今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月30日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率127.0%


11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

今週の的中はありませんでした。
12人気の相手筆頭の“激アツ馬”が1着に走ったが、
縦目で外してしまうなどがあり結果がだせずスミマセンでした。

ジャパンカップは鉄板軸馬デニムアンドルビーが見せ場がない競馬をしてしまい、
的中させることができませんでした。
前半5F59.6秒、後半5F59.4秒で平均ペースだったが、
前日と違い内が伸びる馬場だったので内々を上手く立ち回った馬が上位を独占してしましました。
デニムアンドルビーは最後方の位置になってしまい、
大外から追い込んでくるがまったく弾けませんでした。
デキはピークに達していたはずなので、
もっと前に行って勝ちにこだわる競馬をして欲しかったです。

京阪杯は鉄板軸馬ワキノブレイブが6着で的中できませんでした。
逃げ先行馬が揃っていたがアンバルブライベンが前半3F34.7秒という、
未勝利戦のような逃げを打ったので超スローペースになってしまいました。
ローブティサージュがゲート入りを嫌がり先にゲートインしていた馬が、
かなり待たされてしまいリズムが狂った馬が多くでた事が、
このような超スローになった原因でしょう。

来週は久しぶりの中山での重賞ステイヤーズステークス、
有馬記念の最終便の金鯱賞、
ダート最強馬決定戦のチャンピオンズカップです。

ステイヤーズステークスはアルゼンチン共和国杯に出走したメンツに、
新興勢力のスズカデヴィアス、実力馬スカイディグニティ、
2年前の2着馬ファタモルガーナが加わりアツイ戦いになりそうです。
中山競馬場はスタンド工事と一緒に芝が改修されました。
芝の張替だけでなく路盤を入れ替えたので、
どのような芝になるのか現時点では不明です。
ステイヤーズステークスはタフな展開になりやすいが、
過去と馬場が違うので今年は上りが速い決着になる可能性が高いです。
今年はスタミナがあり速い時計にも対応できて、
デキが上昇している馬を見つけて勝負しましょう。

金鯱賞は有馬記念に出走したい実力馬が揃いました。
エアソミュールは距離が長いので有馬記念には出走しないが、
ウインバリアシオン、ラストインパクト、サトノノブレス、
ラブリーデイ、オーシャンブルーはここで好結果をだして、
中2週で有馬記念に出走したいはずです。
明らかに叩き台の馬、メイチで出走してくる馬、
目標がなく使ってきた馬が混在しているので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チャンピオンズカップはジャパンカップと同じで、
実力馬が揃い豪華なメンツになりました。
右回りだった阪神から左回りの中京に変更され、
左回りが主流の外国馬の参戦が多くあると思われていたが、
出走するのは米国のインペラティヴだけになってしまいました。
インペラティヴはG1勝ちはないが、1800mダートで1分49秒5の持ち時計があります。
時計が速くなっても対応できそうだが日本と米国のダート質がまったく違うので、
水が浮くような不良馬場にならないと厳しいでしょう。
日本馬は豪華なメンツが揃いました。
最近のダート戦線は6歳以上の高齢馬の天下だったが、
コパノリッキー、クリソライト、インカンテーション、
クリノスターオーといった4歳の新興勢力が現れ、
5歳にホッコータルマエ、6歳にローマンレジェンド、
8歳に堅実なワンダーアキュートがいます。
実績ではホッコータルマエ、ワンダーアキュートが上位だが、
コパノリッキー、クリソライト、インカンテーションは好調で、
勢いは4歳勢の方があるので世代交代が起きるかもしれません。
今週のジャパンカップと同じで有力馬が多いので、
デキ落ちの馬はバッサリ切り捨てて勝負しましょう。

ステイヤーズステークスの有力馬の調教分析はクリールカイザー、スカイディグニティ、
スズカデヴィアス、デスペラード、ネオブラックダイヤの5頭、
金鯱賞の有力馬の調教分析はウインバリアシオン、オーシャンブルー、
クランモンタナ、サトノノブレス、ラストインパクトの5頭、
チャンピオンズカップの有力馬の調教分析はクリソライト、コパノリッキー、
ナムラビクター、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド、ワンダーアキュートの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月30日の23時以降に確認して下さい。

ステイヤーズステークスの有力馬ホッコーブレーヴ、
金鯱賞の有力馬エアソミュール、
チャンピオンズカップの有力馬インカンテーションの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

ステイヤーズS、金鯱賞、チャンピオンズカップの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は12月3日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月24日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率128.5%


11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

今週の勝負レース重賞の京阪杯、ジャパンカップの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

京阪杯で人気になる●●●
ジャパンカップで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はエイシンライダー、
シュヴァルグラン、ティルナノーグ、フローレスダンサーの4頭、
京阪杯の有力馬の調教分析はエピセアローム、スマートオリオン、
ヘニーハウンド、ローブティサージュ、ワキノブレイブの5頭、
ジャパンカップの有力馬の調教分析はエピファネイア、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、
スピルバーグ、ハープスター、フェノーメノ、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京都2歳ステークスの有力馬ダノンメジャー、
京阪杯の有力馬レッドオーヴァル、
ジャパンカップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月24日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率128.5%


11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

今週は新設されたラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス、
今年の最後の1200m重賞の京阪杯、
過去に例がないほどの豪華メンツになったジャパンカップです。

京都2歳ステークスは今年から新設されました。
京都内回りの2000mの重賞は秋華賞しかなく、
特殊なコース設定で2歳重賞をやるのはどうなのでしょうか?
昨年まで年末に開催されていたラジオNIKKEI杯2歳ステークスも、
阪神2000mで内回りだったが冬の阪神は、
オーバーシードで脚元に負担が少ない馬場でした。
今の京都は洋芝は入っているが芝丈が短く高速時計がでてしまいます。
完成されていない秋の2歳に速い時計は負担になるので、
京都のそれも内回りでやるのは賛成できません。
決まったことは仕方ないが今年は8頭立てで、
ティルナノーグ、ダノンメジャー、エイシンライダー、
シュヴァルグランの4頭が抜けているので、
京都2歳ステークスで勝負する事はできません。
会員様への提供はしませんが有力馬の調教分析はするので、
京都2歳ステークスで勝負する会員様は参考にして下さい。


京阪杯は鉄板と言える軸が見当たらない難しいレースです。
レッドオーヴァルが人気になるが時計がかかる馬場が得意で、
速い時計がでる軽い馬場の京都で走るイメージが浮かびません。
デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ジャパンカップは3歳、4歳、5歳のG1が揃い豪華になりました。
トーセンジョーダン、外国馬を除くとG1馬が8頭いて、
ハープスター、ジェンティルドンナのどちらかが1番人気になり、
秋天皇賞で惨敗したフェノーメノが8番人気になりそうだが、
8番人気でも単勝は15倍~18倍ほどの混戦になります。
実績最上位はジェンティルドンナだが引退が間近で上昇度はなく、
決め手はジャスタウェイ、ハープスターが最上位だが、
2頭とも凱旋門賞からの参戦で見えない疲れがありそうです。
55kのイスラボニータ、ワンアンドオンリーの3歳牡馬が有利そうだが、
前走よりもう一段のデキの上昇度がなければ、
厳しい相手なので鉄板と決めつける事はできません。
1番人気から8番人気を占めるG1馬8頭すべてに弱点があるので、
今年はデキの良し悪しで決まるはずです。
中間の調教から各馬の上昇度をしっかり見極めて勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はエイシンライダー、
シュヴァルグラン、ティルナノーグ、フローレスダンサーの4頭、
京阪杯の有力馬の調教分析はエピセアローム、スマートオリオン、
ヘニーハウンド、ローブティサージュ、ワキノブレイブの5頭、
ジャパンカップの有力馬の調教分析はエピファネイア、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、
スピルバーグ、ハープスター、フェノーメノ、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月27日の23時以降に確認して下さい

京都2歳ステークスの有力馬ダノンメジャー、
京阪杯の有力馬レッドオーヴァル、
ジャパンカップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

京阪杯、ジャパンカップの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日11月28日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月24日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率128.5%


11月22日
京都10R 3連複2080円
調教抜群鉄板軸馬プリモンディアルが3着

11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

今週の的中は土曜日の京都10Rのみでした。
マイルチャンピオンシップを紐抜けで外し、
東京スポーツ杯2歳ステークスを縦目で外してしまいスミマセンでした。

マイルチャンピオンシップは鉄板軸馬フィエロが2着にきてくれたが、
グランデッツアが相手になく紐抜けになってしまいました。
“危険な人気馬”グランプリボス、デキ落ちのクラレントは“完全消し”で、
最後の1頭の候補に残ったのはデキは万全ではないが、
エキストラエンドとグランデッツアの2頭でした。
どちらを最後の1頭に入れるかかなり悩んだが、
直前が坂路だった事さえ目を瞑ればエキストラエンドの方がデキは良いので、
グランデッツアを切ってエキストラエンドを相手に入れました。
エキストラエンドは4角入口でダノンシャークの横にいて、
一緒に伸びてきそうな手応えがあったが、
ダノンシャークに1頭分しかないスペースに入られてしまい、
外にだすしかなく最後は伸びているが届かずの5着でした。
真っ直ぐ走っていれば3着にはきていた手応えだったので、
ダノンシャークに入られてしまい外にだすロスが痛かったです。
最後の1頭の取捨で裏目を引いて外してしまいスミマセンでした。

東京スポーツ杯2歳ステークスは鉄板軸馬グリュイエールが、
スタートからずっと引っ掛かってしまい、
最後まで折り合いを欠き9着に負けてしまいました。
事前公開していた“激アツ馬”ソールインパクトが3着にきて、
“危険な人気馬”ジャストドゥイングを“完全消し”にして10着に沈んだが、
肝心のグリュイエールもまともに競馬ができなかったので、
残念な結果になってしまいました。

来週は新設されたラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス、
今年の最後の1200m重賞の京阪杯、
過去に例がないほどの豪華メンツになったジャパンカップです。

京都2歳ステークスは今年から新設された重賞です。
京都内回りの2000mの重賞は秋華賞しかなく、
特殊なコース設定で2歳重賞をやるのはどうなのでしょうか?
昨年まで年末に施行されていたラジオNIKKEI杯2歳ステークスも、
阪神2000mで内回りだったが冬の阪神はオーバーシードで、
時計がかかる馬場なので2歳馬に負担は少なかったが、
京都は洋芝が入っているが芝丈が短く高速時計がでてしまいます。
まだ完成されていない秋の2歳馬に速い時計は負担になるので、
京都のそれも内回りでやるのは賛成できません。
決まったことは仕方ないが今年は6頭立てになりそうで、
ティルナノーグ、ダノンメジャー、シュヴァルグラン、
エイシンライダーの4頭が抜けているので、
京都2歳ステークスで勝負する事はできません。
会員様への提供はしませんが有力馬の調教分析はするので、
勝負する会員様は参考にして下さい。


京阪杯は鉄板と言える軸が見当たらないので難しいレースです。
レッドオーヴァルが人気になりそうだが時計がかかる馬場が得意で、
速い時計がでる軽い馬場の京都で走るイメージがまったく浮かびません。
デキ一つで着順が大きく替わりそうなメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ジャパンカップは3歳、4歳、5歳のG1が揃い超豪華になりました。
トーセンジョーダンを除くとG1馬が8頭いて、
ハープスター、ジェンティルドンナのどちらかが1番人気になり、
エピファネイア、フェノーメノのどちらかが8番人気になるが、
8番人気でも単勝は15倍~18倍になるほど混戦になりそうです。
実績最上位はジェンティルドンナだが引退が間近で上り目がなく、
決め手はジャスタウェイ、ハープスターが最上位だが、
2頭とも凱旋門賞からの参戦で見えない疲れに不安があります。
イスラボニータ、ワンアンドオンリーの3歳牡馬が有利そうだが、
前走よりもう一段のデキの上昇がなければ、
厳しい相手なので鉄板と決めつける事はできません。
1番人気から8番人気を占めるG1馬8頭すべてに欠点があるので、
今年はデキの良し悪しで決まるはずです。
中間の調教から各馬の上昇度をしっかり見極めて勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はエイシンライダー、
シュヴァルグラン、ティルナノーグ、フローレスダンサーの4頭、
京阪杯の有力馬の調教分析はエピセアローム、スマートオリオン、
ヘニーハウンド、ローブティサージュ、ワキノブレイブの5頭、
ジャパンカップの有力馬の調教分析はエピファネイア、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ、
スピルバーグ、ハープスター、フェノーメノ、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月24日の23時以降に確認して下さい。

京都2歳ステークスの有力馬ダノンメジャー、
京阪杯の有力馬レッドオーヴァル、
ジャパンカップの有力馬イスラボニータの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

京阪杯、ジャパンカップの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は11月27日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月16日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率130.1%


11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

今週の勝負レース重賞のマイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

3日間開催の3日目の月曜日はサービスで無料の配信になります。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

マイルチャンピオンシップで人気になる●●●
東京スポーツ杯2歳ステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クラレント、
グランプリボス、ダノンシャーク、トーセンラー、フィエロ、ワールドエースの7頭、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアヴニールマルシェ、クラージュシチー、
ストリートキャップ、スワーヴジョージ、マイネルシュバリエの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

マイルチャンピオンシップの有力馬ミッキーアイル、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ジャストドゥイングの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月16日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率130.1%


11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

今週は日曜日に秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップ、
月曜日にハイレベルのメンツになった東京スポーツ杯2歳ステークスが行われます。
3日間開催の3日目の月曜日はサービスで無料の配信になります。

マイルチャンピオンシップは昨年も人気が割れる混戦だったが、
今年も鉄板と言いえる確固たる馬がいなくて昨年より難しいです。
毎日王冠を勝ったエアソミュールが金鯱賞に回り、
富士ステークスで古馬を撃破したステファノスも回避してしまい、
前哨戦から予定通りに出走してきたのはミッキーアイルだが、
そのミッキーアイルは12日に放馬してしまい順調さを欠いています。
今年はミッキーアイルと昨年の覇者トーセンラーが人気になります。
ミッキーアイルの前哨戦のスワンステークスは、
初めての古馬対戦で57kだったが自分の競馬をして逃げ切りました。
スワンステークスは前半3Fが35.1秒、後半3Fが33.9秒なのに、
残り2Fから1Fのラップが0.7秒も落ちているので、
ミッキーアイル以外の差し馬が走らなかっただけです。
昨年の覇者トーセンラーは昨年と同じで京都大賞典を叩いてからになるが、
不良馬場の安田記念を除く京都記念、京都大賞典の弾け方に不満があり、
年齢のせいなのか追ってからの伸びが悪くなっています。
人気のミッキーアイル、トーセンラーに不安材料が多く横一線なので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスは評判が高い2歳牡馬が揃いました。
11月29日の京都2歳ステークスにティルナノーグ、エイシンライダー、
ダノンメジャーの全勝馬の激突に注目が集まるが、
東京スポーツ杯2歳ステークスもアヴニールマルシェ、クラージュシチー、
グリュイエール、ジャストドゥイング、ストリートキャップ、
スワーヴジョージ、マイネルシュバリエが激突するのでアツイ戦いになります。
ここで結果をだせば来年のクラシックが見えてくるので、
どの馬もメイチの仕上げで出走してくるでしょう。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけで勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クラレント、
グランプリボス、ダノンシャーク、トーセンラー、フィエロ、ワールドエースの7頭、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアヴニールマルシェ、クラージュシチー、
ストリートキャップ、スワーヴジョージ、マイネルシュバリエの5頭、です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月19日の23時以降に確認して下さい。

マイルチャンピオンシップの有力馬ミッキーアイル、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ジャストドゥイングの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

マイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月16日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率130.1%


11月16日
京都11R 勝負レース エリザベス女王杯 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが1着

11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

今週の的中は勝負レースのエリザベス女王杯のみでした。
紐抜けが3レースもあり情けない配信をしてしまいスミマセンでした。

武蔵野ステークスは鉄板軸馬レッドアルヴィスが、
想定していなかった2番手から先行してしまい馬群に沈んでしまいました。
走れるデキになっていたのになぜハイペースを2番手から追走したのでしょうか?
エアハリファのように前を見ながら競馬をして欲しかったです。

デイリー杯2歳ステークスは鉄板軸馬ナヴィオンが3着だったが、
タガノエスプレッソが消しだったので紐抜けになりました。
普段と違い相手点数を減らしてしまったのが裏目にでてしまいました。
少頭数で1頭は人気馬を消す必要がありタガノエスプレッソを切ってしまったが、
順当な結果だったのでこの紐抜けは諦めるしかありません

福島記念は軸アロマカフェが見せ場もなく6着に負けてしまいました。
流れが遅かったのに後方まで下げて末脚勝負にでた和田騎手のミスです。
13番人気フラアンジェリコのデキの良さは見抜いていたが、
残念な結果になってしまいました。

エリザベス女王杯は鉄板軸馬ラキシスが勝ち的中できました。
しかし、会員様に事前公開していた“激アツ馬”フーラブライドが、
最後に差されてアタマ差で4着に負けてしまったので、
的中はできたがスッキリしません。
ラキシスは最内枠に入ったので3、4番手に先行すると想定していたが、
7番手からになってしまいました。
ヌーヴォレコルトに取りたかった所に入られたので、
その位置取りになってしまったがいい目標が前にいて、
道中はレースはしやすかったはずです。
もしラキシスとヌーヴォレコルトの位置が逆だったら、
ラキシスは後続馬に差されていたはずなので、
結果的に7番手の後方で脚をためたのが正解だったのでしょう。
今回も重賞未勝利馬がG1馬になったが、
今年の秋G1はこれがトレンドなのでしょうか?
3歳戦ならばこういう事が起こっても驚けないが、
古馬のG1でもここまで続いてしまうのは異常です。
今年の秋G1は格よりデキの良し悪しを見極めるのが良さそうです。

来週は日曜日に秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップ、
月曜日に来年のクラッシックで活躍ができる有力馬が揃った、
東京スポーツ杯2歳ステークスが行われます。
3日目の月曜日はサービスで無料の配信になります。

マイルチャンピオンシップは昨年も人気が割れる混戦だったが、
今年もこの馬で鉄板と言い切れる馬がいなくて昨年より難しいです。
毎日王冠を勝ったエアソミュール、
富士ステークスで古馬を撃破したステファノスが回避してしまい、
前哨戦から予定通りに出走してきたのはミッキーアイルだが、
そのミッキーアイルは12日に放馬してしまい、
いまだに時計をだしていないので更に難易度が増してしまいました。
今年はミッキーアイルと昨年の覇者トーセンラーが人気になりそうです。
ミッキーアイルの前哨戦のスワンステークスは、
初めての古馬対戦で57kだったが自分の競馬をして逃げ切りました。
スワンステークスは最初の1Fだけ12.4秒で他はすべて11秒台だったが、
前半3Fは35.1秒、4Fは46.4秒でそれほど速い流れではなく、
ミッキーアイル向きのレースで能力の高さで勝ったとは言えません。
昨年の覇者トーセンラーは昨年と同じで京都大賞典を叩いて出走するが、
不良馬場の安田記念を除く京都記念、京都大賞典の弾け方に不満があり、
年齢のせいなのか追ってからの伸びが悪くなっています。
人気のミッキーアイル、トーセンラーに不安材料が多く横一線なので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスは評判が高い2歳牡馬が揃いました。
11月29日の京都2歳ステークスにティルナノーグ、エイシンライダー、
ダノンメジャーの2戦2勝の無敗馬の激突に注目が集まるが、
東京スポーツ杯2歳ステークスもアヴニールマルシェ、ジャストドゥイング、
クラージュシチー、ストリートキャップ、スワーヴジョージ、
マイネルシュバリエ、サトノクラウンが激突するのでアツイ戦いになります。
ここで結果をだせば来年のクラシック路線でも活躍できるので、
どの馬もメイチの仕上げで出走してくるでしょう。
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけで勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はエキストラエンド、クラレント、
グランプリボス、ダノンシャーク、トーセンラー、フィエロ、ワールドエースの7頭、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアヴニールマルシェ、クラージュシチー、
ストリートキャップ、スワーヴジョージ、マイネルシュバリエの5頭、です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月16日の23時以降に確認して下さい。

マイルチャンピオンシップの有力馬ミッキーアイル、
東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ジャストドゥイングの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

マイルチャンピオンシップ、東京スポーツ杯2歳ステークスの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月9日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率131.8%


11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

10月19日
京都11R 勝負レース 秋華賞 3連複1940円
調教抜群鉄板軸馬ヌーヴォレコルトが2着
事前公開の“危険な人気馬”レーヴデトワールは“完全消し”

東京10R 3連複1360円
調教抜群鉄板軸馬リキサンステルスが1着

今週の勝負レース重賞の武蔵野S、デイリー杯2歳S、福島記念、エリザベス女王杯の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

武蔵野ステークスで人気になる●●●
デイリー杯2歳テークスで人気になる●●●
福島記念で人気になる●●●
エリザベス女王杯で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤロイヤル、
エアハリファ、キョウワダッフィー、ゴールスキー、ワイドバッハの5頭、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアルマワイオリ、
グレイスフルワード、ケツァルテナンゴ、ナヴィオンの4頭、
福島記念の有力馬の調教分析はアロマカフェ、ウインマーレライ、
ダイワファルコン、ナカヤマナイト、ムーンリットレイクの5頭、
エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はアロマティコ、ヴィルシーナ、スマートレイアー、
ディアデラマドレ、ヌーヴォレコルト、メイショウマンボ、ラキシスの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

武蔵野ステークスの有力馬レッドアルヴィス、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬アッシュゴールド、
福島記念の有力馬メイショウナルト、
エリザベス女王杯の有力馬ショウナンパンドラの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月9日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率131.8%


11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

10月19日
京都11R 勝負レース 秋華賞 3連複1940円
調教抜群鉄板軸馬ヌーヴォレコルトが2着
事前公開の“危険な人気馬”レーヴデトワールは“完全消し”

東京10R 3連複1360円
調教抜群鉄板軸馬リキサンステルスが1着

今週はチャンピオンズカップの前哨戦の武蔵野ステークス、
朝日杯FSのステップレースのデイリー杯2歳ステークス、
福島でハンデ重賞の福島記念、
牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。
先週に続き今週も重賞が4レースもあるので大変だが、
4レースあるのは最後なので手抜きしないで有力馬の調教分析をします。

武蔵野ステークスは12月7日のチャンピオンズカップの前哨戦だが、
実力馬が少なくステップレースとは思えない弱メンツになりました。
昨年はベルシャザールがこのレースを制して勢いに乗って、
ジャパンカップダートも勝ち最優秀ダート馬になったが、
今年はここを勝っても本番で楽しめる馬が見当たりません。
休み明けの3歳レッドアルヴィスがここを叩いて次に良くなりそうだが、
超一流との対戦がなくムラがあるので本番では苦しむでしょう。
オープン特別に毛が生えたくらいの弱メンツになったので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは12月21日の朝日杯FSのステップレースです。
来年のクラシックを目指す馬は24日の東京スポーツ杯2歳ステークス、
29日の京都2歳ステークスに出走するので、
デイリー杯の出走馬のレベルは高くないがアツイ戦いになるでしょう。
頭数が多くならないのでデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島記念はローカルハンデ重賞です。
11月22日に同じ中距離戦のオープン特別アンドロメダステークスがあり、
12月1日に中京で金鯱賞、12月2週目にチャレンジカップがあるので、
出走馬が少なくなると思っていたが登録馬が27頭もいました。
本命視できる馬が不在でデキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯は豪華なメンツになりました。
当初はヌーヴォレコルトはジャパンカップの予定だったが、
オーナーからの強い要望でエリザベス女王杯に変更され、
昨年の女王メイショウマンボとの新旧の女傑対決が実現しました。
秋華賞でヌーヴォレコルトを負かしたショウナンパンドラ、
決め脚が強烈なディアデラマドレ、スマートレイアー、
牡馬相手で好走しているラキシス、ヴィルシーナもいるので
相手を絞るのに苦労するかなり難解なレースです。
デキが上昇している馬、下降している馬を中間の調教から見極め、
人気でもデキ落ちは切り捨て相手を絞って勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤロイヤル、
エアハリファ、キョウワダッフィー、ゴールスキー、ワイドバッハの5頭、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアルマワイオリ、
グレイスフルワード、ケツァルテナンゴ、ナヴィオンの4頭、
福島記念の有力馬の調教分析はアロマカフェ、ウインマーレライ、
ダイワファルコン、ナカヤマナイト、ムーンリットレイクの5頭、
エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はアロマティコ、ヴィルシーナ、スマートレイアー、
ディアデラマドレ、ヌーヴォレコルト、メイショウマンボ、ラキシスの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月12日の23時以降に確認して下さい。

武蔵野ステークスの有力馬レッドアルヴィス、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬アッシュゴールド、
福島記念の有力馬メイショウナルト、
エリザベス女王杯の有力馬ショウナンパンドラの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

武蔵野S、デイリー杯2歳S、福島記念、エリザベス女王杯の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月13日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1パックを始めました。

昨年の秋G1は好調で秋華賞の50030円の的中があり
マイルチャンピオンシップ、JBCなどを的中させ好回収率をだしました。
今年の秋G1も好メンツが揃いかなり盛り上がるので、
昨年と同じように好配当が取れるよう調教分析をしていきます。

提供は10月5日のスプリンターズステークスから、
12月28日の有馬記念までの11戦と、
12月29日の大井の東京大賞典の予定ですが、
配当妙味がない交流G1は提供しないかもしれません。
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

重賞パックの半年コース、1年コースがお得です。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

秋のG1レースパック、重賞レースパック受付中  申し込み

昨年の7月28日から今年の11月9日までの
14ヶ月間の勝負レースの成績 回収率131.8%


11月9日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3310円
調教抜群鉄板軸馬クリールカイザーが2着
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードは“完全消し”

11月8日
東京11R 勝負レース 京王杯2歳ステークス 3連複9620円
調教抜群鉄板軸馬サフィロスが2着
事前公開の“激アツ馬”11番人気セカンドテーブルが1着

11月3日
盛岡10R 勝負レース JBCクラシック 3連複430円
調教抜群鉄板軸馬ワンダーアキュートが3着

11月2日
京都10R 3連複1650円
調教抜群鉄板軸馬ベルルミエールが1着

11月1日
京都11R 勝負レース スワンステークス 3連複1520円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが3着

10月19日
京都11R 勝負レース 秋華賞 3連複1940円
調教抜群鉄板軸馬ヌーヴォレコルトが2着
事前公開の“危険な人気馬”レーヴデトワールは“完全消し”

東京10R 3連複1360円
調教抜群鉄板軸馬リキサンステルスが1着

今週は勝負レースの京王杯2歳ステークス、
アルゼンチン共和国杯の2レースの的中があったが、
ファンタジーステークス、みやこステークスを相手抜けで外してしまいました。

京王杯2歳ステークスは鉄板軸馬サフィロスが2着に差してきて、
事前公開していた“激アツ馬”11番人気のセカンドテーブルが、
ハナを切ってそのまま押し切って1着になり好配当が的中できました。
サフィロスは想定していた位置より後方になってしまったので、
これで大丈夫なのかと心配していたが坂の途中から伸びてきて、
セカンドテーブルを追い詰め2着に上がってくれました。
セカンドテーブルは事前公開していた“激アツ馬”だったが、
ハナを切って押し切る事は想定していませんでした。
デキがかなり良かったので戸崎騎手がハナに行かせたのだろうが、
最後まで脚色が鈍らない強い競馬をしました。
距離が伸びて良いタイプではないので朝日杯では厳しいだろうが、
短い距離ならば3歳以降でも活躍できるでしょう。

ファンタジーステークスは鉄板軸馬ダノングラシアスが2着だったが、
クールホタルビが狙えず紐抜けになってしまいました。
クールホタルビはフェニックス賞でレオパルディナと接戦していて、
能力は通用するものがあったが今回は調教が悪くて相手に入れる事はできませんでした。

アルゼンチン共和国杯は鉄板軸馬クリールカイザーが2着になり、
的中はできたが事前公開していた“激アツ馬”アドマイヤケルソが、
スーパームーンを交わせずハナ差負けの4着だったので、
的中できたが手放しでは喜べない的中でした。
デキ落ちのラブリーデイ、デスペラードを“完全消し”にしたのは正解で、
ゴールを少し超えた所では“激アツ馬”アドマイヤケルソが、
前にでていたので悔しさが倍増してしまいました。

みやこステークスは鉄板軸馬インカンテーションが1着だったが、
2着ランウェイワルツが抜けてしまい的中できませんでした。
ランウェイワルツは2走前にインカンテーションと接戦していたので、
相手に入れても良い馬だったが直前の調教が悪かったので消してしまいました。

来週はチャンピオンズカップの前哨戦の武蔵野ステークス、
朝日杯FSのステップレースのデイリー杯2歳ステークス、
ローカルハンデ重賞の福島記念、
牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。
今週に続き来週も重賞が4レースもあるので大変だが。
4レースあるのは最後なので手抜きはしないで有力馬の調教分析をします。

武蔵野ステークスは12月7日のチャンピオンズカップの前哨戦だが、
今年は実力馬が少なくステップレースとは思えない弱メンツになりました。
昨年はベルシャザールがこのレースを制して勢いに乗って、
ジャパンカップダートも勝ったが今年はここを勝っても、
本番で楽しめる有力馬が見当たりません。
休み明けの3歳レッドアルヴィスがここを叩いて次に良くなりそうだが、
超一流との対戦がなくてムラがあるので本番はかなり苦しむでしょう。
オープン特別に毛が生えたくらいの弱メンツになったので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは12月21日の朝日杯FSのステップレースです。
来年のクラシックを目指す馬は24日の東京スポーツ杯2歳ステークス、
29日の京都2歳ステークスに出走するので、
出走馬のレベルは高くないがアツイ戦いになるでしょう。
頭数が多くならないのでデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島記念はローカルハンデ重賞です。
11月22日に同じ中距離のオープン特別アンドロメダステークスがあり、
12月1日に中京で金鯱賞、12月2週目にチャレンジカップがあるので、
出走馬が少なくなると思っていたが登録馬が27頭もいました。
本命視できる馬が不在でデキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯は豪華なメンツになりました。
当初はヌーヴォレコルトはジャパンカップの予定だったが、
オーナーサイドからの要望でエリザベス女王杯に変更され、
昨年の女王メイショウマンボとの新旧の女傑対決が実現しました。
秋華賞を勝ったショウナンパンドラ、決め脚が強烈なディアデラマドレ、スマートレイアー、
牡馬相手で好走しているラキシス、ヴィルシーナもいるので
相手を絞るのに苦労するかなり難解なレースになりました。
デキが上昇している馬、下降している馬を中間の調教から見極め、
人気でもいらない馬は切り捨て相手を絞って勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はアドマイヤロイヤル、
エアハリファ、キョウワダッフィー、ゴールスキー、ワイドバッハの5頭、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアルマワイオリ、
グレイスフルワード、ケツァルテナンゴ、ナヴィオンの4頭、
福島記念の有力馬の調教分析はアロマカフェ、ウインマーレライ、
ダイワファルコン、ナカヤマナイト、ムーンリットレイクの5頭、
エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はアロマティコ、ヴィルシーナ、スマートレイアー、
ディアデラマドレ、ヌーヴォレコルト、メイショウマンボ、ラキシスの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日11月9日の23時以降に確認して下さい。

武蔵野ステークスの有力馬レッドアルヴィス、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬アッシュゴールド、
福島記念の有力馬メイショウナルト、
エリザベス女王杯の有力馬ショウナンパンドラの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

武蔵野S、デイリー杯2歳S、福島記念、エリザベス女王杯の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は11月13日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR