今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率118.8%

2013年の7月28日から今年の11月19日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.1%


11月18日
東京12R 3連複4310円
調教抜群鉄板軸馬ドーヴァーが2着

11月18日
福島11R フルーツラインカップ 3連複7220円
調教抜群鉄板軸馬ヒメタチバナが2着
相手筆頭の“激アツ馬”メイショウキトラが1着

11月5日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3020円
調教抜群鉄板軸馬スワーヴリチャードが1着
デキ落ちのプレストウィック、デニムアンドルビーは消し

11月4日
東京10R ノベンバーステークス 3連複10570円
調教抜群鉄板軸馬ルックトゥワイスが2着

11月3日
京都9R 近江特別 3連複6010円
調教抜群鉄板軸馬ナリタエイトが1着

10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週は2歳の中距離戦の京都2歳ステークス、
秋のG1シリーズの目玉のレースのジャパンカップ、
今年の最後のスプリント重賞の京阪杯です。

今週は特別編成でジャパンカップが東京11Rで最終レースになり、
京阪杯は京都12Rで最終レースになります。

京都2歳ステークスは2014年に新設されたが、
過去3年の連対馬はその後にまったく活躍していないので、
クラシックに縁のない重賞です。

新馬戦でワグネリアンと同タイムで次の未勝利戦を楽勝した、
ヘンリーバローズが出走予定だったが回避してしまい、
過去3年と同じで今年も小粒なメンツになりました。

9頭の少頭数になりそうだが横一線のメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

京阪杯は今年の芝1200mの最後の重賞なので、
多くのスプリンターが登録してきました。

12月、1月に芝1200mのオープン特別が数鞍あるが、
1200mの重賞は1月末のシルクロードステークスまでないので、
京阪杯には毎年多くの短距離馬が登録してきます。

出走馬のレベルは高くないがセイウンコウセイ、ソルヴェイグ、
ジューヌエコール、ネロ、メラグラーナなどスピード自慢が揃ったので、
電撃戦のアツイ戦いになるでしょう。

2年前は単勝150円のビッグアーサーが2着で順当な結果だったが、
人気馬が凡走して人気薄が穴をあける事が多いレースなので、
中間の調教から状態が上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

今年のジャパンカップは王者キタサンブラックに3歳ダービー馬のレイデオロ、
3歳オークス馬ソウルスターリングが挑むのでアツイ戦いになりそうです。

過去3年は3歳が苦戦しているが古馬でG1を勝っているのはキタサンブラック、
サトノクラウン、マカヒキだけで4歳以上の古馬は手薄なメンツなので、
今年は3歳が4年振りに古馬の壁をぶち破るかもしれません。

しかし、昨年は皐月賞を勝ちダービーで3着のディーマジェスティが13着、
2年前はオークス馬のミッキークイーンが8着、
3年前はハープスターが5着、ダービー馬のワンアンドオンリーが7着、
イスラボニータが9着でクラシックを勝っていても3歳が苦戦しています。

マイルチャンピオンシップで不利と言われていた3歳が1着、3着、4着で、
3頭も掲示板にのったが古馬のマイル戦と古馬の2400mは違うので、
マイルチャンピオンシップの結果から3歳が強いと判断するのは危険です。

キタサンブラック、レイデオロの2強で決まる事はないと思っているので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

京都2歳ステークスの有力馬の調教分析はグレイル、
シスターフラッグ、スラッシュメタル、マイハートビートの4頭、

京阪杯の有力馬の調教分析はアットザシーサイド、ジューヌエコール、
セイウンコウセイ、ナリタスターワン、ネロ、フィドゥーシア、メラグラーナの7頭、

ジャパンカップの有力馬の調教分析はサウンズオブアース、サトノクラウン、
シュヴァルグラン、ソウルスターリング、マカヒキ、レイデオロ、レインボーラインの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

京都2歳ステークス、ジャパンカップ、京阪杯の危険な人気馬、
激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月23日の18時になります。

京都2歳ステークスの有力馬タイムフライヤー、
京阪杯の有力馬ソルヴェイグ、
ジャパンカップの有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
スポンサーサイト

今週の重賞レース見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率120.4%

2013年の7月28日から今年の11月12日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.4%


11月5日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3020円
調教抜群鉄板軸馬スワーヴリチャードが1着
デキ落ちのプレストウィック、デニムアンドルビーは消し

11月4日
東京10R ノベンバーステークス 3連複10570円
調教抜群鉄板軸馬ルックトゥワイスが2着

11月3日
京都9R 近江特別 3連複6010円
調教抜群鉄板軸馬ナリタエイトが1着

10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着

10月22日
京都10R 桂川ステークス 3連複5580円
調教抜群鉄板軸馬オーヴィレールが3着

10月15日
新潟10R 粟島特別 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ラブリーアモンが2着
相手筆頭の“激アツ馬”レッドアルカナが3着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週は来年のクラシックで主役を張りそうな有力馬が激突する東京スポーツ杯2歳ステークス、
秋のマイル王決定戦のマイルチャンピオンシップです。

東京スポーツ杯2歳ステークスは昔からクラシックの登竜門のレースです。

昨年の1着のブレスジャーニーは故障でクラシックに参戦できず、
2年前の1着のスマートオーディンはクラシックで結果をだせなかったが、
昨年の2着のスワーヴリチャードはダービーで2着になり、
2009年の1着ローズキングダムから2014年の1着サトノクラウンまで、
6年連続で勝ち馬が翌年のクラシックで好結果をだしています。

今年はワグネリアン、ルーカスというクラシック候補が出走するので、
出走予定だった馬が続々と回避してしまい登録が9頭だけになり、
最終的に7頭立てになりそうです。

ワグネリアン、ルーカスの能力が抜けているので、
この2頭が一緒に馬券対象を外すことはなさそうだが、
単勝180円だったサトノアラジンが5着に負けた例があるので、
人気2頭で決まると決めつけずデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

マイルチャンピオンシップはレベルが低いメンツになりました。

出走予定だったロゴタイプが引退してしまい、
春の牝馬マイル女王のアドマイヤリードが故障して、
昨年の3着馬のネオリアリズムが回避してしまい、
G1馬が4頭いるがレーヌミノル以外の3頭は6歳で、
充実期の4歳、5歳のG1馬がいない寂しいメンツになりました。

昨年も混戦で1番人気はサトノアラジンだったが単勝は380円で、
今年の1番人気はエアスピネル、イスラボニータのどちらかだろうが、
単勝は350円以上はつきそうです。

モーリスのような絶対的な存在がいない横一線で入った馬番、
展開、デキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はカフジバンガード、
コスモイグナーツ、ゴールドギア、シャルルマーニュ、ルーカスの5頭、

マイルチャンピオンシップの有力馬の調教分析はイスラボニータ、グランシルク、
サトノアラジン、サングレーザー、ペルシアンナイト、マルターズアポジー、
レッドファルクスの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

東京スポーツ杯2歳ステークス、マイルチャンピオンシップの、
危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は明日11月16日の18時になります。

東京スポーツ杯2歳ステークスの有力馬ワグネリアン、
マイルチャンピオンシップの有力馬エアスピネルの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率124.6%

2013年の7月28日から今年の11月5日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.1%


11月5日
東京11R 勝負レース アルゼンチン共和国杯 3連複3020円
調教抜群鉄板軸馬スワーヴリチャードが1着
デキ落ちのプレストウィック、デニムアンドルビーは消し

11月4日
東京10R ノベンバーステークス 3連複10570円
調教抜群鉄板軸馬ルックトゥワイスが2着

11月3日
京都9R 近江特別 3連複6010円
調教抜群鉄板軸馬ナリタエイトが1着

10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着

10月22日
京都10R 桂川ステークス 3連複5580円
調教抜群鉄板軸馬オーヴィレールが3着

10月15日
新潟10R 粟島特別 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ラブリーアモンが2着
相手筆頭の“激アツ馬”レッドアルカナが3着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週はチャンピオンズカップの前哨戦の武蔵野ステークス、
朝日杯フューチュリティステークスの前哨戦のデイリー杯2歳ステークス、
中距離ハンデ戦の福島記念、牝馬最強馬決定戦のエリザベス女王杯です。

先週と同じで今週も重賞が4レースあり、
大変だが手抜きをしないで調教分析をします。

武蔵野ステークスはチャンピオンズカップの重要なステップレースです。

出走予定だったゴールドドリームが回避したのが残念だが、
G1実績があるカフジテイク、モーニン、ベストウォーリア、ノンコノユメ、
復活したインカンテーション、フレッシュな3歳のサンライズノヴァ、
サンライズソアが激突するのでアツイ戦いになりそうです。

G1実績馬、重賞の常連馬、フレッシュな3歳が混在する、
難解なメンバー構成なのでデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

デイリー杯2歳ステークスは朝日杯フューチュリティステークスの、
重要なステップレースだが9頭立ての少頭数なりそうです。

昨年も10頭で2年前は14頭だったが3年前は9頭で、
少頭数になっている原因は2歳の重賞を作り過ぎたことです。

2歳戦を充実させたいJRAの意図はわかるが少頭数が増えると、
購買意欲がなくなってしまうのでそろそろ2歳戦の再構築が必要です。

デイリー杯2歳ステークスは新潟2歳ステークスを勝った、
フロンティアが抜けた1番人気になりそうだが、
ディープ産駒のケイアイノーテック、カツジ、
キンカメ産駒のメガリージョン、外国産のジャンダルムも、
フロンティアと同等くらいの大物感があるので少頭数だが難しいレースです。

頭数が少ないので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

福島記念はG1では通用しないB級のオープン馬が揃いました。

来週の18日に京都で2000mのハンデ戦のオープン特別の、
アンドロメダステークスがあるので登録馬が少なくなると思っていたが、
フルゲート以上の19頭も登録してきました。

サンマルティン、マイネルミラノ、ウインブライト、スズカデヴィアス、
フェルメッツァが人気になりそうだがどの馬もコレといった決め手がなく、
いつ走るのか判らないムラがあります。

今年はデキ一つで着順が大きく変わる一長一短のメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

エリザベス女王杯はハイレベルなメンツが揃いました。

昨年は条件馬でも出走できるくらい低レベルだったが、
今年はG1馬が4頭いて秋華賞の上位3頭が出走して、
G2重賞で牡馬を負かしたルージュバック、スマートレイアーがいるので、
近年にないハイレベルになりました。

ミッキークイーン、ディアドラ、ヴィブロス、スマートレイアー、
リスグラシュー、ルージュバックが人気になりそうだが、
実力拮抗なのでオッズの差はほとんどないでしょう。

過去10年は3歳が4勝、2着4回の好成績なので、
秋華賞の上位3頭に注目しなければならないが秋華賞がタフな展開の、
重馬場だったのでレース後にかなりのダメージがあったはずです。

特にディアドラは出遅れて追い込んで勝ち切ったので、
リスグラシュー、モズカッチャンよりダメージが大きかったはずで、
休み明け4戦目になるので前走からの上り目は期待できません。

今年は実績よりもデキの良し悪しが重要になりそうなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

武蔵野ステークスの有力馬の調教分析はインカンテーション、サンライズソア、
サンライズノヴァ、ピオネロ、ベストウォーリア、モーニンの6頭、

デイリー杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はカツジ、
ケイアイノーテック、ジャンダルム、メガリージョンの4頭、

福島記念の有力馬の調教分析はウインブライト、ジョルジュサンク、
スズカデヴィアス、ヒストリカル、フェルメッツァ、マイネルミラノの6頭、

エリザベス女王杯の有力馬の調教分析はヴィブロス、クイーンズリング、
スマートレイアー、ディアドラ、モズカッチャン、リスグラシュー、ルージュバックの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

武蔵野ステークス、デイリー杯2歳ステークス、
福島記念、エリザベス女王杯の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日11月9日の18時になります。

武蔵野ステークスの有力馬カフジテイク、
デイリー杯2歳ステークスの有力馬フロンティア、
福島記念の有力馬サンマルティン、
エリザベス女王杯の有力馬ミッキークイーンの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率127.1%

2013年の7月28日から今年の10月29日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率111.7%


10月29日
京都11R カシオペアステークス 3連複16340円
調教抜群鉄板軸馬アメリカズカップが1着

10月29日
新潟11R ルミエールオータムD 3連複5570円
調教抜群鉄板軸馬アースエンジェルが3着

10月22日
京都10R 桂川ステークス 3連複5580円
調教抜群鉄板軸馬オーヴィレールが3着

10月15日
新潟10R 粟島特別 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ラブリーアモンが2着
相手筆頭の“激アツ馬”レッドアルカナが3着

10月9日
東京10R 六社ステークス 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬パフォーマープロミスが2着

10月8日
東京11R 勝負レース 毎日王冠 3連複4670円
調教抜群鉄板軸馬サトノアラジンが2着

10月7日
東京11R 勝負レース サウジアラビアRC 3連複2000円
調教抜群鉄板軸馬ダノンプレミアムが1着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週は秋のG1シリーズの谷間で金曜日から3日間開催で、
京王杯2歳ステークス、ファンタジーステークス、アルゼンチン共和国杯、
みやこステークスの4重賞が行われます。

来週も4重賞があり大変だが一切の手抜きしないで調教分析をします。

11月3日の金曜日にJBCがあるが、
JRAで4重賞もあるのでJBCの提供はしません。

ファンタジーステークスは豪華なメンツになりました。

昨年は2勝馬がブラックオニキスしかいなかったが、
今年はアマルフィコースト、ペイシャルアス、レグルドールが2勝馬で、
他にも新潟2歳ステークスで2着だったコーディエライトがいます。

13頭立てだが来年の桜花賞、短距離路線で活躍しそうな、
素質が高い牝馬が揃ったので中間の調教から、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

京王杯2歳ステークスもファンタジーステークスと同じで、
素質が高そうな馬が揃いました。

函館、小倉2歳ステークスを勝ったカシアス、アサクサゲンキ、
オープン特別を勝ったタワーオブロンドン、タイセイプライドもいるので、
高いレベルのアツイ戦いになりそうです。

今年は例年にないほどのハイレベルで好素質馬が多いので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アルゼンチン共和国杯はハンデ戦なので難解です。

重賞を3勝しているアルバートの実績が抜けているが、
G3重賞を58kで勝っているので58.5kのハンデになり、
4歳、5歳のフレッシュな上り馬がいないので、
3歳のスワーヴリチャード、セダブリランテスが人気になりそうです。

2年前にダービーから直行の3歳のレーヴミストラルが3着にきたので、
実力があれば3歳でも通用するがスワーヴリチャード、セダブリランテスは、
調整遅れで菊花賞が使えず最初からこのレースが目標ではありません。

最近は荒れていないが今年は人気馬に死角があるので、
中間の調教から各馬のデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

11月3日にJBCがあるのでみやこステークスに超一流はいないが、
5月に復帰して3連勝して本格化したテイエムジンソク、
まだ底を見せていない3歳のエピカリス、ロードヴァンドール、
タガノディグオなどフレッシュな若駒がいるのでアツイ戦いになりそうです。

実力馬、上り馬、未知の魅力があるフレッシュな3歳が激突するので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

ファンタジーステークスの有力馬の調教分析はアマルフィコースト、
アルモニカ、ペイシャルアス、ベルーガ、レグルドールの5頭、

京王杯2歳ステークスの有力馬の調教分析はアサクサゲンキ、
エントシャイデン、カシアス、タイセイプライド、ピースユニヴァースの5頭、

アルゼンチン共和国杯の有力馬の調教分析はアルバート、セダブリランテス、
ソールインパクト、デニムアンドルビー、プレストウィックの5頭、

みやこステークスの有力馬の調教分析はアスカノロマン、タガノディグオ、
テイエムジンソク、トップディーヴォ、モルトベーネ、ローズプリンズダムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

ファンタジーステークス、京王杯2歳ステークス、
アルゼンチン共和国杯、みやこステークスの危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日11月2日の18時になります。

ファンタジーステークスの有力馬コーディエライト、
京王杯2歳ステークスの有力馬タワーオブロンドン、
アルゼンチン共和国杯の有力馬スワーヴリチャード、
みやこステークスの有力馬エピカリスの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


秋のG1コースを受け付け中

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率131.0%

2013年の7月28日から今年の10月22日まで
50ヶ月間の勝負レースの成績 回収率112.3%


10月22日
京都10R 桂川ステークス 3連複5580円
調教抜群鉄板軸馬オーヴィレールが3着

10月15日
新潟10R 粟島特別 3連複2300円
調教抜群鉄板軸馬ラブリーアモンが2着
相手筆頭の“激アツ馬”レッドアルカナが3着

10月9日
東京10R 六社ステークス 3連複3200円
調教抜群鉄板軸馬パフォーマープロミスが2着

10月8日
東京11R 勝負レース 毎日王冠 3連複4670円
調教抜群鉄板軸馬サトノアラジンが2着

10月7日
東京12R 3連複1140円
調教抜群鉄板軸馬サンティールが1着

10月7日
東京11R 勝負レース サウジアラビアRC 3連複2000円
調教抜群鉄板軸馬ダノンプレミアムが1着

9月30日
中山9R カンナステークス 3連複17650円
調教抜群鉄板軸馬ペイシャルアスが1着
相手筆頭の“激アツ馬”オジョーノキセキが3着


秋のG1コースの受け付けしています。

ホープフルステークスまでの平地のG1レースと、
地方交流G1レース数戦の配信になります。

秋のG1コース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


今週はマイルチャンピオンシップの前哨戦のスワンステークス、
阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦のアルテミスステークス、
古馬の王道路線の初戦の秋天皇賞です。

スワンステークスはマイルチャンピオンシップの重要なステップレースです。

昨年はスワンステークスで1着のサトノアラジンがマイルチャンピオンシップで、
1人気になりゴール前で大きな不利を受けたので5着に負けたが、
2015年はスワンステークスで2着のフィエロが本番で2着、
2014年は1着のミッキーアイルは凡走したが3着のフィエロが本番で2着、
2013年は2着のダイワマッジョーレが本番で2着、
2012年は1着のグランプリボスが本番で2着で、
勝ち馬はいないがスワンステークスで結果をだしている馬が、
本番でも好走しているのでスワンステークスは重要な前哨戦なのです。

現在のマイル路線の上位クラスが先週の富士ステークスに出走したので、
スワンステークスはスプリンターが多く手薄なメンツになったが、
ジューヌエコール、サングレーザー、ミスエルテ、カラクレナイなど、
フレッシュな3歳が多く出走するのでアツイ戦いになりそうです。

昨年と同じで今年も18頭のフルゲートになりそうで、
G1馬が2頭いるがフレッシュな3歳、上り馬がいるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アルテミスステークスは阪神ジュベナイルフィリーズの前哨戦として、
2012年に新設された歴史が浅い2歳牝馬のマイル重賞です。

2012年、13年のアルテミスステークスの好走馬は、
本番の阪神ジュベナイルフィリーズで結果がでなかったが、
2014年は1着のココロノアイが本番で3着、
2着のレッツゴードンキが本番で2着で2頭も馬券の対象になり、
2016年は2着のメジャーエンブレムが本番で楽勝して1着になり、
昨年は1着のリスグラシューが2着でアルテミスステークスの上位組は、
本番でも良い結果を出しています。

高いパフォーマンスで勝ち上がり秘めたる素質がある若駒が揃ったので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

昨年の秋天皇賞は15頭の出走でフルゲート割れだったが、
今年は18頭が揃い中距離トップクラスが激突するのでアツイ戦いになるでしょう。

昨年は国内のG1勝ち馬が3頭しかいなかったが今年は6頭いて、
海外G1勝ちがあるリアルスティール、ネオリアリズムもいて、
8頭もG1馬がいる豪華なメンツになりました。

キタサンブラックが1人気になりそうだが東京2000mは、
1600m、1800mでも勝てるようなスピードが必要なので、
1800m以下で実績がないキタサンブラックに最適な舞台ではありません。

キタサンブラックと同じでサトノクラウンも2200m以上が得意で、
ネオリアリズムは合っている舞台だが中間み爪の故障があり、
6ヶ月の休み明けはマイナスです。

リアルスティールは毎日王冠で復活したが2走連続の好走が少なく、
ソウルスターリングは毎日王冠の内容から古馬との壁はありそうです。

昨年より出走馬のレベルは高いが人気馬すべてに死角があり、
大きな実力差はないので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見つけだして勝負しましょう。

スワンステークスの有力馬の調教分析はカラクレナイ、サングレーザー、
セイウンコウセイ、ダノンメジャー、ミスエルテ、レッツゴードンキの6頭、

アルテミスステークスの有力馬の調教分析はグランドピルエット、
ダノングレース、トーセンブレス、トロワゼトワル、ラッキーライラックの5頭、

秋天皇賞の有力馬の調教分析はグレーターロンドン、サトノアラジン、サトノクラウン、
ステファノス、ソウルスターリング、ネオリアリズム、リアルスティールの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は確認して下さい。

スワンステークス、アルテミスステークス、秋天皇賞の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日10月26日の18時になります。

スワンステークスの有力馬ジューヌエコール、
アルテミスステークスの有力馬ウラヌスチャーム、
秋天皇賞の有力馬キタサンブラックの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
プロフィール

調教分析競馬

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR