今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで調教抜群の鉄板軸予定馬、
“激アツ馬”、 “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2013年の7月28日から今年の2月18日まで
51ヶ月間の勝負レースの成績 回収率107.9%


2月12日
東京9R  テレビ山梨杯 3連複1140円
調教抜群鉄板軸馬レッドオルガが3着

2月11日
京都11R 勝負レース 京都記念 3連複1260円
調教抜群鉄板軸馬クリンチャーが1着

2月11日
東京9R 初音ステークス 3連複3720円
調教抜群鉄板軸馬インヘリットデールが3着

2月3日
京都10R エルフィンステークス 3連複3230円
調教抜群鉄板軸馬レッドサクヤが1着

1月28日
東京11R 勝負レース 根岸ステークス 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬サンライズノヴァが2着

1月27日
中京12R 鞍ケ池特別 3連複1390円
調教抜群鉄板軸馬エイシンスレイマンが2着

1月7日
中山12R 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬レッドローゼスが1着

1月6日
京都11R 勝負レース 中山金杯 3連複5270円
調教抜群鉄板軸馬セダブリランテスが1着


今週は京都牝馬ステークス、小倉大賞典を紐抜けで外してしまい、
相手筆頭の“激アツ馬”が2頭も結果をだしたのに、
的中レースがなくスミマセンでした。

来週は高松宮記念の重要なステップレースの阪急杯、
ドバイ、大阪杯の重要な前哨戦の中山記念です。

阪急杯は高松宮記念の重要なステップレースだが、
今年はレッドファルクス以外は低調なメンツになりました。

モズアスコット、カレクレナイといった新興勢力がいるので、
シュウジ、ロサギガンティアが人気になった昨年よりレベルは高いが、
G1実績馬がレッドファルクスとダート馬のモーニンだけなので、
G2重賞とは言えない低調なメンツです。

レッドファルクスが単勝150円前後の抜けた人気になるが、
開幕週で58kは歓迎ではないのでレッドファルクスで鉄板と決めつけず、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

中山記念はドバイ、大阪杯を目標にしている一線級の中距離馬が揃いました。

当初の出走予定のエアスピネル、ステファノス、ネオリアリズム、
グランシルクが回避してしまい登録馬が10頭だけになったが、
G1馬のペルシアンナイト、アエロリット、ヴィブロスがいて、
上り馬のウインブライト、マイネルハニーといった脇役もいるので、
アツイ戦いになりそうです。

ほとんどが目標が先にあり余裕残しで出走してくるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪急杯の有力馬の調教分析はカラクレナイ、シュウジ、
ダイアナヘイロー、ディバインコード、ヒルノデイバロー、モズアスコットの6頭、

中山記念の有力馬の調教分析はアエロリット、ヴィブロス、
ウインブライト、サクラアンプルール、マイネルハニーの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

阪急杯、中山記念の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月23日の18時になります。


阪急杯の有力馬レッドファルクス、
中山記念の有力馬ペルシアンナイトの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
スポンサーサイト

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで調教抜群の鉄板軸予定馬、
“激アツ馬”、 “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2013年の7月28日から今年の2月12日まで
51ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.6%


2月12日
東京9R  テレビ山梨杯 3連複1140円
調教抜群鉄板軸馬レッドオルガが3着

2月11日
京都11R 勝負レース 京都記念 3連複1260円
調教抜群鉄板軸馬クリンチャーが1着

2月11日
東京9R 初音ステークス 3連複3720円
調教抜群鉄板軸馬インヘリットデールが3着

2月3日
京都10R エルフィンステークス 3連複3230円
調教抜群鉄板軸馬レッドサクヤが1着

1月28日
東京11R 勝負レース 根岸ステークス 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬サンライズノヴァが2着

1月27日
中京12R 鞍ケ池特別 3連複1390円
調教抜群鉄板軸馬エイシンスレイマンが2着

1月7日
中山12R 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬レッドローゼスが1着

1月6日
京都11R 勝負レース 中山金杯 3連複5270円
調教抜群鉄板軸馬セダブリランテスが1着


今週は雪で小倉が順延になり土曜日から4日間の開催になり、
代替の小倉は配信しなくて3日間だけ提供しました。

相手筆頭の“激アツ馬”が結果を出したのに軸馬が故障で競争中止や、
相手が抜けてしまうレースがあり的中は3本でした。

京都記念はクリンチャーを軸馬にして的中させたが、
不安視していたレイデオロが3着に残ってしまった事が残念でした。

来週はヴィクトリアマイル、高松宮記念の前哨戦の京都牝馬ステークス、
春天皇賞を目標にしているステイヤーが激突するダイヤモンドステークス、
冬の小倉の名物レースの小倉大賞典、
今年のJRAのG1レース初戦のフェブラリーステークスです。

G1レースがある週に4つも重賞をやるのは勘弁して欲しいが、
一切の手抜きをしないで有力馬の調教分析をやります。

京都牝馬ステークスは2016年から開催時期が2月3週目に変更され、
京都1600mから1400mに距離が短縮されました。

来週に阪急杯、再来週にオーシャンステークスという、
高松宮記念のステップレースがあるが牝馬限定の重賞がないので、
京都牝馬ステークスを1400mに距離短縮した事は大正解です。

しかし、昨年、2年前は18頭のフルゲートだったが、
今年は格下の1600万下が2頭もいるの登録は13頭だけで、
寂しい頭数になりました。

ミスパンテール、ワンスインナムーン、ソルヴェイグの、
三つ巴になりそうだが冬場の牝馬は体調が不安定なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

ダイヤモンドステークスは昨年のステイヤーズステークスの上位組に、
距離は未知数だが4歳のフレッシュな上り馬のレジェンドセラー、
1600万下の格下だがリッジマン、ホウオウドリームなど、
スタミナがある新興勢力が激突するのでアツイ戦いになりそうです。

人気になるフェイムゲームは8歳だがステイヤーズステークスで、
アルバートに食い下って2着になりまだ力がある事を証明しました。

フェイムゲームのハンデは58.5kになりそうで、
2年前のレースで58.5kで2着だったがその時は6歳で、
今回は8歳なので斤量との戦いになるでしょう。

長距離ならば崩れないフェイムゲームが1番人気になりそうだが、
連続しての好走がなく58.5kのハンデになりそうで、
他馬に付け入る隙がありそうなので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけて勝負しましょう。

小倉大賞典は今年で52回目になる冬の小倉の名物レースです。

過去5年で1番人気が馬券対象だったのは2014年しかなく、
難解なハンデ戦だが今年も人気がかなり割れそうです。

実績上位はダッシングブレイズだが昨年のエプソムカップからの、
長期休み明けになり小回りコース向きではないので信用できません。

展開、入った馬番で着順が変わりそうな実力が拮抗したメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

今年のフェブラリーステークスは大混戦のメンツになりました。

G1馬が5頭いるがニシケンモノノフ、ケイティブレイブは地方G1で、
出否が未定だがレッツゴードンキは桜花賞でサウンドトゥルーは、
チャンピオンズカップを勝っているが今は地方のイメージが強く、
実質のG1馬はゴールドドリームしかいません。

ゴールドドリームは昨年の勝ち馬で年末のチャンピオンズカップも勝ったので、
現役最強のダート馬だが2走連続の好走がないムラがあり、
最大の上り馬のテイエムジンソクはスタート後の芝に不安があり、
1600mも初めてなので2強は不安材料を抱えています。

今年は一筋縄ではいかないメンツになったので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

京都牝馬ステークスの有力馬の調教分析はエンジェルフェイス、
ソルヴェイグ、デアレガーロ、ミスエルテ、ワンスインナムーンの5頭、

ダイヤモンドステークスの有力馬の調教分析はソールインパクト、プレストウィック、
ホウオウドリーム、ラブラドライト、リッジマン、レジェンドセラーの6頭、

小倉大賞典の有力馬の調教分析はウインガナドル、クラリティスカイ、
スズカデヴィアス、ストレンジクォーク、ダノンメジャー、トリオンフの6頭、

フェブラリーステークの有力馬の調教分析はアウォーディー、インカンテーション、
ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、サンライズノヴァ、ノンコノユメの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京都牝馬ステークス、ダイヤモンドステークス、小倉大賞典、フェブラリーステークスの
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は2月16日の18時になります。


京都牝馬ステークスの有力馬ミスパンテール、
ダイヤモンドステークスの有力馬フェイムゲーム、
小倉大賞典の有力馬ダッシングブレイズ、
フェブラリーステークの有力馬テイエムジンソクの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで調教抜群の鉄板軸予定馬、
“激アツ馬”、 “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2013年の7月28日から今年の2月4日まで
51ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.9%


2月3日
京都10R エルフィンステークス 3連複3230円
調教抜群鉄板軸馬レッドサクヤが1着

1月28日
東京11R 勝負レース 根岸ステークス 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬サンライズノヴァが2着

1月27日
中京12R 鞍ケ池特別 3連複1390円
調教抜群鉄板軸馬エイシンスレイマンが2着

1月7日
中山12R 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬レッドローゼスが1着

1月6日
京都11R 勝負レース 中山金杯 3連複5270円
調教抜群鉄板軸馬セダブリランテスが1着

12月28日
阪神12R 2017ファイナルS 3連複7460円
調教抜群鉄板軸馬エントリーチケットが3着

12月23日
中山12R 3連複33900円
調教抜群鉄板軸馬コンピレーションが2着


今週の的中は1本だけでした。
事前公開の“激アツ馬”ラセットとサトノアレスが結果をだしたが、
肝心の鉄板軸馬が馬券対象を外して的中を逃しいました。

来週は3日間開催で日曜日に伝統ある中距離重賞の京都記念、
3歳牡馬クラシックの重要なステップレースの共同通信杯、
月曜日に桜花賞の重要なステップレースのクイーンカップが行われます。

クイーンカップが行われる月曜日の会員様への配信は無料になります。

京都記念は今年で110回目になる伝統ある重賞です。

昨年はダービー馬のマカヒキが出走して、
2年前はレベルが低かったが3年前はハープスター、キズナ、
4年前はジェンティルドンナが出走したが、
今年はレイデオロ、アルアイン、ディアドラ、モズカッチャンといった、
同年にG1を制した4歳の牡馬、牝馬が4頭も出走します。

4頭の4歳のG1馬の他にもクリンチャー、クロコスミアといった、
脇役もいるので頭数は少ないが有馬記念のような盛り上がりになりそうです。

出走馬すべて目標が先にあるので余裕残しで出走するだろうが、
持っている搭載エンジンは高性能なので、
中間の調教からどのくらいのデキで出走するのかを見極めて勝負しましょう。

共同通信杯は牡馬クラシック路線を占う重要なステップレースです。

昔の共同通信杯は単なる3歳の重賞だったが2012年から重要性が増して、
2012年の1着ゴールドシップ、2着ディープブリランテ、
2014年の1着イスラボニータが同年のクラシックを制して、
2015年の1着リアルスティールは皐月賞、菊花賞で2着、
2着ドゥラメンテは皐月賞、ダービーを勝ち2冠馬になり、
2016年の1着ディーマジェスティは皐月賞を勝ち、
昨年の1着スワーヴリチャードはダービーで2着になりました。

共同通信杯で結果を出せば明るい未来が待っているので、
出走馬のほとんどは勝ちにこだわるデキに仕上げてくるでしょう。

実績上位はグレイル、ステイフーリッシュだが、
ゴーフォザサミット、オウケンムーン、カフジバンガードなど、
まだ底を見せていない馬も多くいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

クイーンカップも共同通信杯と同じでクラシックの登竜門になっています。

昨年の1着アドマイヤミヤビはG1は勝てなかったがオークスで3着
2着のアエロリットはNHKマイルカップを勝ち、、
2016年の1着メジャーエンブレムは桜花賞は4着に負けてしまったが、
NHKマイルカップを勝ち2015年は2着のミッキークイーンが、
オークス、秋華賞を勝って2冠馬になりました。

その他にもヴィルシーナ、ホエールキャプチャがクイーンカップで結果をだし、
その後に大活躍しているのでトライアルレースではないが、
今年の牝馬クラシックを占う重要な重賞なのです。

実績上位はマウレア、オハナ、ツヅミモンだが、
レッドベルローズなど1勝馬だが伸びシロがある素質馬が多くいるので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見極めて勝負しましょう。

京都記念の有力馬の調教分析はアルアイン、クリンチャー、
ディアドラ、ミッキーロケット、モズカッチャンの5頭

共同通信杯の有力馬の調教分析はオウケンムーン、カフジバンガード、
ゴーフォザサミット、ジャックローズ、ステイフーリッシュ、ブレステイキングの6頭

クイーンカップの有力馬の調教分析はオハナ、ソシアルクラブ、
シジミモン、テトラドラクマ、フィニフティ、レッドベルローズの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京都記念、共同通信杯、クイーンカップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は2月9日の18時になります。


京都記念の有力馬レイデオロ、
共同通信杯の有力馬グレイル、
クイーンカップの有力馬マウレアの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで調教抜群の鉄板軸予定馬、
“激アツ馬”、 “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2013年の7月28日から今年の1月28日まで
51ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.3%


1月28日
東京11R 勝負レース 根岸ステークス 3連複2540円
調教抜群鉄板軸馬サンライズノヴァが2着

1月27日
中京12R 鞍ケ池特別 3連複1390円
調教抜群鉄板軸馬エイシンスレイマンが2着

1月7日
中山12R 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬レッドローゼスが1着

1月6日
京都11R 勝負レース 中山金杯 3連複5270円
調教抜群鉄板軸馬セダブリランテスが1着

12月28日
阪神12R 2017ファイナルS 3連複7460円
調教抜群鉄板軸馬エントリーチケットが3着

12月23日
中山12R 3連複33900円
調教抜群鉄板軸馬コンピレーションが2着

12月23日
中山11R グレイトフルステークス 3連複5060円
調教抜群鉄板軸馬ステイパーシストが3着


今週はシルクロードステークスは外してしまったが、
根岸ステークスと土曜日に安い配当だったが2レースの的中でした。

根岸ステークスで事前公開していた“激アツ馬”マッチレスヒーローが、
惜しい4着で3着に残っていれば3連複の配当は31650円だったので、
的中はできたが残念な結果になってしまいました。

来週は牡馬クラシックの登竜門のきさらぎ賞、
安田記念を目指すマイラーが集結した東京新聞杯です。

きさらぎ賞はトライアルレースではないが、
今年の牡馬クラシックを占う重要なステップレースです。

昨年の勝ち馬アメリカズカップは出世していないが、
3着のダンビュライトは皐月賞で3着で、
2年前の勝ち馬サトノダイヤモンドは最優秀3歳牡馬に選出され、
3年前の勝ち馬ルージュバックはオークスで2着になり、
近年の勝ち馬は春のクラシックで結果をだしています。

現時点の牡馬クラシックはワグネリアン、ダノンプレミアム、
オブセッションの3頭が横綱でタイムフライヤーが大関で、
関脇以降は大混戦です。

レイエンダ、ヘンリーバローズが故障で皐月賞は無理そうで、
有力候補のグレイルが共同通信杯に出走予定だが、
きさらぎ賞に出走するダノンマジェスティがきさらぎ賞を、
高いパフォーマンスで勝つと大関クラスまでランクアップするでしょう。

2戦2勝のレーツェルが喉頭蓋エントラップメントで回避したので、
ダノンマジェスティが抜けた1番人気なりそうだが気性難があり、
騎乗予定だった和田騎手が騎乗停止で松若騎手になってしまい、
カツジ、グローリーヴェイズなど骨っぽいメンツが揃ったので、
ダノンマジェスティで鉄板と決めつけず、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

東京新聞杯は安田記念を目標にしているマイラーが揃いました。

東京新聞杯の次のマイル重賞が3月31日のダービー卿までないので、
多くのマイラーが登録してくると思っていたが17頭の登録しかなく、
フルゲート割れになりました。

しかし、ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリード、
ニューイヤーステークスを勝ち復活したダノンプラチナ、
フレッシュな4歳のサトノアレス、ダイワキャグニー、リスグラシュー、
末脚の爆発力は一級品のクルーガー、ハクサンルドルフなどがいる、
近年にはない豪華なメンツになりました。

どの馬が勝っても驚けないメンバー構成なので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

きさらぎ賞の有力馬の調教分析はカツジ、グローリーヴェイズ、
サトノフェイバー、ラセット、レッドレオンの5頭

東京新聞杯の有力馬の調教分析はクルーガー、グレーターロンドン、サトノアレス、
ダイワキャグニー、ダノンプラチナ、ハクサンルドルフ、リスグラシューの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

きさらぎ賞、東京新聞杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は2月2日の18時になります。


きさらぎ賞の有力馬ダノンマジェスティ、
東京新聞杯の有力馬カアドマイヤリードの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の結果、来週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで調教抜群の鉄板軸予定馬、
“激アツ馬”、 “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2013年の7月28日から今年の1月21日まで
51ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.3%


1月7日
中山12R 3連複3860円
調教抜群鉄板軸馬レッドローゼスが1着

1月6日
京都11R 勝負レース 中山金杯 3連複5270円
調教抜群鉄板軸馬セダブリランテスが1着

12月28日
阪神12R 2017ファイナルS 3連複7460円
調教抜群鉄板軸馬エントリーチケットが3着

12月23日
中山12R 3連複33900円
調教抜群鉄板軸馬コンピレーションが2着

12月23日
中山11R グレイトフルステークス 3連複5060円
調教抜群鉄板軸馬ステイパーシストが3着

12月17日
中山10R 南総ステークス 3連複1620円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤナイトが3着
相手筆頭の“激アツ馬”ロードセレリティが2着

12月10日
阪神11R 勝負レース 阪神ジュベナイルフィリーズ 3連複2160円
調教抜群鉄板軸馬ラッキーライラックが1着


今週は相手筆頭の“激アツ馬”が結果をだしたのに、
紐抜けするなどがあり的中レースがなくスミマセンでした。

来週は高松宮記念のステップレースのシルクロードステークス、
フェブラリーステークスのステップレースの根岸ステークスです。

シルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦なので、
快速自慢のスプリンターが揃いました。

昨年の高松宮記念はシルクロードステークスで2着のセイウンコウセイが1着、
2年前は5着のビッグアーサーが1着、4年前は1着のストレイトガールが3着、
5年前は1着のドリームバレンチノが2着なのでシルクロードステークスは、
高松宮記念の重要な前哨戦です。

しかし、今年はフレッシュな上り馬や4歳がいなくて、
芝のG1馬はセイウンコウセイしかいない低レベルなので、
ダートG1馬のニシケンモノノフが挑戦する事になりました。

出走馬のレベルが高くなく一長一短の横一線のハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しを見極めて勝負しましょう。

根岸ステークスはフェブラリーステークスの重要なステップレースだが、
上り馬、フレッシュな4歳、5歳がいない手薄なメンツになりました。

今週に同じ前哨戦の東海ステークスがありほとんどが6歳以上だったが、
根岸ステークスも底が見えてしまった6歳以上の高齢馬ばかりで、
フラッシュな若い馬はサンライズノヴァしかいません。

持ち賞金があるのはカフジテイク、ベストウォーリア、ノンコノユメ、
キングズガードくらいでほとんどが勝って優先出走権を獲得するか、
2着で賞金を加算しないとフェブラリーステークスに出走できません。

どうしてもフェブラリーステークスに出走したい馬、
叩き台の馬が混在している手薄なメンツなので中間の調教から、
デキが上昇している馬下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

シルクロードステークスの有力馬の調教分析はアレスバローズ、セイウンコウセイ、
セカンドテーブル、ナックビーナス、ニシケンモノノフ、ファインニードルの6頭

根岸ステークスの有力馬の調教分析はアキトクレッセント、キングズガード、
サンライズノヴァ、ノンコノユメ、ブラゾンドゥリス、ベストウォーリアの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

シルクロードステークス、根岸ステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は1月26日の18時になります。


シルクロードステークスの有力馬ダイアナヘイロー、
根岸ステークスの有力馬カカフジテイクの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR