今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月26日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.3%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

今週の勝負レース重賞の青葉賞、春天皇賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

青葉賞で人気になる●●●
春天皇賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はヴェラヴァルスター、タンタアレグリア、
ティルナノーグ、ブラックバゴ、レーヴミストラルの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ウインバリアシオン、
キズナ、サウンズオブアース、フェイムゲーム、ラストインパクトの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

青葉賞の有力馬レッドライジェル、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

スポンサーサイト

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月26日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.3%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

今週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。
昨年は出走馬のレベルが高くなかったので、
権利を取った1着、2着馬はダービーで良い結果がでなかったが、
2年前の青葉賞の2着アポロソニックはダービーで3着、
3年前の1着フェノーメノはダービーで2着、
4年前の1着ウインバリアシオンもダービーで2着にきています。
皐月賞でドゥラメンテが規格外の衝撃的な勝ち方をしたので、
ここで権利を取っても伏兵馬の中の一頭になるが、
昔からダービーは運がある馬が勝つという格言があるように、
何が起こるか判らないので青葉賞の出走馬は後先を考えず、
メイチの仕上げをして権利を取りにくるでしょう。
今年は出走馬のレベルが低く能力差がないメンツなので、
中間の調教からデキが上がっている馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

春天皇賞は出否が未定だったゴールドシップが参戦を表明したので、
出走馬のレベルが高くなりアツイ戦いになりそうです。
昨年のメンツに4歳アドマイヤデウスとサウンズオブアースが加わっただけの、
新鮮味に欠ける出走馬だったのでゴールドシップの参戦は大きいです。

今日になって3連覇を懸けて出走予定のフェノーメノが、
最終調教後に右前脚の繋靭帯に張りがでて回避が発表されました。

某サイトでは1週前時点でフェノーメノは好内容だと書いていたが、
どこをどう見れば良いと言えるのか疑問がありました。
会員様には26日の時点でデキは悪いと伝えました。
1週前の動きが悪く昨年はレース1週前の日曜日に、
南Wトラックで時計をだしていたのに26日に馬場入りしなかったのです。
26日の時点ですでに右前脚に違和感があり時計がだせなかったのでしょう。

それに、1週前の調教映像を見れば一目瞭然でした。
手綱を押さなくてもだせる時計が、
1週前は手綱を押してだしていて動きは良くなかったのです。
某サイトは調教映像を見ないで時計だけで好内容としたのでしょう。

調教時計だけでデキの良し悪しがわかれば映像なんか必要ありません。
時計は同じでも馬なりでだす時計と手綱を押してだす時計は違うのです。

今年は去年と同じでキズナが1番人気になりそうだが、
大阪杯でラキシスに内から差されて負けてしまった事をどう見るかです。
道悪の適性の有無で負けてしまったのかもしれないが、
キズナが最速上りを使えず内から差された事は今までなかったのです。
レース後に武騎手がまだ完調でないのかもという、
コメントをだしていたがその言葉は本心なのでしょう。

キズナは中間の調教内容を見る限り、
前走から良くなった所がないので今年も危ないと見ています。
ゴールドシップも球節の内出血の影響がまだ残っているのか、
1週前の調教がピリッとしませんでした。

2強に付け入る隙がありデキさえ良ければ逆転できる馬がいるので、
中間の調教からデキが上昇している馬を見つけだして勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はヴェラヴァルスター、タンタアレグリア、
ティルナノーグ、ブラックバゴ、レーヴミストラルの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ウインバリアシオン、
キズナ、サウンズオブアース、フェイムゲーム、ラストインパクトの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月29日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬レッドライジェル、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日4月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月26日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.3%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

今週は的中レースがなくスミマセンでした。

福島牝馬ステークスは鉄板軸馬ブランネージュが先行策でなく、
外差しをしてしまい見せ場なく惨敗してしまいました。
フローラステークス、オークスのように先行馬の後ろにつけて、
内から差してくる競馬を狙っていたのに直線半ばで外にだし、
内からメイショウスザンナ、外からアルマディヴァンに挟まれ、
まともに追う事もできず最後は流れ込むだけになりました。
切れる脚がない馬なので外差しをやればこうなる事は判っていたはずなのに、
藤岡康騎手は何をしたかったのでしょうか?

マイラーズカップは鉄板軸馬フルーキーが5着になってしまいました。
残り2F地点でテイエムタイホーが内にヨレてしまい、
ブレーキをかけてしまい外にだしたのが痛かったです。
立て直して外にだす間に後ろにいたフィエロに内に入られてしまいました。
しかし、フルーキーが3着にきていてもレッドアリオンが消しだったので、
このレースを的中させる事は無理でした。

フローラステークスは鉄板軸馬ディアマイダーリンが2着だったが、
マキシマムドパリが消しだったので的中できませんでした。
マキシマムドパリは馬体重減の不安があり、
直前の調教を緩めていたが馬体重が18kも減りデキは良くなかったはずです。
このようなデキで3着にきたのは立派だが、
超スローペースで前がポッカリ開いた恩恵があったので、
馬体重を戻してオークスに出走しても厳しい競馬になるでしょう。

来週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞はダービーの重要なトライアルレースです。
昨年は青葉賞の出走馬のレベルが低く、
権利を取ってもダービーで良い結果がでなかったが、
2年前の青葉賞の2着アポロソニックはダービーで3着、
3年前の1着フェノーメノはダービーで2着、
4年前の1着ウインバリアシオンもダービーで2着にきています。
皐月賞でドゥラメンテが衝撃的な競馬で快勝したので、
ここで権利を取っても伏兵馬になるが何が起こるか判らないので、
青葉賞の出走馬は後先を考えずメイチの仕上げをしてくるでしょう。
今年は出走馬のレベルが低く能力差があまりないメンツなので、
中間の調教からデキが上がっている馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

春天皇賞は回避の予定だったゴールドシップが参戦を表明したので、
出走馬の質が高くなりアツイ戦いになりそうです。
昨年のメンツに4歳の上り馬アドマイヤデウスとサウンズオブアースが、
加わっただけの新鮮味に欠けるメンツだったのでゴールドシップの参戦は大きいです。

今年は去年と同じでキズナが1番人気になりそうだが、
大阪杯でラキシスに内から差されて負けてしまった事をどう見るかです。
道悪の得手不得手で負けてしまったのかもしれないが、
キズナが最速上りを使えず内から差された事は過去にないのです。
レース後に武騎手がまだ完調でないのかもと、
コメントをだしていたがその言葉は本当なのでしょう。
中間の調教内容を見る限り前走から良くなった所がないので、
今年も危ないと見ています。
ゴールドシップも球節の内出血の影響がまだ残っているのか、
1週前がピリッとしなかったのでキズナ、ゴールドシップの2強は、
昨年と同じで馬券圏内を外してしまう可能性があります。

2強に不安材料がありデキさえ良ければ逆転できる馬がいるので、
中間の調教からデキが上昇している馬を見つけだして勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はヴェラヴァルスター、タンタアレグリア、
ティルナノーグ、ブラックバゴ、レーヴミストラルの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、ウインバリアシオン、キズナ、
サウンズオブアース、フェイムゲーム、フェノーメノ、ラストインパクトの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月26日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬レッドライジェル、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月19日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率124.9%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率122.9%


今週の勝負レース重賞の福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

福島牝馬ステークスで人気になる●●●
マイラーズカップで人気になる●●●
フローラステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、ウエスタンメルシー、
ケイティーバローズ、スイートサルサ、パワースポットの5頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、
サンライズメジャー、ディアデラマドレ、フルーキーの4頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤピンク、ディアマイダーリン、
ナガラフラワー、マキシマムドパリ、リアンドジュエリーの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい

福島牝馬ステークスの有力馬ブランネージュ、
マイラーズカップの有力馬フィエロ、
フローラステークスの有力馬シングウィズジョイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月19日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率124.9%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率122.9%


今週は春のG1シリーズの谷間で、
ヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークストライアルのフローラステークスが行われます。

福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースです。
ヴィクトリアマイルはハープスターの回避は残念だが、
中山記念で牡馬を撃破したヌーヴォレコルト、
爆発力は牝馬屈指のディアデラマドレの出走が確定していて、
他にもカフェブリリアント、スマートレイアー、バウンスシャッセがいるので、
このレースを高いパフォーマンスで勝っても本番では伏兵馬になってしまいます。
今年はヴィクトリアマイルの出走の賞金ボーダーラインが高そうなので、
賞金不足の馬はここで1着になり出走権利を取るしかありません。
ほとんどが後先を考えずメイチの仕上げをしてくるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは安田記念の重要なステップレースです。
安田記念にはリアルインパクト、イスラボニータが出走予定で、
他にもミッキーアイル、フィエロ、ダノンシャークがいて、
今のままでは賞金不足だが覚醒したモーリスが加われば、
今年の安田記念は超豪華なメンツになります。
香港のグロリアスデイズ、ヘレンスピリットが予備登録しているが、
出走しても日本馬の層が厚いので勝ち負けできないでしょう。

マイラーズカップにダノンシャークが登録していたが、
4月19日の朝に挫石をしてしまい出走を回避しました。
調教重視の某サイトではダノンシャークは最高のデキと書いているが、
当会は19日の時点で不安ありだと19日のブログに掲載しました。
ダノンシャークは今までレース1週前の日曜日には、
必ず坂路に入って時計をだすのに19日に坂路に入らなかったので、
デキに疑問があると書いたが19日の朝に挫石をしたので、
坂路に入れなかったのは当然だったのです。

先日の大阪杯に出走予定だったイスラボニータも同じで、
レース1週前の日曜日に馬場入りをしていなかったので、
3月29日のブログでデキに疑問があると書いたが、
金曜日に左前球節を打撲していて馬場入りができなかった事が、
後から判明して出走を回避したのです。
某サイトではイスラボニータも1週前では最高のデキだと書いていたが、
1週前の時計を見ただけなのでそう書いたのでしょう。

以前から何度も言っていますが調教は時計だけではないのです。
時計は新聞や公式サイトを見れば速いとか遅いとか判るが調教は過程が重要なのです。
中間の調教過程を見ていれば今回のダノンシャーク、
大阪杯のイスラボニータにトラブルがあった事は事前に判るのです。

マイラーズカップに出走するフィエロはギリギリで賞金は足りているが
エキストラエンドでも賞金が微妙で、
グランデッツア、フルーキー今のままでは無理なので、
メイチの仕上げをして出走してくるでしょう。
叩き台の馬、後先を考えず出走する馬が混在しているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスのトライアルレースです。
桜花賞を勝ったレッツゴードンキはNHKマイルカップが濃厚なので、
オークスは桜花賞でスローペースに泣いたルージュバック、
2着クルミナルや3着コンテッサトゥーレ、
忘れな草賞を快勝したミッキークイーンが人気になりそうです。
ルージュバック、クルミナル、ミッキークイーンは強いが、
この3頭以降は混戦なのでフローラステークスに出走するほとんどは、
出走権利さえ取れればと色気を持っているでしょう。
権利を取るためメイチの仕上げをしてくる馬ばかりなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、ウエスタンメルシー、
ケイティーバローズ、スイートサルサ、パワースポットの5頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、グランデッツア、
サンライズメジャー、ディアデラマドレ、フルーキーの5頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤピンク、ディアマイダーリン、
ナガラフラワー、マキシマムドパリ、リアンドジュエリーの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月22日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬ブランネージュ、
マイラーズカップの有力馬フィエロ、
フローラステークスの有力馬シングウィズジョイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日4月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月19日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率124.9%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率122.9%


今週は紐抜けが2レース、縦目が3レースありカスッていたが、
的中レースがなくスミマセンでした。

アンタレスステークスは鉄板軸馬マルカプレジオが、
見せ場なく13着に大敗して縦目の結果になりました。
軸候補はマルカプレジオ、ナムラビクターの二択だったが、
ナムラビクターが3着になり裏目を引いてしまいました。
前半4Fが48.1秒で5F通過が60.1秒で、
差しが届いてもいい流れだったがマルカプレジオは後方のままで、
何もできずにズルズル流れ込んだだけになってしまいました。
この流れならば3角から動いて4角入り口で、
先行馬を射程圏に入れる位置取りができるのに何もできなかったので、
馬に走り気がなかったとしか敗因が浮かびません。

皐月賞は鉄板軸馬サトノクラウンが出遅れてしまい、
4角を回った所で同厩舎のドゥラメンテが外に大きくヨレて、
その影響を受けてしまい終わってしまいました。
不利を受けてしまったがスタートの出が悪かった事がすべてです。
ゲート練習はしていると厩舎がコメントをだしていたが、
歓声がない練習と大歓声の本番では違うのでもっと疑うべきでした。
縦目の結果になり的中できずスミマセンでした。

来週はG1シリーズの谷間で、
ヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークストライアルのフローラステークスです。

福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースです。
ヴィクトリアマイルには4歳G1馬のヌーヴォレコルト、ハープスター、
瞬発力は牝馬屈指のディアデラマドレが出走するので上位の層は厚く、
カフェブリリアント、スマートレイアー、バウンスシャッセもいるので、
このレースを高いパフォーマンスで勝っても本番では伏兵馬になってしまうでしょう。
今年はヴィクトリアマイルの出走ボーダーラインが高そうなので、
賞金不足の馬はこのレースで1着になり出走権利を取りたいはずです。
後先を考えずメイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは安田記念の重要なステップレースです。
今年の安田記念にはリアルインパクト、イスラボニータが出走予定で、
他にミッキーアイル、フィエロ、ダノンシャークがいて、
今のままでは賞金不足だが覚醒したモーリス、
4月26日の香港に出走するステファノスが加われば、
今年の安田記念は超豪華なメンツになります。
香港のグロリアスデイズ、ヘレンスピリットが予備登録しているが、
出走してきても日本馬の層が厚いので勝ち負けできないでしょう。
マイラーズカップに出走するダノンシャークは賞金は足りているが
エキストラエンドでも賞金が微妙でグランデッツア、フルーキー、
サンライズメジャーは今のままでは無理なので、
メイチの仕上げをして出走してくるでしょう。
明らかに叩き台の馬、後先を考えず出走する馬が混在しているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスのトライアルレースです。
桜花賞を勝ったレッツゴードンキはNHKマイルカップに行きそうなので、
オークスはスローペースに泣いたルージュバック、
桜花賞2着のクルミナル、3着のコンテッサトゥーレ、
忘れな草賞を快勝したミッキークイーンが人気になりそうです。
ルージュバック、クルミナル、ミッキークイーンは強いがこの3頭以降は混戦なので、
フローラステークスに出走するほとんどは色気を持っているでしょう。
オークスの出走権利を取るためにメイチの仕上げをしてくる馬ばかりなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアルマディヴァン、
ウエスタンメルシー、ケイティーバローズ、スイートサルサ、パワースポットの5頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、グランデッツア、
サンライズメジャー、ディアデラマドレ、フィエロ、フルーキーの6頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤピンク、ディアマイダーリン、
ナガラフラワー、マキシマムドパリ、リアンドジュエリーの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月19日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬ブランネージュ、
マイラーズカップの有力馬ダノンシャーク、
フローラステークスの有力馬シングウィズジョイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月23日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月12日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率126.1%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

2015年のトータル成績 回収率112.1%

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率172.0%


今週の勝負レース重賞のアンタレスステークス、皐月賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

アンタレスステークスで人気になる●●●
皐月賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、
クリノスターオー、ナムラビクター、マルカプレジオ、ローマンレジェンドの5頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はキタサンブラック、サトノクラウン、
ダノンプラチナ、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬アジアエクスプレス、
皐月賞の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月12日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率126.1%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

2015年のトータル成績 回収率112.1%

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率172.0%


今週はダート重賞のアンタレスステークス、
3歳牡馬クラシック第一弾の皐月賞です。

アンタレスステークスはダート一流馬の出走はないが、
ローマンレジェンド、ナムラビクター、ワイドバッハといった実績馬、
次世代のエース候補アジアエクスプレス、アスカノロマンの4歳馬が、
世代交代を懸けて激突するのでアツイ戦いになりそうです。
ダート馬の春の最大目標は6月24日の帝王賞なので、
アンタレスステークスを叩いてから直行するか、
5月23日の平安ステークスを使ってから本番に向かいます。
ローマンレジェンドは賞金が足りているので、
メイチの仕上げでてくる事はないがナムラビクターや、
賞金が半額になる4歳馬は今のままでは帝王賞に出走ができないので、
このレースの1着が必須条件でメイチの仕上げをしてくるはずです。
中間の調教からデキが上がっている馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

皐月賞は先週の桜花賞と同じで豪華なメンツになりました。
無敗馬はサトノクラウンとキタサンブラックの2頭しかいないが、
3着以内を外していない複勝率100%が4頭もいます。
前哨戦が始まる前までは今年のボーダーラインが高くて、
賞金1600万円でも出走が微妙だったが最終的に登録していれば、
900万下でも抽選で出走できるくらいボーダーラインが下がり、
今週に入りアダムスブリッジ、グァンチャーレがザ石で回避を表明したので、
フルゲート割れの15頭立てになってしまいました。

皐月賞の出走のため中1週で使った共同通信杯で2着に負けてしまった、
ドゥラメンテが出走できるようになった事が混戦に拍車をかけています。
当初は青葉賞で権利を取ってダービーの予定だったが、
出走可能になったので予定を変更したのが吉とでるか凶にでるか判りません。
皐月賞から中1週で青葉賞の出走は無理なので、
ここで4着以内に入らないとダービーの出走が不可能になります。
ドゥラメンテはメイチの仕上げをして皐月賞に出走するはずだが、
放牧から戻ってきたのが3月26日と遅れてしまい急に戻した感じがしています。
能力だけならばサトノクラウン、リアルスティールと同等だが、
ローテーションの狂いは大きなハンデだと見ています。

今年は出走馬のレベル、質がかなり高い混戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、
クリノスターオー、ナムラビクター、マルカプレジオ、ローマンレジェンドの5頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はキタサンブラック、サトノクラウン、
ダノンプラチナ、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月15日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬アジアエクスプレス、
皐月賞の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日4月16日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月12日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率126.1%


4月12日
中山10R 隅田川特別 3連複2400円
調教抜群鉄板軸馬サクラダムールが1着

4月11日
中山11R 勝負レース ニュージーランドトロフィー 3連複3340円
調教抜群鉄板軸馬グランシルクが2着
事前公開の“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”

4月11日
阪神11R 勝負レース 阪神牝馬ステークス 3連複9560円
調教抜群鉄板軸馬ウリウリが3着

4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

2015年のトータル成績 回収率112.1%

3月の勝負レース重賞の回収率118.6%
4月の勝負レース重賞の回収率172.0%


今週は桜花賞の紐抜けの外れが痛かったが、
6戦3勝で回収率170%で良い成績が残せました。

阪神牝馬ステークスは調教抜群の鉄板軸馬ウリウリが3着になり、
3連複9560円を的中させる事ができました。
ウリウリは想定以上に後ろの位置になりその位置で届くのか心配していたが、
前が開くと34.2秒の最速上りで追い込んできて3着に上がってくれました。
流れが落ち着いていたのでヒヤヒヤものだったが、
浜中騎手が馬の力を信じて最後まで外にださない好騎乗してくれました。
東京競馬場で好結果がでていないが今回のような競馬ができれば、
ヴィクトリアマイルでもチャンスはでてくるでしょう。

ニュージーランドトロフィーは軸馬グランシルクが大きく出遅れてしまい、
的中を諦めていたが大外から追い込んで2着にきて的中できました。
このレースには調教抜群で鉄板と言えるような馬はいませんと事前公開しました。
グランシルクも鉄板と言えるようなデキではなかったが大きなデキ落ちはなく、
前走くらい走れば勝ち負けになると見ていたので軸にしました。
今までにないような出遅れをしてしまったが、
やはりデキは良くなかったのかもしれません。
事前公開していた“危険な人気馬”ネオルミエールは“完全消し”にしたが、
道中の行きっぷりが悪くなんとか5着にきたが見せ場なく沈みました。
この競馬を見る限りやっぱりデキは悪かったのでしょう。
事前公開していた“激アツ馬”ナイトフォックスが4着だった事が残念だが、
“危険な人気馬”をバッサリ切って的中できたので良かったです。

桜花賞は鉄板軸馬レッツゴードンキが想定外の逃げをしたが、
岩田騎手がペースを上手く落としてまんまと逃げ切りました。
相手2頭目のクルミナルが外から追い込んできて2着に上り的中が目前だったが、
ノーマークだったコンテッサトゥーレが最内から3着に上り、
痛恨の紐抜けになってしまいました。
クイーズリングが3着に上がったように見えたがハナだけ届きませんでした。
超悔しい結果になってしまったが調教分析は正しく、
紙一重で外しただけなので来週の皐月賞で巻き返します。

来週はダート重賞のアンタレスステークス、
3歳牡馬クラシック第一弾の皐月賞です。

アンタレスステークスは超一流馬はいないが、
ローマンレジェンド、ナムラビクター、ワイドバッハといった実績馬、
アスカノロマン、アジアエクスプレスの4歳馬が激突するので、
新旧交代のアツイ戦いになりそうです。
ダート有力馬は6月24日の大井の帝王賞が春の最大目標なので、
アンタレスステークスを叩いてから直行するか、
5月23日の平安ステークスを使ってから本番に向かいます。
ローマンレジェンドは賞金が足りているので、
メイチの仕上げでてくる事はないが賞金が半額になる4歳や、
ナムラビクターは今のままでは帝王賞に出走ができないので、
後先考えずメイチの仕上げをしてくるはずです。
中間の調教からデキが上がっている馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

皐月賞は桜花賞と同じで近年にないくらいの豪華なメンツになりました。
無敗馬はサトノクラウンとキタサンブラックの2頭しかいないが、
3着以内を外していない複勝率100%が5頭もいます。
前哨戦が始まる前までは今年の出走ボーダーラインが高くて、
賞金1600万円でも微妙だったが最終的に登録していれば、
900万下でも抽選で出走できるくらいボーダーラインが下がり、
フルゲート割れの17頭立てになってしまいました。

皐月賞出走のため中1週で使った共同通信杯で2着に負けてしまった、
ドゥラメンテが出走できるようになった事が混戦に拍車をかけています。
東京競馬場が得意なので青葉賞で権利を取ってダービーの予定だったが、
出走が可能になったので予定を変更したのがどうでるかが問題です。
皐月賞から中1週で青葉賞の出走は無理でここで4着以内に入らないと、
ダービーの出走が不可能になのでドゥラメンテはメイチの仕上げをして、
皐月賞出走するはずだが放牧から戻ってきたのが、
3月26日と遅れてしまい急に戻した感じがしています。
能力だけならばサトノクラウン、リアルスティールと同等だが、
ローテーションの狂いは大きなハンデだと見ています。

今年は出走馬のレベルが高い所での混戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、
クリノスターオー、ナムラビクター、マルカプレジオ、ローマンレジェンドの5頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はキタサンブラック、サトノクラウン、
ダノンプラチナ、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月12日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬アジアエクスプレス、
皐月賞の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月16日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パックの受け付けを始めました。
フェブラリーステークスから宝塚記念のG1レース11戦と、
地方の指定交流G1を何鞍は配信するので12、13戦になります。

昨年の秋G1レースは11戦4勝で万馬券の的中が2本あり、
225.8%という高い回収率を叩きだしました。
今年の春G1レースも調教分析をしっかりして良い成績を残したいと思います。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

一昨年の7月28日から今年の4月5日までの
19ヶ月間の勝負レースの成績 回収率123.9%


4月5日
中山9R 千葉日報杯 3連複2590円
調教抜群鉄板軸馬コスモドームが2着

4月4日
阪神11R コーラルステークス 3連複1450円
調教抜群鉄板軸馬エアウルフが3着

3月29日
阪神11R 六甲ステークス 3連複2570円
調教抜群鉄板軸馬ヒストリカルが3着

3月22日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複2020円
調教抜群鉄板軸馬ゴールドシップが1着

3月21日
中山11R 勝負レース フラワーカップ 3連複14380円
調教抜群鉄板軸馬ディアマイダーリンが3着
事前公開の“激アツ馬”12番人気アースライズが2着

中京10R 熊野特別 3連複4180円
調教抜群鉄板軸馬ローハイドが3着
相手筆頭の“激アツ馬”9番人気サウンドメモリーが1着

2015年のトータル成績 回収率108.1%

今週の勝負レース重賞の阪神牝馬ステークス、ニュージーランドトロフィー、桜花賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

阪神牝馬ステークスで人気になる●●●
ニュージーランドトロフィーで人気になる●●●
桜花賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はウリウリ、
ホエールキャプチャ、メイショウマンボ、レッドリヴェールの4頭、
ニュージーランドトロフィーの有力馬の調教分析はアクティブミノル、
グランシルク、ネオルミエール、マテンロウハピネス、ヤングマンパワーの5頭、
桜花賞の有力馬の調教分析はアンドリエッテ、キャットコイン、
クイーンズリング、ルージュバック、レッツゴードンキの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアー、
ニュージーランドトロフィーの有力馬アルマワイオリ、
桜花賞の有力馬ココロノアイの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR