今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月27日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
102戦30勝 回収率180.5%

2014年の成績 回収率100.0%


今週はダービートライアルの青葉賞、最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞は去年と同じで低レベルのメンツになりました。
去年は重賞、オープン勝ちがいなくて1勝馬が5頭いたが、
今年も抽選で10頭中で8頭の1勝馬が出走でき、
重賞勝ちがあるのはマイネルフロストしかいません。
底を見せていないラングレー、ワールドインパクトといった、
ディープ産駒がいるが強い相手と戦っていないので抜きんでた存在ではないと見ています。
実力が拮抗した一長一短のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

春天皇賞は豪華なメンツになりました。
エピファネイアが出走しない事が残念だが、
現在の長距離実績馬が揃ったのでアツイ戦いになります。
注目馬は強力な長距離馬との対戦が初めてになるキズナです。
ジャスタウェイと同じ現役屈指の強烈な末脚があるが、
春天皇賞は鋭い末脚が不要なのでキズナに合っている舞台ではありません。
1992年の春天皇賞でメジロマックイーンと人気を2分した、
トウカイテイオーと同じような感じがしています。
帝王メジロマックイーンと新王者トウカイテイオーどちらが強いのか、
1ヶ月以上前から競馬ファンの意見が飛び交っていたが、
結果はメジロマックイーンの圧勝でした。
トウカイテイオーは芝2500m以上の長距離の出走がなく、
あっさり5着に負けてしまったがキズナも同じで出走経験がありません。
先週の京都はかなりの高速馬場で追い込みが決まったのは、
27日の京都12Rのマイル戦だけでした。
そのレースは流れが遅くスローだったのでタツストロングの差しが決まったが、
最近の春天皇賞はスローにはならないので、
よほどの速い流れにならない限りキズナの追い込みは決まらないでしょう。
ゴールドシップも路盤が固い京都は苦手で、
ウインバリアシオンは岩田騎手が乗れない事がかなりの痛手で、
フェノーメノは中間の調教を見る限り昨年のデキに戻っていないので、
現時点で人気馬の中で信用できる馬は1頭もいません。
最近の春天皇賞は大きく荒れていて今年の人気馬は信用できないので、
実績は気にしないで中間の調教からデキの良い馬を見つけて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はシャンパーニュ、ピオネロ、
マイネルフロスト、ヤマノウィザード、ワールドインパクトの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、
ウインバリアシオン、キズナ、デスペラード、フェノーメノの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月30日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬ラングレーの調教分析、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への、
事前公開は明日5月1日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月27日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
102戦30勝 回収率180.5%

2014年の成績 回収率100.0%


4月27日
京都11R 勝負レース マイラーズカップ 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬フィエロが2着

4月19日
福島12R 医王寺特別 3連複7650円
調教抜群鉄板軸馬がブライトチェリーが1着

4月13日
阪神11R 勝負レース 桜花賞 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬ハープスターが1着

4月6日
阪神9R 鳴門ステークス 3連複11300円
調教抜群鉄板軸馬フミノファルコンが1着
“危険な人気馬”シゲルスダチは“完全消し”

3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

今週はマイラーズカップの的中のみでした。

26日の勝負レースの福島牝馬ステークスは、
軸レイカーラが伸び切れず7着に敗れてしまいました。
逃げ馬が揃っていたのでハイペースになり、
デキが良いレイカーラの差しが決まると思っていたが、
前半4F48.0秒のスローの差し馬の出番がない展開になってしまいました。
ケイアイエレガント、フィルパトロールから大きく離されていた、
3番手のセキショウががっちり後続を抑えてしまったのが、
前残りになってしまった最大の要因です。
ヴィクトリアマイルの優先出走権がかかったレースだったので、
もっと激しいレースを見たかったです。

27日のマイラーズカップは軸フィエロが2着にきて的中できたが、
安い配当になってしまいまったく嬉しくありません。
このレースはワールドエースの強さだけが際立っていました。
初のマイル戦だったが手綱を押さなくても楽に好位に行け、
早め先頭から押し切ってしまう大楽勝でした。
上り3Fはフィエロと同じ33.2秒だったが、
ワールドエースの方が伸びているように見えたので、
現時点でフィエロよりワールドエースの方が二枚は上回っています。
ゴール後にシュタルケ騎手が下馬していたので、
また故障したのかと思ったが無事にクールダウンしたので脚元に異常はなかったのでしょう。
ジャスタウェイが安田記念に出走してくるのか未定だが、
ワールドエースが完全復活したのでジャスタウェイが出走してきても良い競馬ができるでしょう。

フローラステークスは軸マジックタイムが6着に敗れてしまいました。
後藤騎手から杉原騎手に乗り替わった時点で70%は不的中を覚悟しました。
杉原騎手はテン乗りではなかったが中間の調教で一度も乗っていなかったので、
急な乗り替わりで結果をだせというのは酷です。

来週はダービートライアルの青葉賞、
古馬最強ステイヤー決定戦の春天皇賞です。

青葉賞は去年と同じで低レベルのメンツになりました。
去年は重賞、オープン勝ちがいなくて1勝馬が5頭もいたが、
今年は重賞勝ちがあるのはマイネルフロストしかいません。
まだ底を見せていないラングレー、ワールドインパクトといった、
ディープ産駒がいるが強い相手と戦っていないので人気ほどの信頼はありません。
今年は実力が拮抗した一長一短のメンツだと見ているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

春天皇賞は豪華なメンツになりました。
エピファネイアが出走しなかった事が残念だが、
現在の長距離実績馬が勢ぞろいしたのでアツイ戦いになるでしょう。
注目馬は強い古馬との対戦が初めてになるキズナです。
末脚だけならばジャスタウェイと同じ強烈なものがあるが、
春天皇賞は鋭い切れる脚が不要のレースなので、
キズナに合っている舞台ではありません。
かなり昔になるが1992年でメジロマックイーンと人気を2分した、
トウカイテイオーと同じような感じがしています。
キズナはトウカイテイオーと同じで芝2500m以上の出走がなく、
人気先行気味で春天皇賞に出走したが5着に負けてしまいました。
今週の京都はかなり高速馬場で後方からの追い込みが決まったのは、
27日の京都12Rのマイル戦だけでした。
このレースは前が遅くスローだったのでタツストロングの差しが決まったが、
最近の春天皇賞はスローにはなっていないので、
よほどの速い流れにならない限りキズナの追い込みは決まらないでしょう。
ゴールドシップも路盤が固い京都は苦手で、
ウインバリアシオンは岩田騎手が乗れない事がかなりの痛手で、
フェノーメノは1週前調教を見る限り昨年のデキにはなっていないので、
現時点で人気馬の中で信用できる馬は1頭もいません。
最近の春天皇賞は大きく荒れていて今年の人気馬は信用できないので、
実績は気にしないで中間の調教からデキの良い馬を見つけて勝負しましょう。

青葉賞の有力馬の調教分析はシャンパーニュ、ピオネロ、
マイネルフロスト、ヤマノウィザード、ワールドインパクトの5頭、
春天皇賞の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、ウインバリアシオン、
キズナ、デスペラード、バンデ、フェノーメノの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月27日の23時以降に確認して下さい。

青葉賞の有力馬ラングレーの調教分析、
春天皇賞の有力馬ゴールドシップの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

青葉賞、春天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への、
事前公開は5月1日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月20日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
99戦29勝 回収率183.9%

2014年の成績 回収率101.0%


今週の勝負レース重賞の福島牝馬ステークス、マイラーズカップ、フローラステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

福島牝馬ステークスで人気になる●●●
マイラーズカップで人気になる●●●
フローラステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はキャトルフィーユ、
ケイアイエレガント、ミッドサマーフェア、レイカーラの4頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はアドマイヤドバイ、エキストラエンド、
フィエロ、レッドアリオン、ワールドエースの5頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はデルフィーノ、ハピネスダンサー、
マイネグレヴィル、マジックタイム、ムードスウィングスの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬アロマティコの調教分析、
マイラーズカップの有力馬オースミナインの調教分析、
フローラステークスの有力馬イサベルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net


今週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月20日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
99戦29勝 回収率183.9%

2014年の成績 回収率101.0%


今週はG1レースは一休みで、
ヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークスのトライアルレースのフローラステークスです。

福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースです。
ドバイ帰りのデニムアンドルビー、
大阪杯で惨敗したメイショウマンボが春天皇賞をパスして、
ヴィクトリアマイルの参戦を表明して、
他にも東京新聞杯を57kで牡馬を一蹴したホエールキャプチャ、
阪神牝馬ステークスで好レースをしたスマートレイアー、ウリウリもいるので、
今年のヴィクトリアマイルはレベルが高い戦いになります。
昨年は1600万下を勝ったばかりの馬でも出走できたが、
今年は賞金のボーダーラインが高そうなので、
賞金不足の馬はこのレースで1着になり出走権利を取りたいでしょう。
後先を考えずメイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは重賞常連がいないのでレベルは高くありません。
当初はダイワマッジョーレが出走予定で放牧から帰ってきたが、
中間にトラブルがあったのかまた放牧にだされて回避しました。
重賞実績馬はエキストラエンドだが前走の東京新聞杯で、
57kの牝馬ホエールキャプチャに子供扱いされ完敗してしまい、
ワールドエースは初めてのマイルになるので不安材料があります。
安田記念にジャスタウェイが出走を表明しているが、
デキが悪くて回避すると大混戦になるので、
賞金不足の馬はここで1着になり出走権利を取りたいはずです。
底を見せていない上り馬が多いので中間の調教から、
デキが上がっている馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスのトライアルレースです。
桜花賞の1着ハープスター、2着レッドリヴェールがオークスでも最有力だが、
この2頭以外は団栗の背比べで一長一短なので、
ここで高いパフォーマンスをだせばオークスで第二勢力の筆頭になるでしょう。
マジックタイム、マイネグレヴィルは桜花賞に出走できる賞金を持っていたが、
阪神への長距離輸送を嫌いパスして余力残しなので有力だが、
イサベル、サングレアル、デルフィーノなど底を見せていない1勝馬がいるので、
フローラステークスはアツイ戦いになるでしょう。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はキャトルフィーユ、ケイアイエレガント、
ミッドサマーフェア、リラコサージュ、レイカーラの5頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はアドマイヤドバイ、エキストラエンド、
フィエロ、レッドアリオン、ワールドエースの5頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はデルフィーノ、ハピネスダンサー、
マイネグレヴィル、マジックタイム、ムードスウィングスの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月23日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬アロマティコの調教分析、
マイラーズカップの有力馬オースミナインの調教分析、
フローラステークスの有力馬イサベルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬S、マイラーズカップ、フローラSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日4月24日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/


今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月20日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
99戦29勝 回収率183.9%

2014年の成績 回収率101.0%


4月19日
福島12R 医王寺特別 3連複7650円
調教抜群鉄板軸馬がブライトチェリーが1着

4月13日
阪神11R 勝負レース 桜花賞 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬ハープスターが1着

4月6日
阪神9R 鳴門ステークス 3連複11300円
調教抜群鉄板軸馬フミノファルコンが1着
“危険な人気馬”シゲルスダチは“完全消し”

3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

今週は19日の福島12Rの3連複7650円の的中だけでした。
勝負レースのアンタレスステークス、皐月賞を紐抜けで外してしまいスミマセンでした。

アンタレスステークスはトウショウフリークが相手になかったので紐抜けで外してしまいました。
軸馬ニホンピロアワーズは3着だったが初距離だった、
格下のグレイスフルリープを交わすのに手間取りゴールがもう少し手前ならば4着になっていました。
中間の調教を見る限り復調したと見ていたが、
得意の阪神でこのような競馬しかできなかったのでもう終わったのかもしれません。

皐月賞は鉄板軸馬トゥザワールドが2着だったが、
3着に逃げ残ったウインフルブルームが相手になく紐抜けで外してしまいました。
事前公開の“危険な人気馬”トーセンスターダムは問答無用で切ったが、
ウインフルブルーム、ロサギカンティアどちらを消すか迷い、
最終的に重賞勝ちを評価してロサギカンティアを最後の1頭に入れてしまい、
ウインフルブルームは消してしまいました。
皐月賞の2つ前の中山9R鹿野山特別でマイネルミラノで逃げ切り、
ウインフルブルームの予行演習をしていたので、
デキ落ちのロサギカンティアではなくウインフルブルームを相手に入れるべきでした。
最後の1頭の選択を裏目で外してしまいスミマセンでした。

来週はG1レースは一休みで、
ヴィクトリアマイルのステップレースの福島牝馬ステークス、
安田記念のステップレースのマイラーズカップ、
オークスのトライアルレースのフローラステークスです。

福島牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースです。
デニムアンドルビー、メイショウマンボ、ストレイトガールといった、
実力馬がヴィクトリアマイルの出走を表明して他にホエールキャプチャ、
阪神牝馬ステークスで好レースをしたスマートレイアー、ウリウリもいるので、
今年はかなりレベルが高い戦いになります。
昨年は1600万下を勝ったばかりの馬でも出走できたが、
今年は賞金のボーダーラインが高そうなので、
賞金不足の馬はこのレースで1着になり出走権利を取りたいでしょう。
後先を考えずメイチの仕上げをしてくる馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイラーズカップは重賞常連馬がいないのでレベルは高くありません。
当初はダイワマッジョーレが出走予定で放牧から帰ってきたが、
何かトラブルがあったのかまた放牧にだされて回避しました。
重賞実績馬はエキストラエンドだが前走の東京新聞杯で、
57kの牝馬ホエールキャプチャに子供扱いされ完敗してしまい、
ワールドエースは初めてのマイルになるので信頼感はありません。
安田記念にジャスタウェイが出走を表明しているが、
デキが悪くて回避すると大混戦になるので、
賞金不足の馬はここで1着になり出走権利を取りたいでしょう。
まだ底を見せていない上り馬が多くアツイ戦いになるので、
デキが上がっている馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

フローラステークスはオークスのトライアルレースです。
桜花賞の1着ハープスター、2着レッドリヴェールがオークスでも有力だが、
この2頭以外は団栗の背比べなのでここで高いパフォーマンスをだせば、
オークスで第二勢力の筆頭になるでしょう。
パシフィックギャル、マジックタイムは、
阪神への長距離輸送を嫌い桜花賞をパスして余力残しなので有力だが、
イサベルなどまだ底を見せていない1勝馬がいるのでアツイ戦いになるでしょう。
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

福島牝馬ステークスの有力馬の調教分析はケイアイエレガント、キャトルフィーユ、
ミッドサマーフェア、リラコサージュ、レイカーラの5頭、
マイラーズカップの有力馬の調教分析はアドマイヤドバイ、エキストラエンド、
フィエロ、レッドアリオン、ワールドエースの5頭、
フローラステークスの有力馬の調教分析はパシフィックギャル、ハピネスダンサー、
マイネグレヴィル、マジックタイム、ムードスウィングスの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月20日の23時以降に確認して下さい。

福島牝馬ステークスの有力馬アロマティコの調教分析、
マイラーズカップの有力馬オースミナインの調教分析、
フローラステークスの有力馬イサベルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

福島牝馬S、マイラーズカップ、フローラSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は4月24日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月13日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
97戦29勝 回収率187.8%

2014年の成績 回収率101.8%


今週の勝負レース重賞のアンタレスステークス、皐月賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

アンタレスステークスで人気になる●●●
皐月賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はエアハリファ、
ソロル、ナムラビクター、ニホンピロアワーズの4頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はアジアエクスプレス、アドマイヤデウス、イスラボニータ、
ウインフルブルーム、トーセンスターダム、トゥザワールド、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬トウショウフリークの調教分析、
皐月賞の有力馬ロサギカンティアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net


今週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月13日までの9ヶ月間の勝負レースの成績
97戦29勝 回収率187.8%

2014年の成績 回収率101.8%


今週はダート重賞のアンタレスステークス、
3歳牡馬クラシック初戦の皐月賞です。

アンタレスステークスは豪華なメンツになりました。
昨年はホッコータルマエ、ニホンピロアワーズが出走したが、
今年もニホンピロアワーズが登録してきて、
新興勢力のソロル、ナムラビクター、エアハリファが出走します。
ダート有力馬は6月25日の大井の帝王賞が目標なので、
アンタレスステークスを叩いてから直行するか、
5月24日の平安ステークスを使ってから本番に向かいます。
ニホンピロアワーズは賞金が足りているので、
メイチの仕上げでてくる事はないが、
ソロル、ナムラビクターは賞金を積まないと、
帝王賞に出走できないので後先考えずメイチの仕上げをしてくるはずです。
中間の調教からデキが上がっている馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

今年の皐月賞は有力馬が多いのでアツイ戦いになります。
トゥザワールド、トーセンスターダム、イスラボニータの3頭が、
1番人気の有力だが1番人気の単勝は300円後半から400円前半になり、
単勝1000円台まで7頭くらい入りそうな混戦です。
皐月賞の展開の鍵を握るはずだったバンドワゴンが故障で回避してしまい、
逃げ馬がいなくなったのでさらに難解さに拍車をかける事になりました。
今年は運、道中の不利の有る無しなど能力差以外の事が重要になりそうです。
勝つ資格がある馬が多く能力差もほとんどなく、
展開がどうなるかも事前に判らないので、
シンプルにデキが良い馬、悪い馬を見極めて、
デキが下降している人気馬を何頭か切り捨てて勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はエアハリファ、
ソロル、ナムラビクター、ニホンピロアワーズの4頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はアジアエクスプレス、アドマイヤデウス、イスラボニータ、
ウインフルブルーム、トーセンスターダム、トゥザワールド、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月16日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬トウショウフリークの調教分析、
皐月賞の有力馬ロサギカンティアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日4月17日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/


今週の結果、来週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月13日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
97戦29勝 回収率187.8%

2014年の成績 回収率101.8%


4月13日
阪神11R 勝負レース 桜花賞 3連複1310円
調教抜群鉄板軸馬ハープスターが1着

4月6日
阪神9R 鳴門ステークス 3連複11300円
調教抜群鉄板軸馬フミノファルコンが1着
“危険な人気馬”シゲルスダチは“完全消し”

3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

今週は勝負レースの桜花賞は的中できたが、
6戦1勝で紐抜けを3レースもだしてしまいスミマセンでした。

阪神牝馬ステークスは鉄板軸馬ウリウリが2着だったが、
3着のローブティサージュが紐抜けしてしまいました。
ローブティサージュは調教は悪くなかったが、
時計が速い決着に不安がありまだ万全のデキではなかったので、
相手に入れる事ができませんでした。

NZTは軸馬カラダレジェンドが8着になってしまいました。
中山マイルで不利な外枠に入ってしまったが、
流れが落ち着きそうなメンツで先行力があるので、
早め抜けぬけだしからの押し切りを狙っていたが、
“激アツ馬”パワースラッガーのまさかの暴走で、
前半5F57.6秒という超ハイペースになってしまい、
カラダレジェンドに厳しい展開になってしまいました。
“激アツ馬”パワースラッガーが軸馬カラダレジェンドを潰してしまう、
最悪のレースになってしまいました。

桜花賞は人気だがハープスターで仕方ないレースでした。
3番人気のフォーエバーモアは直前の調教が緩かったので、
やはりデキが悪かったのか見せ場がない9着に敗れてしまったが、
2番人気のレッドリヴェールが2着、4番人気のヌーヴォレコルトが3着になり、
順当な結果になってしまいました。
ハープスターの大外一気の追い込みは見事だったが、
休み明けで速い時計の決着に対応してハープスターとクビ差だった、
レッドリヴェールの2着を好評価します。
東京への長距離輸送に不安があるが、
距離が伸びるオークスではハープスターを逆転するかもしれません。
3着以下でオークスでハープスター、レッドリヴェールを負かす馬はいないので、
この2頭がオークスでも主役を張る事になるでしょう。

来週はダート重賞のアンタレスステークス、
3歳牡馬クラシック初戦の皐月賞です。

アンタレスステークスは豪華なメンツになりました。
昨年はホッコータルマエ、ニホンピロアワーズが出走したが、
今年もニホンピロアワーズが登録してきて、
上り馬のソロル、ナムラビクターが出走します。
ダート有力馬は6月25日の大井の帝王賞が目標なので、
アンタレスステークスを叩いて直行するか、
5月24日の平安ステークスに出走してから本番に向かいます。
ニホンピロアワーズは賞金が足りているので、
ここはメイチの仕上げで出走する事はないが、
ソロル、ナムラビクターは賞金を積まないと帝王賞に出走できないので、
アンタレスステークスは後先考えずメイチの仕上げをしてくるはずです。
上り馬が多いので中間の調教からデキが上がっている馬、
下降している馬をしっかり見極めて勝負しましょう。

今年の皐月賞は有力馬がかなり多いのでアツイ戦いになります。
トゥザワールド、トーセンスターダム、イスラボニータの3頭が1番人気の有力だが、
1番人気の単勝は300円後半から400円前半になりそうで、
単勝1000円台までに7頭は入りそうなくらい混戦になります。
鍵を握ると思われていた逃げ馬バンドワゴンの故障が残念だが、
今年は能力だけで勝てるメンツではないので、
運の有る無し、道中の不利などが重要なポイントになりそうです。
勝つ資格がある馬が多く能力差がほとんどないメンツなので、
皐月賞はシンプルにデキが良い馬、悪い馬をしっかり見極めて、
デキが下降している馬は切り捨てて勝負しましょう。

アンタレスステークスの有力馬の調教分析はエアハリファ、
ソロル、ナムラビクター、ニホンピロアワーズの4頭、
皐月賞の有力馬の調教分析はアジアエクスプレス、アドマイヤデウス、イスラボニータ、
ウインフルブルーム、トーセンスターダム、トゥザワールド、ワンアンドオンリーの7頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月13日の23時以降に確認して下さい。

アンタレスステークスの有力馬トウショウフリークの調教分析、
皐月賞の有力馬ロサギカンティアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

アンタレスステークス、皐月賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月17日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月6日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
94戦28勝 回収率193.0%

2014年の成績 回収率103.0%

先週の回収率125.6% 2週前の回収率0%
3週前の回収率221.0% 4週前の回収率390.0%


今週の勝負レース重賞の阪神牝馬ステークス、NZT、桜花賞の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

阪神牝馬ステークスで人気になる●●●
NZTで人気になる●●●
桜花賞で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はヴィルシーナ、ウリウリ、
エピセアローム、クロフネサプライズ、トーホウアマポーラの5頭、
NZTの有力馬の調教分析はアルマエルナト、ウインフェニックス、
ショウナンアチーヴ、ショウナンワダチの4頭、
桜花賞の有力馬の調教分析はヌーヴォレコルト、ハープスター、ベルカント、
ホウライアキコ、マーブルカテドラル、レッドリヴェールの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので確認して下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアーの調教分析、
NZTの有力馬マイネルディアベルの調教分析、
桜花賞の有力馬フォーエバーモアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から4月6日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
94戦28勝 回収率193.0%

2014年の成績 回収率103.0%

先週の回収率125.6% 2週前の回収率0%
3週前の回収率221.0% 4週前の回収率390.0%


今週はヴィクトリアマイルのステップレースの阪神牝馬ステークス、
NHKマイルカップのステップレースのNZT、
3歳牝馬クラシック初戦の桜花賞です。

阪神牝馬ステークスはヴィクトリアマイルのステップレースになり、
今年から1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられます。
現状の古馬牝馬は手薄なのでヴィクトリアマイルは、
1600万下でも出走できそうだが賞金不足の馬は、
確実に出走を確定したいので目の色を変えて出走してくるでしょう。
スマートレイアー、ウリウリ、クロフネサプライズの4歳馬が、
人気を集めるがスマートレイアー、ウリウリは1400mが初めてで、
クロフネサプライズは骨折明けなので人気馬に不安材料があります。
波乱が起きそうなメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

NZTは1着~3着にNHKマイルカップの優先出走権が与えられます。
NHKマイルカップには桜花賞や皐月賞から回ってくる馬がいるので、
賞金不足の1勝馬や2勝馬はメイチの仕上げをして権利を取りにくるでしょう。
今年は重賞連勝を含めて4連勝中のミッキーアイル、
皐月賞の結果次第になるがアジアエクスプレスというマイラーがいて、
先日のファルコンステークスの1着タガノグランパ、2着サトノルパンもいるので、
NHKマイルカップは昨年と違い高レベルの戦いになります。
NZTのメンツはファルコンステークスより低レベルだが、
まだ底を見せていない馬が多いのでアツイ戦いになるでしょう。
人気が拮抗しているメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

3歳牝馬クラシック初戦の桜花賞はハープスターがかなりの人気を集めます。
昨年は単勝10倍以内が5頭もいる混戦だったが、
ハープスターは単勝130円~150円くらいの抜けた人気になります。
前哨戦だったチューリップ賞は中間の調教が緩く80%ほどのデキだったが、
最後の直線は鞭を一発も入れないのに33.7秒の末脚を使いました。
2番目に速い上りがウインリバティの34.6秒だったので、
ハープスターの末脚は規格外だったと言えます。
休み明けを使われて今回はデキを上げてくるのは確実なので、
ハープスターは最内枠や大外枠に入り多少のハンデがあっても、
最後の直線で大外にだせれば必ず差してくるでしょう。
しかし、まだ完成されていない3歳牝馬の戦いなので何が起こるか判りません。
ハープスターに一目は置かなければならないが、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

2週前は全敗だったが先週は回収率125.6%、3週前は回収率221.0% 
4週前は回収率390.0%
なので前1ヶ月は良い成績がだせています。
良い形でG1戦線に入れるので会員様は桜花賞から始まるG1戦線も、
期待してお待ち下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬の調教分析はヴィルシーナ、ウリウリ、
エピセアローム、クロフネサプライズ、トーホウアマポーラの5頭、
NZTの有力馬の調教分析はアルマエルナト、ウインフェニックス、
ショウナンアチーヴ、ショウナンワダチの4頭、
桜花賞の有力馬の調教分析はヌーヴォレコルト、ハープスター、ベルカント、
ホウライアキコ、マーブルカテドラル、レッドリヴェールの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日4月9日の23時以降に確認して下さい。

阪神牝馬ステークスの有力馬スマートレイアーの調教分析、
NZTの有力馬マイネルディアベルの調教分析、
桜花賞の有力馬フォーエバーモアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

阪神牝馬ステークス、NZT、桜花賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日4月10日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR