今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月30日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
92戦28勝 回収率197.3%

2014年の成績 回収率101.2%


3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

先週は回収率221.0% 先々週は回収率390.0%と好調だったが、
今週は一転して的中なしになってしまいスミマセンでした。

不幸の始まりは土曜日の中京11Rでした。
相手筆頭の“激アツ馬”トウシンイーグルが1着で、
鉄板軸馬タイセイドリームが2着だったが、
相手に入れていたプランスペスカがハナ差負けの4着になり万馬券を外してしまいました。
プランスペスカが残ったように見え最近多い同着かなと思っていたが4着でした。
プランスペスカが3着ならば3連複13780円が取れていたので、
着差はハナだったがハナ以上に大きな差になってしまいました。

毎日杯はスミマセンでした。
会員様に買い目を開示した時は軸はステファノスだったが、
馬体重がまた6kも減ってしまい馬体重減を嫌い、
馬体重発表後に軸をラングレーに変更してしまいました。
変更しないでそのままの買い目でいっていれば、
3連複6050円が取れていたので情けないです。
簡単に取れているレースを外してしまいスミマセンでした。

日経賞は軸ウインバリアシオンが快勝して、
2頭目の相手だった10番人気のホッコーブレーヴが2着だったが、
3着のラストインパクトが消しだったので外してしまいました。
ラストインパクトの直前の調教は良かったが、
前走後の馬場入りが遅く本数が不足していたので消してしまいました。

マーチステークスは鉄板軸馬エーシンゴールドが、
ゴール前で脚が上がってしまい3着にも残れず外してしまいました。
前半4F48.4秒、後半4F50.5秒のハイペースだったのに、
4角先頭からの粘り込みをしたので最後は脚が止まってしまいました。
もう少しじっくり行って坂の途中で抜けだす競馬をして欲しかったです。

高松宮記念はかなりの雨が降り道悪になってしまいました。
ある程度の雨で重馬場ならば会員様に事前公開していた通りで、
ストレイトガールを軸にするつもりだったが予想もしていなかったほどの道悪になり、
ストレイトガールの道悪適性が判らなかったので、
事前公開した“激アツ馬”マヤノリュウジンを軸にして提供しました。
マヤノリュウジンは少しだけ見せ場は作ってくれたが最後は脚が完全に止まってしまいました。
もう少し脚をためて差しに回れば上の着順にきていたでしょうが、
最後の止まり方を見る限りこのような馬場は合わなかったのでしょう。
デキの良し悪し関係なく道悪適性の有無が重要になってしまう、
残念なG1レースになってしまいました。

来週は安田記念のステップレースのダービー卿CT、
春天皇賞、安田記念のステップレースの大阪杯です。

大阪杯は4歳最強馬キズナ、エピファネイア、
G1レース3勝の最強牝馬メイショウマンボ、
阪神2000mの鬼のショウナンマイティが激突します。
まだ未定だがキズナ、メイショウマンボは春天皇賞が目標で、
エピファネイアは4月27日の香港のクイーンエリザベスの予定です。
3頭ともメイチの仕上げでなく余裕残しで出走してくるが、
この3頭が激突するのは最初で最後かもしれないのでアツイ戦いになるでしょう。
ショウナンマイティを含めて上位4頭の能力、実力が突出しているので、
荒れる可能性は低いと見ています。
登録頭数が11頭しかいなくて少頭数が確実なので大阪杯で好配当を狙う事はできません。
大阪杯は勝負レースにせず提供はしませんが、
有力馬の調教分析はしているので勝負する会員様は参考にして下さい。


ダービー卿CTは春マイル王決定戦の安田記念を目指すメンツが揃いました。
昨年のマイルCSは初マイル戦のトーセンラーが楽勝してしまい、
今年の京都金杯で初マイル戦のエキストラエンドが勝ち、
東京新聞杯で57kを背負っていた6歳牝馬ホエールキャプチャが楽勝しました。
初マイル馬や高齢牝馬に簡単に負けてしまうほど最近のマイラーは弱く、
このダービー卿CTも一長一短の弱メンツになりました。
デキ一つで着順が大きく変わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

大阪杯の有力馬の調教分析はカレンミロティック、キズナ、
ショウナンマイティ、ビートブラック、メイショウマンボの5頭、
ダービー卿CTの有力馬の調教分析はカレンブラックヒル、ダイワファルコン、
トリップ、マウントシャスタ、レッドアリオンの5頭、です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月30日の23時以降に確認して下さい。

大阪杯の有力馬エピファネイアの調教分析、
ダービー卿CTの有力馬コディーノの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

勝負レース、ダービー卿CTの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は4月3日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

スポンサーサイト

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月23日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
88戦28勝 回収率206.4%

2014年の成績 回収率105.2%

先週の回収率221.0% 2週前の回収率390.0%


今週の勝負レースの毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

毎日杯で人気になる●●●
日経賞で人気になる●●●
マーチステークスで人気になる●●●
高松宮記念で人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はステファノス、
ピークトラム、マイネルフロスト、ラングレーの4頭、
日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、オーシャンブルー、
サクラアルディート、フェノーメノ、ラストインパクトの5頭、
マーチステークスの有力馬の調教分析はエーシンゴールド、
グランドシチー、クリソライト、ソロルの4頭、
高松宮記念の有力馬の調教分析はコパノリチャード、スマートオリオン、、
ハクサンムーン、リアルインパクト、レッドオーヴァル、レディオブオペラの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

毎日杯の有力馬エイシンブルズアイの調教分析、
日経賞の有力馬ウインバリアシオンの調教分析、
マーチステークスの有力馬ジェベルムーサの調教分析、
高松宮記念の有力馬ストレイトガールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の勝負レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月23日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
88戦28勝 回収率206.4%

2014年の成績 回収率105.2%

先週の回収率221.0% 2週前の回収率390.0%


今週は皐月賞の最終便の毎日杯、春天皇賞のステップレースの日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、今年のG1第2戦の高松宮記念です。

毎日杯は皐月賞の最終チャンスだが賞金の加算できても本番まで中2週になるので、
無理しないでNHKマイルカップ、ダービーに切り替える馬がいるでしょう。
昨年はキズナという絶対軸馬がいたが今年はバリバリのオープン馬がいません。
ラングレー、ステファノス、アズマシャトル、
エイシンブルズアイ、マイネルフロスト、アドマイヤヤングが人気になるが、
絶対的な強さはなく相手なりにしか走れないので絶対視できません。
今年は実力が拮抗しているので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。
先週の阪神大賞典でゴールドシップが楽勝したが、
相手が弱く勝っただけなので完全復活と言うのは早計で、
長距離路線は混沌としていて絶対王者がいないと言っていいでしょう。
昨年の春天皇賞を勝ったフェノーメノが暫定王者だが、
オルフェーヴルのような相手を圧倒する強さはなく故障明けで、
キズナがオルフェーヴルに似た強さを持ち合わせているが、
長距離レースが未出走で走ってみないと判りません。
暫定王者のフェノーメノ、復活したウインバリアシオン、オーシャンブルー、
上り馬アドマイヤフライト、ラストインパクトが激突するアツイ戦いになるので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マーチステークスはアツイ戦いになりそうです。
超一流のダート馬はドバイ、重賞常連は19日のダイオライト記念、
今日の名古屋大賞典に出走したのでマーチステークスは手薄になりました。
ほとんどが重賞実績がない馬だがジェベルムーサ、エーシンゴールド、
ソロル、クリソライトといった成長著しいフレッシュな4歳が出走するので、
次世代のダート王を決める第一歩のレースだと見ています。
勢いがある上り馬が多いので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

高松宮記念は確たる軸馬がいない難解なレースです。
昨年末に絶対王者ロードカナロアが引退して、
ナンバー2のハクサンムーンがすんなり王者につくと思われていたが、
前哨戦だったオーシャンステークスで、
勝ち馬スマートオリオンから0.9秒遅れの13着に惨敗してしまい、
短距離路線の雲行きが怪しくなってきました。
大混戦に拍車をかけているのは逃げ馬が多くどの馬も人気になる事です。
テンのダッシュ力はハクサンムーン、レディオブオペラが抜けているが、
スピードが乗った時の二の脚はコパノリチャードが速くて、
ストレイトガール、スマートオリオンの先行力も一級品です。
ハクサンムーンは番手からでも競馬ができるが、
レディオブオペラ、コパノリチャードはハナに行ってこそなので、
逃げ馬が入った枠番が大きく影響するが先行が激化するのは確実です。
展開は差し馬に向きそうだが確実に伸びてくるだろうと言える、
差し、追い込み馬がいないので更に難解にさせています。
今年は過去の実績、展開、脚質はあまり気にしないで、
シンプルにデキが急上昇している馬、下降している馬を、
中間の調教から見極めて勝負した方が良さそうです。

2週前に中京で3連複3連複30950円、先週も中京で3連複19110円を的中させ、
2週前の回収率は390.0%で先週が221.0%と、
調教分析競馬のデキがグングン上昇しています。

特に中京が好調なので今週のG1高松宮記念が楽しみになりました。
今のデキがあれば高松宮記念でも良い結果がでてくれるはずなので、
会員様は期待してお待ちください。

毎日杯の有力馬の調教分析はステファノス、
ピークトラム、マイネルフロスト、ラングレーの4頭、
日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、オーシャンブルー、
サクラアルディート、フェノーメノ、ラストインパクトの5頭、
マーチステークスの有力馬の調教分析はエーシンゴールド、
グランドシチー、クリソライト、ソロルの4頭、
高松宮記念の有力馬の調教分析はコパノリチャード、スマートオリオン、、
ハクサンムーン、リアルインパクト、レッドオーヴァル、レディオブオペラの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月26日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯の有力馬エイシンブルズアイの調教分析、
日経賞の有力馬ウインバリアシオンの調教分析、
マーチステークスの有力馬ジェベルムーサの調教分析、
高松宮記念の有力馬ストレイトガールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月27日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の回収率221%、先週の回収率390%と絶好調

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月23日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
88戦28勝 回収率206.4%

2014年の成績 回収率105.2%

今週の回収率221.0% 先週の回収率390.0%


3月23日
中山11R 勝負レース スプリングステークス 3連複1890円
調教抜群鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着

3月22日
阪神10R なにわステークス 3連複6050円
調教抜群鉄板軸馬ダノンレジェンドが1着
相手筆頭“激アツ馬”シゲルスダチが3着

3月21日
中京12R 刈谷特別 3連複19110円
調教抜群鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着
相手筆頭“激アツ馬”タガノレオーネが2着

中山10R 下総ステークス 3連複2780円
調教抜群鉄板軸馬キクノソルが3着

3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

今週は9戦4勝でした。
先週の回収率が390.0%、今週が221.0%と、
調教分析競馬のデキが急上昇中です。
春のG1戦線が間近ですが今のデキがあれば、
好成績を叩きだす事ができるでしょう。

21日の勝負レースだったフラワーカップは軸バウンスシャッセが楽勝したが、
2着同着だったマイネグレヴィルが紐抜けしてしまい外してしまいました。
直前の調教が悪かったマイネグレヴィル、ニシノアカツキどちらか1頭を切る選択になり、
ニシノアカツキの実績を信用してしまいマイネグレヴィルを切ってしまいました。
また二択の裏目を引いてしまいスミマセンでした。
勝負レースのフラワーカップは外してしまったが、
中京12Rで鉄板軸馬ミッキーマンデーが3着になり、
相手筆頭の“激アツ馬”タガノレオーネが2着にきて、
3連複19110円を的中する事ができました。
先週も中京10Rで3連複30950円を的中させたが中京は絶好調です。
中京がいい感じなので来週の高松宮記念が楽しみになりました。

22日の勝負レースだったファルコンステークスは軸ショウナンアチーヴが、
6着になってしまい的中できませんでした。
強力な逃げ馬が不在だったので流れは落ち着くと思われていたが、
前半3F33.0秒という1200m戦並のハイペースになりました。
ショウナンアチーヴは後方3番手からになり、
最後は内から差してくるが切れ負けしてしまいました。
流れが速かったので後方待機は問題ないが、
外にださず狭い内に入れてしまったのが失敗でした。
サトノルパン、タガノグランパのように外にだしていれば、
もう少し際どい競馬ができていたと見ています。

23日の勝負レースだったスプリングステークスは、
鉄板軸馬アジアエクスプレスが2着になり的中できました。
事前の木曜日に会員様に事前公開していた鉄板軸予定馬は、
ロサギガンティア、アジアエクスプレス、クラリティシチーでしたが、
この3頭がそのままの順位にきました。
調教が抜群だった3頭を1点買いしていれば簡単に取れていたのです。
ロサギガンティアは4角で上手く外にだせたので勝ったが、
今回もスタートが悪かったので本番の皐月賞では厳しいと見ています。
アジアエクスプレスは距離が未知数でこれ以上の競馬はできないはずなので、
今回は3着だったが外々を早めにマクッた、
クラリティシチーを皐月賞で注目したいと思います。

先週に中京で3連複3連複30950円、今週も3連複19110円を中京で的中させ
先週の回収率は390.0%、今週が221.0%とデキがグングン上昇しています。
特に中京が好調なので来週のG1高松宮記念が楽しみになりました。
今のデキがあれば高松宮記念でも良い結果がでてくれるはずです。
会員様は中京のデキが上昇している高松宮記念の配信を期待してお待ちください。

来週は皐月賞の最終便の毎日杯、春天皇賞のステップレースの日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、今年のG1第2戦の高松宮記念です。

毎日杯は皐月賞の最終便で賞金加算できても中2週になるので、
無理しないでNHKマイルカップ、ダービーに切り替える馬がいるでしょう。
昨年はキズナという絶対軸馬がいたが今年はバリバリのオープン馬がいません。
ラングレー、ステファノス、アズマシャトル、
エイシンブルズアイ、マイネルフロスト、アドマイヤヤングが人気になるが、
絶対的な強さはなく相手なりにしか走れない馬です。
今年は実力が拮抗しているので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。
今日の阪神大賞典でゴールドシップが復活したが相手が弱くて勝っただけの印象なので、
長距離路線は混沌としていて絶対王者がいないと言っていいでしょう。
昨年の春天皇賞を勝ったフェノーメノが暫定王者だが、
オルフェーヴルのような相手を圧倒する強さはありません。
キズナがオルフェーヴルに似た強さを持ち合わせているが、
長距離が未出走で走ってみないと判りません。
日経賞は暫定王者のフェノーメノ、復活したウインバリアシオン、オーシャンブルー、
上り馬アドマイヤフライト、ラストインパクトが激突するアツイ戦いになるので、
各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マーチステークスはアツイ戦いになりそうです。
超一流ダート馬はドバイに出走して重賞常連は19日のダイオライト記念、
26日の名古屋大賞典に出走するのでマーチステークスは手薄になりました。
ほとんどが重賞実績がない馬だがジェベルムーサ、エーシンゴールド、
ソロル、クリソライトといった成長著しい4歳馬が出走するので、
次世代のダート王を決める第一歩のレースだと見ています。
勢いがある上り馬が多いので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

高松宮記念は確たる軸馬がいない難解なレースです。
昨年末に絶対王者ロードカナロアが引退して、
ナンバー2のハクサンムーンがすんなり王者につくと思われていたが、
前哨戦のオーシャンステークスで勝ち馬スマートオリオンから、
0.9秒遅れの13着に惨敗してしまったので雲行きが怪しくなってきました。
大混戦に拍車をかけているのは逃げ先行馬が多くどの馬も人気になるからです。
テンのダッシュ力はハクサンムーン、レディオブオペラが抜けているが、
スピードが乗った時の二の脚はコパノリチャードが速くて、
ストレイトガール、スマートオリオンの先行力も脅威です。
ハクサンムーンは番手からでも競馬ができるが、
レディオブオペラ、コパノリチャードはハナに行ってこそなので、
逃げ馬が入った枠番が大きく影響するが先行が激化するのは確実です。
展開は差し馬、追い込み馬に向きそうだが、
確実に伸びてくるだろうと言える差し、追い込み馬がいないので更に難解にさせているのです。
今年は展開、実績、脚質はあまり気にしないで、
デキが急上昇している馬、下降している馬を、
中間の調教から見極めて勝負した方が良さそうです。

毎日杯の有力馬の調教分析はステファノス、
ピークトラム、マイネルフロスト、ラングレーの4頭、
日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤフライト、オーシャンブルー、
サクラアルディート、フェノーメノ、ラストインパクトの5頭、
マーチステークスの有力馬の調教分析はエーシンゴールド、
グランドシチー、クリソライト、ソロルの4頭、
高松宮記念の有力馬の調教分析はコパノリチャード、スマートオリオン、、
ハクサンムーン、リアルインパクト、レッドオーヴァル、レディオブオペラの6頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月23日の23時以降に確認して下さい。

毎日杯の有力馬エイシンブルズアイの調教分析、
日経賞の有力馬ウインバリアシオンの調教分析、
マーチステークスの有力馬ジェベルムーサの調教分析、
高松宮記念の有力馬ストレイトガールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

毎日杯、日経賞、マーチステークス、高松宮記念の、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月27日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

申し込みフォームが稼動しない場合は下記にメールして下さい。
cyokyo77@yahoo.co.jp

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月16日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
85戦27勝 回収率212.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率96.0%


3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

今週の勝負レースのフラワーカップ、ファルコンステークス、スプリングステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

フラワーカップで人気になる●●●
ファルコンステークスで人気になる●●●
スプリングステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

フラワーカップの有力馬の調教分析はクリスマス、
ショウナンパンドラ、ニシノアカツキ、バウンスシャッセの4頭、
ファルコンステークスの有力馬の調教分析はアルマエルナト、サトノルパン、
ショウナンアチーヴ、タガノグランパ、タガノブルグの5頭、
阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、
サトノノブレス、バンデ、ヒットザターゲットの4頭、
スプリングステークスの有力馬の調教分析はウインマーレライ、
クラリティシチー、ベルキャニオン、ロサギガンティアの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

フラワーカップの有力馬パシフィックギャルの調教分析、
ファルコンステークスの有力馬カラダレジェンドの調教分析、
阪神大賞典の有力馬ゴールドシップの調教分析、
スプリングステークスの有力馬アジアエクスプレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込み

申し込みフォームが稼動しない場合は下記にメールして下さい。
cyokyo77@yahoo.co.jp

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月16日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
85戦27勝 回収率212.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率96.0%


3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

3月9日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複1470円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが3着

3月8日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬リラヴァティが3着

今週は金曜日からの3日間の連続開催で
金曜日に3歳牝馬戦のフラワーカップ、
土曜日にNHKマイルカップの前哨戦のファルコンステークス、
日曜日に春天皇賞のステップレースの阪神大賞典、
皐月賞のトライアルのスプリングステークスが行われます。
来週も4重賞あり一年で一番忙しい期間ですが、
先週に3連複30950円を的中させ上り調子なので、
忙しくても手抜きしないで良い提供をして好配当を狙いにいきます。

フラワーカップは桜花賞の最終便です。
関西馬はここで賞金加算できれば、
輸送がないので中2週で桜花賞に出走してくるが、
関東馬はここで賞金を加算しても桜花賞まで中2週で、
関西への輸送があるので無理しないでパスして、
オークスに目標を切り替えてくるでしょう。
人気になるクリスマスは持ち賞金が足りているので、
ここはメイチの仕上げで出走しないが、
ショウナンパンドラはここで賞金加算できないと桜花賞に出走できません。
パシフィックギャル、バウンスシャンセは当初から桜花賞でなく、
オークスが目標のはずなので人気馬の思惑はバラバラです。
中間の調教から各馬の仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

ファルコンステークスはNHKマイルカップの前哨戦です。
4月12日に中山でトライアルのNZTがあるが、
その頃の中山はかなり馬場が悪化しているはずなので、
NHKマイルカップを目標にしている馬が多く登録してきました。
今年はミッキーアイルという大物マイラーがいて、
アジアエクスプレスがスプリングステークスで結果がでなければ、
NHKマイルカップに出走してくるでしょう。
この2頭のマイル適性はかなり高いがミッキーアイルはモタれ癖があり、
アジアエクスプレスは高速時計の決着に不安があるので、
3歳マイル路線は混沌としていると見ています。
ほとんどの馬はメイチの仕上げをしてここで賞金を加算して、
余裕を持ってNHKマイルカップに向かいたいはずなので、
中間の調教からデキが良い馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

阪神大賞典は春天皇賞のステップレースです。
昨年の春天皇賞の覇者フェノーメノと有馬記念2着ウインバリアシオンは、
来週の日経賞を叩いてから春天皇賞に向かうが、
ゴールドシップは昨年と同じでこのレースから本番に出走します。
ゴールドシップは有馬記念で3着だったがベストの条件だったのに、
ウインバリアシオンに0.2秒差をつけられ復活したとは言えない内容でした。
一冬越してリフレッシュした状態で出走してくるが、
完全復調したデキで出走してくる事はないと見ています。
ゴールドシップがコケて波乱が起きてもおかしくないが、
今年は9頭の少頭数なのでこのレースで勝負する事はできません。
阪神大賞典は会員様に提供しませんが、
有力馬の調教分析はしているので勝負する方は参考にして下さい。


スプリングステークスは皐月賞のステップレースです。
先日の弥生賞でトゥザワールド、ワンアンドオンリーが接戦をして、
3歳牡馬戦線の分布図がぼんやり見えてきました。
現時点で横綱はトーセンスターダム、トゥザワールド、イスラボニータで、
大関はワンアンドオンリー、バンドワゴンという感じだが、
この5頭に大きな差はないと見ています。
スプリングステークスに2歳王者アジアエクスプレスが出走します。
このレースで結果をだせば上記の5頭の中に食い込んでくるが、
賞金が足りているのでここはメイチの仕上げはしてこないでしょう。
ベルキャニオンは皐月賞出走のボーダーラインのギリギリで
クラリティシチー、ウインマーレライ、ロサギガンティアは、
ここで権利と取らないと皐月賞に出走できないのでメイチの仕上げをしてきます。
権利がかかったアツイ戦いになるので中間の調教をしっかり分析して、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フラワーカップの有力馬の調教分析はクリスマス、
ショウナンパンドラ、ニシノアカツキ、バウンスシャッセの4頭、
ファルコンステークスの有力馬の調教分析はアルマエルナト、サトノルパン、
ショウナンアチーヴ、タガノグランパ、タガノブルグの5頭、
阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、
サトノノブレス、バンデ、ヒットザターゲットの4頭、
スプリングステークスの有力馬の調教分析はウインマーレライ、
クラリティシチー、ベルキャニオン、ロサギガンティアの4頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月19日の23時以降に確認して下さい。

フラワーカップの有力馬パシフィックギャルの調教分析、
ファルコンステークスの有力馬カラダレジェンドの調教分析、
阪神大賞典の有力馬ゴールドシップの調教分析、
スプリングステークスの有力馬アジアエクスプレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

フラワーC、ファルコンS、スプリングSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月16日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
85戦27勝 回収率212.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率96.0%


3月16日
阪神10R 播磨ステークス 3連複4150円
調教抜群鉄板軸馬アンリヴィールドが3着

3月15日
中京10R フローラルウォーク賞 3連複30950円
調教抜群鉄板軸馬ダノンマッキンレーが3着

3月9日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複1470円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが3着

3月8日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬リラヴァティが3着

今週は6戦2勝で土曜日に3連複30950円の好配当が取れたが、
勝負レースの中日新聞杯、中山牝馬ステークスを紐抜けで外し、
フィリーズレビューも僅差で外してしまったので、
大きく勝ち越せたが手放しで喜べない結果になってしまいました。

土曜日の中京10Rで3連複30950円の好配当が的中できました。
サトノフェラーリが1番人気だったが調教が緩くてデキに疑問があったが、
やはりデキが悪かったのか馬体重が10kも減ってしまい惨敗しました。
今年一番の好配当が的中して気分良くしていたが、
次のレースの中日新聞杯を紐抜けで外してしまいました。
調教抜群鉄板軸馬ラキシスが2着にきたが、
勝ったマーティンボロが買い目にありませんでした。
事前公開していた“激アツ馬”ユールシンギングが惜しい4着にきていて、
上位にきた馬で買っていなかったのはマーティンボロだけでした。
マーティンボロは調教は悪くなかったが
坂超えコース実績が皆無なので消してしまいました。

フィリーズレビューは鉄板軸馬アドマイヤビジンが差してきて、
的中寸前だったが逃げていたニホンピロアンバーが2着に残ってしまい、
アドマイヤビジンが4着になり外してしまいました。
ニホンピロアンバーが邪魔しなければ3連複の配当は12820円だったので、
悔しさしか残らない結果になってしまいました。

中山牝馬ステークスは鉄板軸馬フーラブライドが完勝したが、
2着同着だったケイアイエレガントが紐抜けしてしまいました。
ケイアイエレガントは直前でラスト1Fが最速になるラップをだしていて、
番手からの流れ込みが期待できそうなので相手に入れても良かったが、
同じ脚質のクラウンロゼと天秤をかけてしまい、
ケイアイエレガントでなく内枠だったクラウンロゼを最後の1頭に入れてしまいました。
クラウンロゼも坂の途中まで頑張っていたが最後に失速してしまい、
二択で切ってしまったケイアイエレガントが残ってしまいました。
裏目を引いて外してしまいスミマセンでした。

今週の勝負レースを外してしまい今年の勝負レースの回収率が96%になったが、
フィリーズレビューが的中していれば130%だったので紙一重です。
しかし、通常配信の方は今週の的中を含めて上昇中で100%を超えています。
両雄並び立たずの成績ですが当方のデキは悪くないので、
近いうちには勝負レースも良い成績になってくれるでしょう。

来週は金曜日からの3日間の連続開催で
金曜日に3歳牝馬重賞のフラワーカップ、
土曜日にNHKマイルカップの前哨戦のファルコンステークス、
日曜日に春天皇賞のステップレースの阪神大賞典、
皐月賞のトライアルレースのスプリングステークスです。

フラワーカップは桜花賞の最終便です。
関西馬は輸送がないので賞金加算できれば中2週の桜花賞に出走してくるが、
関東馬はここで賞金を加算しても桜花賞まで中2週で輸送があるので、
無理しないで桜花賞はパスしてオークスを目標にするでしょう。
人気になるクリスマスは持ち賞金が足りているので、
ここはメイチの仕上げで出走しないが、
ショウナンパンドラはここで賞金を加算できないと桜花賞に出走できません。
パシフィックギャル、バウンスシャンセは当初から桜花賞でなく、
オークスが目標のはずなので人気馬の思惑はバラバラです。
中間の調教から各馬の仕上がり具合をしっかり見極めて勝負しましょう。

ファルコンステークスはNHKマイルカップの重要な前哨戦です。
4月12日に中山でトライアルレースのNZTがあるが、
その頃の中山の芝はかなり悪化しているはずなので、
NHKマイルカップを目標にしている有力馬が多く登録してきました。
今年はミッキーアイルという大物マイラーがいて、
アジアエクスプレスがスプリングステークスで好結果がでなければ、
NHKマイルカップに出走してくるでしょう。
この2頭のマイル適性はかなり高いがミッキーアイルはモタれ癖があり、
アジアエクスプレスは高速時計の決着に不安があるので、
3歳マイル路線は戦国ムードだと見ています。
ほとんどの馬はメイチの仕上げをして賞金を取りにくるはずなので、
中間の調教からデキが良い馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

阪神大賞典は春天皇賞の重要なステップレースです。
昨年の春天皇賞の覇者フェノーメノと有馬記念2着ウインバリアシオンは、
3月29日の日経賞を叩いてから春天皇賞に向かうが、
ゴールドシップは昨年と同じでこのレースから本番に出走します。
ゴールドシップは有馬記念で3着だったがベストの条件だったのに、
ウインバリアシオンに0.2秒差をつけられたので復活したとは言えない内容でした。
一冬越してリフレッシュした状態で出走してくるが、
中間の調教を見る限り良くなった点が見当たらないので、
万全のデキで出走してくる事はないと見ています。
しかし、今年は9頭くらいの少頭数になるのでこのレースで勝負する事はできません。
阪神大賞典は会員様に提供しませんが、
有力馬の調教分析はしているので勝負する方は参考にして下さい。

スプリングステークスは皐月賞のステップレースです。
先日の弥生賞でトゥザワールド、ワンアンドオンリーが接戦をして、
ぼんやりだが3歳牡馬戦線が見えてきました。
現時点でトーセンスターダム、トゥザワールド、イスラボニータが横綱で、
ワンアンドオンリー、バンドワゴンが大関という感じだが、
この5頭に大きな差はないと見ています。
スプリングステークスに2歳王者アジアエクスプレスが出走します。
このレースで好結果をだせば上記の5頭の中に食い込んでくるが、
賞金が足りているのでメイチの仕上げでは出走してこないはずです。
共同通信杯2着のベルキャニオンはボーダーラインのギリギリで
クラリティシチー、ウインマーレライ、ロサギガンティアは、
ここで権利と取らないと皐月賞に出走できないのでメイチの仕上げをしてきます。
アツイ戦いになるので中間の調教をしっかり分析して、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フラワーカップの有力馬の調教分析はクリスマス、
ショウナンパンドラ、ニシノアカツキ、バウンスシャッセの4頭、
ファルコンステークスの有力馬の調教分析はアルマエルナト、サトノルパン、
ショウナンアチーヴ、タガノグランパ、タガノブルグの5頭、
阪神大賞典の有力馬の調教分析はアドマイヤラクティ、
サトノノブレス、バンデ、ヒットザターゲットの4頭、
スプリングステークスの有力馬の調教分析はウインマーレライ、クラリティシチー、
ベルキャニオン、マイネルフロスト、ロサギガンティアの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月16日の23時以降に確認して下さい。

フラワーカップの有力馬パシフィックギャルの調教分析、
ファルコンステークスの有力馬カラダレジェンドの調教分析、
阪神大賞典の有力馬ゴールドシップの調教分析、
スプリングステークスの有力馬アジアエクスプレスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

フラワーC、ファルコンS、スプリングSの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は3月20日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の勝負レース重賞の“激アツ馬”と “危険な人気馬”を公開しました

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月9日までの8ヶ月間の勝負レースの成績
82戦27勝 回収率220.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率108.7%


今週の勝負レースの中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの、
“激アツ馬”“危険な人気馬”を公開しました。
パスワードが届いていない会員様は至急にご連絡して下さい。

競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
なぜこの人気馬が“危険”なのか、
なぜこの人気薄が“激アツ”なのかを、
どなたにも分かりやすく解説しています。

“危険な人気馬”が馬券の対象にならない、
デキが急上昇している“激アツ馬”が穴をあけるのは、
“偶然”ではなく“必然”なのです。

中日新聞杯で人気になる●●●
フィリーズレビューで人気になる●●●
中山牝馬ステークスで人気になる●●●はデキ落ちしているので、
馬券の対象になる確率は低いと見ています。
そして事前公開した調教抜群の“激アツ馬”がやってくれるでしょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアンコイルド、エックスマーク、
フラガラッハ、ラキシス、ラブリーデイの5頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はアドマイヤビジン、エスメラルディーナ、
ベルカント、ヤマノフェアリー、リアルヴィーナスの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアロマティコ、エバーブロッサム、
トーセンベニザクラ、ノーブルジュエリー、フーラブライドの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬レッドレイヴンの調教分析、
フィリーズレビューの有力馬ホウライアキコの調教分析、
中山牝馬ステークスの有力馬エクセラントカーヴの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月9日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
82戦27勝 回収率220.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率108.7%


今週は中距離ハンデ戦の中日新聞杯、
桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビュー、
ヴィクトリアマイルのステップレースの中山牝馬ステークスです。

中日新聞杯はローカル重賞だが好メンツになりました。
ローカル小回り平坦コースと違い直線が長く急坂があり、
阪神と似たタフなコースなのでここで好結果をだせば、
宝塚記念では伏兵扱いだが面白い存在になるでしょう。
実績上位はアンコイルド、フラガラッハだが、
レッドレイヴン、カルドブレッサ、ラブリーデイ、
ラキシスもほとんど差はなく侮れないので人気は割れそうです。
中間の調教から各馬のデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞のステップレースです。
チューリップ賞でハープスターが8分のデキで圧勝したので、
桜花賞は一強ムードになってしまったが、
フェブラリーステークスで最低人気のコパノリッキーが
勝ってしまうのが競馬なのでこのレースに出走する馬は、
まだ桜花賞は諦めていないでしょう。
実績上位はホウライアキコ、ベルカントだが、
2戦2勝の負けなしのエスメラルディーナ、
2連勝中のデニムアンドルビーの妹ヤマノフェアリー、
紅梅ステークスを完勝したアドマイヤビジンが出走するので、
チューリップ賞より数段レベルが高いレースになります。
実力が接近しているメンツだと見ているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスはヴィクトリアマイルの前哨戦です。
このレースで引退する馬が何頭かいるが、
ほとんどはヴィクトリアマイルを最大の目標にしているはずです。
昨年の京成杯AHで牡馬を一蹴したエクセラントカーヴ、
昨秋は崩れたが能力は4歳トップクラスのエバーブロッサム、
強烈な決め脚があるアロマティコ、牡馬相手でも善戦したフーラブライド、
引退レースになるが充実期のノーブルジュエリーが激突するので、
アツイ戦いになるでしょう。
人気が割れる難解なハンデ戦なので各馬の中間の調教をしっかり分析して、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアンコイルド、エックスマーク、
フラガラッハ、ラキシス、ラブリーデイの5頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はアドマイヤビジン、エスメラルディーナ、
ベルカント、ヤマノフェアリー、リアルヴィーナスの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアロマティコ、エバーブロッサム、
トーセンベニザクラ、ノーブルジュエリー、ミッドサマーフェアの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月12日の23時以降に確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬レッドレイヴンの調教分析、
フィリーズレビューの有力馬ホウライアキコの調教分析、
中山牝馬ステークスの有力馬エクセラントカーヴの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬Sの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日3月13日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前公開

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)
通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース
重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1パックの受け付け中です。
宝塚記念までのJRA主催のG1レースすべて、
7月10日のジャパンダートダービーまでの交流G1レースを提供します。
昨年のG1レースの回収率が160.5%と好成績を残したコースなので、
今年も多数の方の参加をお待ちしています。

好評な重賞パックに半年コース、1年コースを新設しました。
2013年の重賞で回収率210%を叩き出したお薦めコースで、
長期期間の要望が多数あったので新設させてもらいました。
多少ですが料金が割安になっているのでぜひご利用して下さい。

春のG1パック、重賞レースパック受付中  申し込みフォーム

2013年の勝負レース重賞の通算成績
129戦42戦 回収率210.3% 鉄板軸馬の複勝率54.3%

2013年のG1レースの通算成績(交流G1の5戦含む) 回収率160.5%

7月28日から3月9日までの7ヶ月間の勝負レースの成績
82戦27勝 回収率220.4%

2014年の勝負レースの成績 回収率108.7%


3月9日
中山11R 勝負レース 弥生賞 3連複1470円
調教抜群鉄板軸馬アデイインザライフが3着

3月8日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1860円
調教抜群鉄板軸馬リラヴァティが3着

2月24日
東京11R 勝負レース 共同通信杯 3連複740円
調教抜群鉄板軸馬イスラボニータが1着

2月16日
京都11R 勝負レース 京都記念 3連複7420円
調教抜群鉄板軸馬トーセンラーが2着

小倉10R 背振山特別 3連複9670円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤラインが3着
相手筆頭“激アツ馬”ナスノシベリウスが1着

今週の的中は勝負レースだったチューリップ賞、弥生賞でした。

チューリップ賞は鉄板軸馬リラヴァティが3着に逃げ粘り的中できました。
前半4F47.3秒、後半4F47.0秒の差し馬向きの流れを、
リラヴァティは逃げ残ったので能力の高さは見せつけたが、
それ以上にハープスターの末脚に驚かされました。
2週連続でピリッとした走りができていなかったので、
ハープスターは軸にはできなかったが、
鞭が一発も入らない持ったままで大楽勝しました。
80%ほどのデキでこのようなパフォーマンスをだしたので、
万全のデキで本気で走れば今の3歳牝馬で負かせる馬はいないでしょう。
桜花賞はほぼハープスターで決まってしまったので、
2着、3着にきそうな人気薄馬を見つけることに専念しましょう。

オーシャンステークスは軸馬レオンビスティーが12着に大敗しました。
断然人気だったハクサンムーンはやはりデキが悪かったのか、
13着に沈んでしまい大波乱になってしまったが、
ノーマークだったスノードラゴンが2着でレッドスパーダが3着にきたので、
このレースをデキの良し悪しで取るのは無理でした。

弥生賞は鉄板軸馬アデイインザライフが3着になり的中できました。
前半5F61.2秒、後半5F60.2秒のスローペースになったので、
アデイインザライフは好位の内から競馬をしました。
いつもと違いスタートからだして行ったので最後は脚が上がってしまったが、
3着を確保したのは大きく皐月賞の権利を取る事ができました。
トゥザワールド、ワンアンドオンリーには完敗だったが、
皐月賞は弥生賞と違いバンドワゴンという逃げ馬がいて、
流れが速くなるのは確実なのでアデイインザライフの巻き返しが期待できます。
現時点でイスラボニータ、トゥザワールド、ワンアンドオンリー、
トーセンスターダム、バンドワゴンが皐月賞の有力馬だが、
混戦が続いていると見ているので今年の3歳牡馬戦線はかなり楽しみです。

来週は中距離ハンデ戦の中日新聞杯、
桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビュー、
ヴィクトリアマイルのステップレースの中山牝馬ステークスです。

中日新聞杯はローカルハンデ戦だが豪華なメンツになりました。
ローカル小回りと違い直線が長く急坂があり、
阪神と似たタフなコースなのでここで好結果をだせば、
宝塚記念の伏兵馬に浮上するでしょう。
実績上位はアンコイルド、フラガラッハだが、
レッドレイヴン、カルドブレッサ、ラブリーデイ、
ラキシスも侮れないので人気は割れそうです。
中間の調教から各馬のデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞の重要なステップレースです。
今週のチューリップ賞でハープスターが圧勝したので、
桜花賞は一強ムードになってしまったが、
フェブラリーステークスでコパノリッキーが勝ってしまうのが競馬なので、
このレースに出走する馬はまだ諦めていないでしょう。
実績上位はホウライアキコ、ベルカントだが、
2戦2勝の負けなしの外車エスメラルディーナ、
2連勝中のデニムアンドルビーの妹のヤマノフェアリー、
紅梅ステークスを完勝したアドマイヤビジンが出走するので、
チューリップ賞より数段レベルが高いレースになります。
実力が接近しているメンツだと見ているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスはヴィクトリアマイルの前哨戦です。
このレースで引退する馬が何頭かいるが、
ほとんどはヴィクトリアマイルを最大の目標にしているはずです。
昨年の京成杯AHで牡馬を一蹴したエクセラントカーヴ、
昨秋は崩れたが能力は4歳トップクラスのエバーブロッサム、
決め手は牝馬屈指のアロマティコ、
引退レースになるが充実期のノーブルジュエリーが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。
人気が割れる難解なハンデ戦なので各馬の中間の調教をしっかり分析して、
デキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

中日新聞杯の有力馬の調教分析はアンコイルド、エックスマーク、
フラガラッハ、ラキシス、ラブリーデイの5頭、
フィリーズレビューの有力馬の調教分析はアドマイヤビジン、エスメラルディーナ、
ベルカント、ヤマノフェアリー、リアルビーナスの5頭、
中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はアロマティコ、エバーブロッサム、
トーセンベニザクラ、ノーブルジュエリー、ミッドサマーフェアの5頭です。
デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月9日の23時以降に確認して下さい。

中日新聞杯の有力馬レッドレイヴンの調教分析、
フィリーズレビューの有力馬ホウライアキコの調教分析、
中山牝馬ステークスの有力馬エクセラントカーヴの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

中日新聞杯、フィリーズレビュー、中山牝馬Sの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は3月13日の18時になります。

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
調教分析競馬ホームページ http://t-analysis.net/
プロフィール

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR