレシアが10着に大敗してしまいました。
スタート後にオンザロックスに体当たりされ位置取りが悪くなったが、
ペースが緩かったのに柴田大騎手はまったく抵抗しないで、
最初から最後まで10番手の位置取りで10着になってしまいました。
不利を受けて位置取りが悪くなってしまった事は仕方ないが、
レースに参加せず何もしないで終わらせた事に腹が立っています。

日経新春杯は鉄板軸馬プロモントーリオが6着になり縦目になりました。
4角入り口で内にいたシュヴァルグランと接触して外に振られたが、
大きな不利ではなく伸びそうで伸びなかったので、
まだ重賞を勝てるくらいの力がないのでしょう。

来週はフェブラリーステークスのステップレースの東海ステークス、
中距離重賞のAJCCです。

東海ステークスは1着馬にフェブラリーステークスの、
優先出走権が与えられる重要な前哨戦です。

昨年末の東京大賞典を勝ち新ダート王に君臨したサウンドトゥルー、
7歳になり全盛期の力はないが堅実に走るホッコータルマエは、
1月27日の交流G1川崎記念に出走するので、
東海ステークスに超一流ダート馬はいないが、
骨折がなければG1を勝っていたかもしれないインカンテーション、
チャンピオンズカップで上位争いに加わったロワジャルダン、
まだ底を見せていないモンドクラッセが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

実績の最上位はインカンテーションだが骨折明けで戻ってきたのが、
12月23日で調教の本数が少なくフェブラリーステークスが大目標なので、
他馬にもつけ入る隙はありそうです。

実績馬、上り馬が混在している難しいメンツなので、、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

AJCCは今週の日経新春杯と同じで低調なメンツになりました。

長期休養明けの実力馬ショウナンマイティが復帰するが、
昨秋の2戦の成績が悪く成長に疑問があるサトノラーゼン、
7歳でこれ以上の上がり目が期待できないディサイファ、
中山金杯で2着だったが決め手がないマイネルフロストくらいしか、
重賞実績がある馬がいません。

昨年はゴールドシップが参戦して盛り上がったが、
今年は目玉になるような上り馬、フレッシュな馬がいないので、
デキ一つで着順が替わりそうです。

低調なメンツなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

東海ステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、インカンテーション、
ストロングサウザー、モンドクラッセ、ローマンレジェンドの5頭、
AJCCの有力馬の調教分析はショウナンマイティ、スズカデヴィアス、
スーパームーン、ディサイファ、マイネルフロスト、ライズトゥフェイムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月17日の23時以降に確認して下さい。

東海ステークス、AJCCの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月21日の18時になります。

東海ステークスの有力馬ロワジャルダン、
AJCCの有力馬サトノラーゼンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月11日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率116.1%


1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”

12月26日
中山12R 3連複8880円
調教抜群鉄板軸馬ポトマックリバーが1着

今週の勝負レース重賞の愛知杯、京成杯、日経新春杯の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。

パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

愛知杯で人気になる●●●
京成杯で人気になる●●●
日経新春杯で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

愛知杯の有力馬の調教分析はアースライズ、オツウ、タガノエトワール、
ハピネスダンサー、マキシマムドパリ、レイヌドネージュの6頭、
京成杯の有力馬の調教分析はウムブルフ、ケルフロイデ、プランスシャルマン、
ブレイブスマッシュ、プロフェット、メートルダールの6頭、
日経新春杯の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、シュヴァルグラン、
ダコール、ベルーフ、レーヴミストラルの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

愛知杯の有力馬シュンドルボン
京成杯の有力馬マイネルラフレシア、
日経新春杯の有力馬サトノノブレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月11日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率116.1%


1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”

12月26日
中山12R 3連複8880円
調教抜群鉄板軸馬ポトマックリバーが1着

今週は牝馬限定ハンデ戦の愛知杯、
3歳牡馬クラシックを占う重要な前哨戦の京成杯、
中距離ハンデ戦の日経新春杯です。

愛知杯は一昨年まで12月の中京の2週目に行われていたが、
今年から1月の中京の1週目に開催時期が替わりました。

今年から古馬の牝馬路線が整備され昨年まで1月の最終週にあった、
京都牝馬ステークスが冬の京都開催の最終週の2月27日に移動して、
3月の3週目に中山牝馬ステークスがあり、
4月の3週目に福島で福島牝馬ステークスがあり、
月1で重賞が行われる事になり牝馬はローテーションが組みやすくなりました。

今年から開催時期が替わったが一筋縄でいかいないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京成杯は昨年と同じで低調なメンツになりました。

春のクラシック路線に挑む有力馬は1月の京成杯、
2月のきさらぎ賞、共同通信杯を使い一息入れてから、
弥生賞、スプリリングステークスを叩いて本番に向かうのが定番だったが
2014年の年末に高額賞金のホープフルステークスが新設され、
中2週で行われる同距離の京成杯の存在意義が薄くなってしまいました。

出走中で重賞を勝っているのはブレイブスマッシュだが、
ホープフルステークスで惨敗してしまい成長力に疑問があり、
オープン特別を勝っているマイネルラフレシアに圧倒するような強さがなく、
未勝利戦を圧勝したウムブルフは調教内容に不満があり、
メートルダールは展開待ちの追い込み脚質なので、
人気を集める馬すべて不安材料を抱えています。

今年はデキ一つで着順が替わるくらいので低調なメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経新春杯はオープン特別と間違えそうなくらい低調なメンツになりました。

1月24日にディサイファ、サトノラーゼンが出走するAJCCがあり、
中距離馬が分散してしまったが現4歳、5歳の中距離路線の層が薄い事が、
低調なメンツになった最大の要因です。

半姉がヴィルシーナのフレッシュな上り馬シュヴァルグランが出走するが、
伝統あるG2重賞とは言い難い寂しいメンツなので、
デキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。

愛知杯の有力馬の調教分析はアースライズ、オツウ、タガノエトワール、
ハピネスダンサー、マキシマムドパリ、レイヌドネージュの6頭、
京成杯の有力馬の調教分析はウムブルフ、ケルフロイデ、プランスシャルマン、
ブレイブスマッシュ、プロフェット、メートルダールの6頭、
日経新春杯の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、シュヴァルグラン、
ダコール、ベルーフ、レーヴミストラルの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月14日の23時以降に確認して下さい。

愛知杯の有力馬シュンドルボン
京成杯の有力馬マイネルラフレシア、
日経新春杯の有力馬サトノノブレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

愛知杯、京成杯、日経新春杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日15日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。


勝負レース重賞パックコースを受付中 申し込み

2013年の7月28日から今年の1月11日までの
29ヶ月間の勝負レースの成績 回収率116.1%


1月11日
京都11R 3連複3110円
調教抜群鉄板軸馬レッドアルヴィスが2着

1月10日
中山9R 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬シュペルミエールが2着

1月5日
中山11R 勝負レース 中山金杯 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬ヤマカツエースが1着

中山9R 3連複13890円
調教抜群鉄板軸馬トカイエントリーが3着

12月27日
中山10R 勝負レース 有馬記念 3連複20360円
調教抜群鉄板軸馬サウンズオブアースが2着
ゴールドシップ、アルバート、ラストインパクトは“完全消し”

12月26日
中山12R 3連複8880円
調教抜群鉄板軸馬ポトマックリバーが1着

1週間で4日間も開催があり調教分析が大変だったが、
4日間で万馬券の的中が1本あり紐抜けや縦目があったが4勝して、
回収率は122.5%で昨年末からの好調が継続している好結果になりました。

勝負レースのシンザン記念で悔しい外し方をしたが、
2016年の好スタートが切れたので今年も良い成績が残せそうです。

シンザン記念は超悔しい結果になりました。

会員様に事前公開していた“激アツ馬”ロジクライが内から抜けだして1着になり、
鉄板軸馬ジュエリーが届きそうにない位置から追い込んで2着に上がり、
アストラエンブレムが3着に上り的中のはずだったが、
買い目にないシゲルノコギリザメが3着に残ってしまい外してしまいました。

ラルク、レオナルド、レインボーラインなどの人気馬は“完全消し”で、
バッサリ切り捨てたのに紐抜けで外してしまったので痛恨の極みでした。

フェアリーステークスは鉄板と言えるような軸馬がいませんでした。
リセエンヌが押しだされて軸馬候補だったが、
調教が良かったのは直前だけで鉄板とは言えませんと、
事前に会員様に伝えていたが内で詰まる事がない6枠12番に入ったので、
リセエンヌを軸にして買い目を提供しました。

前走、2走前はスムーズにゲートをでたが今回は新馬戦と同じで、
出遅れてしまい4角手前から追いだし伸びそうな所で不利を受けてしまいました。
410k台の小柄な馬体なので体当たりされた時点で終わってしまったが、
スローペースで内を走った馬が上位を独占したので不利がなくても、
馬券圏内にくる事はなかったはずです。

来週は牝馬限定のハンデ戦の愛知杯、
3歳牡馬クラシックを占う重要な前哨戦の京成杯、
中距離ハンデ戦の日経新春杯です。

愛知杯は一昨年まで12月の中京の2週目に行われていたが、
今年から1月の中京の1週目に施行されるようになりました。

今年から古馬の牝馬路線が整備され昨年まで1月の最終週にあった、
マイル戦の京都牝馬ステークスが2月に移動して、
中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスは昨年までと同じで
3月、4月に行われるので月1で牝馬重賞が行われるようになりました。

今年から施行時期が替わったが今年も一筋縄でいかいないメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京成杯は昨年と同じで低レベルのメンツになりました。

春のクラシック路線に挑む有力馬は1月の京成杯、
2月のきさらぎ賞か共同通信杯を使い一息入れてから、
弥生賞、スプリリングステークスを叩いて本番に向かうのが定番だったが
2014年の年末から高額賞金のホープフルステークスが新設されたので、
同距離の京成杯の存在意義が薄くなってしまいました。

出走中で重賞を勝っているのはブレイブスマッシュだが、
ホープフルステークスで惨敗してしまい成長力に疑問があり、
オープン特別を勝っているマイネルラフレシアには圧倒するような強さがなく、
メートルダールは展開待ちの追い込みの脚質なので信頼できません。

今年はデキ一つで着順が替わるくらいので低調なメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経新春杯はオープン特別と間違えそうなくらい低調なメンツになりました。

1月24日にディサイファ、サトノラーゼンが出走するAJCCがあり、
中距離馬が分散してしまったが4歳、5歳の中距離路線の層が薄いので、
このような低調なメンツになってしまうのです。

上り馬のシュヴァルグランが出走するが
伝統あるG2重賞とは言い難い寂しいメンツなので、
デキの良し悪しをしっかりと見極めて勝負しましょう。

愛知杯の有力馬の調教分析はアースライズ、オツウ、タガノエトワール、
ハピネスダンサー、マキシマムドパリ、レイヌドネージュの6頭、
京成杯の有力馬の調教分析はウムブルフ、ケルフロイデ、プランスシャルマン、
ブレイブスマッシュ、プロフェット、メートルダールの6頭、
日経新春杯の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、シュヴァルグラン、
ダコール、ベルーフ、レーヴミストラルの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日1月11日の23時以降に確認して下さい。

愛知杯の出走馬の最終調教は13日だが、
京成杯、日経新春杯は14日になる可能性が高いので、
最終調教が13日ならば事前公開は14日にしますが、
もし14日ならば事前公開は15日になります。


愛知杯の有力馬シュンドルボン
京成杯の有力馬マイネルラフレシア、
日経新春杯の有力馬サトノノブレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

愛知杯、京成杯、日経新春杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月14日または15日の18時になります。


調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR