今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率146.2%

2013年の7月28日から今年の3月20日まで
43ヶ月間の勝負レースの成績 回収率108.4%


3月19日
阪神11R 勝負レース 阪神大賞典 3連複470円
調教抜群鉄板軸馬サトノダイヤモンドが1着

3月12日
阪神11R 勝負レース フィリーズレビュー 3連複2220円
調教抜群鉄板軸馬レーヌミノルが2着

3月11日
中山11R アネモネステークス 3連複2520円
調教抜群鉄板軸馬ライジングリーズンが1着

3月5日
阪神9R 武庫川ステークス 3連複8440円
調教抜群鉄板軸馬デルカイザーが2着

3月4日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬ソウルスターリングが1着
事前公開の“激アツ馬”ミスパンテールが2着

2月25日
中山11R 総武ステークス 3連複2350円
調教抜群鉄板軸馬ピオネロが2着

阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 3連複1720円
調教抜群鉄板軸馬ペルシアンナイトが1着
デキ落ちのヴゼットジョリーは“完全消し”


今週はクラシック前哨戦の毎日杯、春天皇賞の前哨戦の日経賞、
ダートハンデ戦のマーチステークス、春のスプリント王決定戦の高松宮記念です。

先週に続き今週も4重賞があり大変だが一切の手抜きしないで調教分析をします。

毎日杯で結果がだせれば皐月賞の出走が可能になるが、
まだ未完成の成長途上の段階で中2週で皐月賞を使うのは無謀です。

人気になるサトノアーサーは距離が伸びて良さそうなので、
ここで賞金を加算して皐月賞に出走すると面白いが無茶はできないので、
NHKマイルカップかダービーを目標にするでしょう。

8頭の少頭数になったのでサトノアーサーに人気が集中するが、
アルアイン、クリアザトラック、ガンサリュートなど骨っぽいメンツが揃ったので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

日経賞は春天皇賞の重要なステップレースです。

来週にG1に昇格した大阪杯にキタサンブラック、マカヒキ、
サトノクラウン、アンビシャス、ヤマカツエースが出走するが、
日経賞も大阪杯に引けを取らないくらいのメンツが揃いました。

最近の日経賞は少頭数になる事が多かったが、
今年はゴールドアクター、ディーマジェスティのG1馬を含めて、
16頭のフルゲートになりました。

G1レースと遜色ないくらいのレベルが高いメンツになったが、
ほとんどが目標が先で余裕残しで出走するので人気に惑わされず、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

マーチステークスはかなり難しいハンデ戦です。

3月15日のダイオライト記念にクリソライト、
3月11日の仁川ステークスでグレイトパールが出走して、
3月30日の名古屋大賞典にオールブラッシュ、モルトベーネが出走予定なので、
マーチステークスは手薄なメンツになりました。

どの馬が1番人気になるのかまったく判らない、
デキ一つで着順が大きく替わるメンツのハンデ戦なので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

高松宮記念はG2レースのような低レベルのメンツになりました。

開催が3月になった2000年から昨年まで17年連続で、
前哨戦の阪急杯で馬券対象だった馬が必ずきているが、
今年の阪急杯の勝ち馬が7歳で初の重賞出走だったトーキングドラムで、
オープン特別、重賞で馬券対象がなかったヒルノデイバローが2着で、
初めての芝レースだったナガラオリオンが3着だったので、
普通に考えれば今年の阪急杯の好走組は買えません。

同じ前哨戦だったオーシャンステークスではメラグラーナが勝ったが、
相手が弱かったのに勝ち時計が遅く54kの斤量にも恵まれた勝利でした。

レッドファルクス、メラグラーナ、シュウジが人気になりそうだが、
すべてに死角があり大きな実力差はない横一線のメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

毎日杯の有力馬の調教分析はアルアイン、
ガンサリュート、キセキ、クリアザトラック、トラストの5頭

日経賞の有力馬の調教分析はアドマイヤデウス、シャケトラ、
ツクバアズマオー、ディーマジェスティ、ミライヘノツバサ、レインボーラインの6頭

マーチステークスの有力馬の調教分析はインカンテーション、
コスモカナディアン、ストロングサウザー、ピットボス、ロンドンタウンの5頭

高松宮記念の有力馬の調教分析はセイウンコウセイ、ソルヴェイグ、
トーキングドラム、フィエロ、メラグラーナ、レッツゴードンキ、レッドファルクスの7頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月23日の23時以降に確認して下さい。

先週が3日間開催だったので毎日杯、日経賞、マーチステークス、
高松宮記念の危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は、
明日24日の金曜日の18時になります。


毎日杯の有力馬サトノアーサー、
日経賞の有力馬ゴールドアクター、
マーチステークスの有力馬アスカノロマン、
高松宮記念の有力馬シュウジの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
スポンサーサイト

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率163.6%

2013年の7月28日から今年の3月12日まで
43ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.1%


3月12日
阪神11R 勝負レース フィリーズレビュー 3連複2220円
調教抜群鉄板軸馬レーヌミノルが2着

3月11日
中山11R アネモネステークス 3連複2520円
調教抜群鉄板軸馬ライジングリーズンが1着

3月5日
阪神9R 武庫川ステークス 3連複8440円
調教抜群鉄板軸馬デルカイザーが2着

3月4日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬ソウルスターリングが1着
事前公開の“激アツ馬”ミスパンテールが2着

2月25日
中山11R 総武ステークス 3連複2350円
調教抜群鉄板軸馬ピオネロが2着

阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 3連複1720円
調教抜群鉄板軸馬ペルシアンナイトが1着
デキ落ちのヴゼットジョリーは“完全消し”


今週は3日連続開催で土曜日にファルコンステークス、
日曜日に阪神大賞典、スプリンターズステークス、
月曜日にフラワーカップが行われます。

3日間の連続開催になるが通常通りの提供になり。
20日の月曜日の分は無料で配信します。


ファルコンステークスはNHKマイルカップのステップレースです。

アーリントンカップでペルシアンナイトが楽勝したので
3歳マイル路線で頭一つ抜けだしたが次走はNHKマイルカップでなく、
クラシック路線の皐月賞になり皐月賞で惨敗しない限り、
その後も王道路線でダービーが濃厚となっています。

4月8日に同じ前哨戦ニュージーランドトロフィーがあるが、
現時点でディバインコードくらいしか有力馬がいないので、
ペルシアンナイトの動向次第になるがマイル路線は群雄割拠で、
どの馬が頂点に立つのかまったく読めません。

ファルコンステークスも抜けた存在がいない、
横一線のメンツでデキ一つで着順が大きく替わるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪神大賞典はサトノダイヤモンドが一本被りになります。

昨年の勝ち馬シュヴァルグランが連覇を懸けて出走するが、
有馬記念で決定的な差をつけられたので、
有馬記念と違い同斤量の57kだが余程の事がない限り、
サトノダイヤモンドを逆転するのは難しいでしょう。

サトノダイヤモンドの一本被りで頭数が少ないので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見極め少点数で勝負しましょう。

スプリングステークスはクラシックを占う重要な前哨戦です。

弥生賞でカデナが勝ったがスローペースを差し引いても、
勝ち時計、上り3Fが遅く頭一つ抜けだしたとは言えません。

レイデオロが前哨戦が使えず皐月賞に直行するので、
現時点でペルシアンナイト、スワーヴリチャード、カデナが有力な候補だが、
マカヒキ、サトノダイヤモンド、エアスピネル、リオンディーズ、
ディーマジェスティがいた昨年と比べるとかなりレベルがかなり落ちます。

スプリングステークスに朝日杯を制した2歳王者のサトノアレス、
そのサトノアレスに詰め寄ったモンドキャンノが出走するが、
2頭とも絶対的な強さはないので中間の調教から、
デキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フラワーカップに超大物のファンディーナが出走します。

ファンディーナの2走は1800mで勝ち時計は1分50秒台で遅いが、
先行して最速の上りを使う横綱相撲で牡馬に圧勝しました。

しかし、初の輸送で初の坂超えコースで時計を詰めなければならない、
多くの課題があるのでファンディーナで鉄板と決めつけないで、
デキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

ファルコンステークスの有力馬の調教分析はダイイチターミナル、
ナイトバナレット、ボンセルヴィーソ、マイネルバールマン、メイソンジュニアの5頭

阪神大賞典の有力馬の調教分析はシュヴァルグラン、
タマモベストプレイ、トーセンバジル、レーヴミストラル、ワンアンドオンリーの5頭

スプリングステークスの有力馬の調教分析はアウトライアーズ、ウインブライト、
エトルディーニュ、トリコロールブルー、プラチナヴォイス、モンドキャンノの6頭

フラワーカップの有力馬の調教分析はコーラルプリンセス、、
サンティール、デアレガーロ、ディーパワンサ、ハナレイムーンの5頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月15日の23時以降に確認して下さい。

ファルコンステークス、阪神大賞典、スプリングステークスの危険な人気馬、
激アツ馬の会員様への事前公開は明日3月16日の18時になります。

フラワーカップが20日の月曜日で最終調教が3月16日になるので、
フラワーカップの危険な人気馬、激アツ馬の会員様への事前公開は、
16日の木曜日でなく17日の金曜日の18時になります。


ファルコンステークスの有力馬コウソクストレート、
阪神大賞典の有力馬サトノダイヤモンド、
スプリングステークスの有力馬サトノアレス、
フラワーカップの有力馬ファンディーナの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率177.6%

2013年の7月28日から今年の3月5日まで
43ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.6%


3月5日
阪神9R 武庫川ステークス 3連複8440円
調教抜群鉄板軸馬デルカイザーが2着

3月4日
阪神11R 勝負レース チューリップ賞 3連複1630円
調教抜群鉄板軸馬ソウルスターリングが1着
事前公開の“激アツ馬”ミスパンテールが2着

2月25日
中山11R 総武ステークス 3連複2350円
調教抜群鉄板軸馬ピオネロが2着

阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 3連複1720円
調教抜群鉄板軸馬ペルシアンナイトが1着
デキ落ちのヴゼットジョリーは“完全消し”

2月19日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複2140円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが2着
デキ落ちの“危険馬”ノンコノユメ、サウンドトゥルーは“完全消し”

東京9R ヒヤシンスステークス 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬エピカリスが1着
デキ落ちの“危険馬”モンサンレガーメは“完全消し”

2月18日
東京11R 勝負レース ダイヤモンドステークス 3連複1870円
調教抜群鉄板軸馬カフジプリンスが3着
事前公開の“激アツ馬”ラブラドライトが2着


今週はG1に昇格になった大阪杯のステップレースの金鯱賞、
桜花賞のトライアルレースのフィリーズレビュー、
ヴィクトリアマイルのステップレースの中山牝馬ステークスです。

金鯱賞は昨年まで有馬記念の最終便だったが、
大阪杯がG1に昇格されたので開催時期が変更され、
大阪杯のステップレースになりました。

大阪杯にはキタサンブラック、マカヒキ、サトノクラウン、ネオリアリズム、
アンビシャスが出走予定だが王者サトノダイヤモンドは春天皇賞が大目標で、
大阪杯は回避するので2000mが得意な馬は色気を持っているはずです。

金鯱賞に出走するヤマカツエースが色気を持っている筆頭で、
他にもステファノス、プロディガルサン、ルージュバックなど、
実力馬が多く出走する好メンツになったので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

フィリーズレビューは桜花賞のトライアルレースだが、
先週のチューリップ賞が豪華なメンツだったので手薄になりました。

最近のフィリーズレビューで桜花賞の出走権を取っても、
本番で結果をだした馬はほとんどいなくて昨年のアットザシーサイドと、
2012年のアイムユアーズが3着にきただけです。

2015年の1着クイーンズリングが桜花賞で3番人気になったが4着、
2013年の1着メイショウマンボが4番人気で10着に大敗しているので、
最近はフィリーズレビューの存在意義が薄くなっています。

阪神1400mは内回りで外回りの1600mの桜花賞と、
コース設定がまったく違うので結果が直結しないが、
桜花賞はクラシックの華なのでどうしても出走したい馬は、
メイチの仕上げで優先出走権を取りにくるでしょう。

今年の出走馬でレーヌミノル、ジューヌエコールの実績が抜けているが、
2頭とも詰めが甘くデキ一つで着順が大きく替わるメンツなので、
中間の調教からデキが上昇している馬、下降している馬をみつけて勝負しましょう。

中山牝馬ステークスは難解なハンデ戦です。

実績の最上位はマジックタイムだが引退レースなので、
ビッシュ、パールコードのG1実績がある4歳馬に人気が集まりそうです。

昨年の2着ルージュバック、2015年の1着バウンスシャッセが、
4歳で結果をだしているがアースライズ、ブランネージュ、
ホエールキャプチャ、アカンサスなど人気になった4歳の凡走も多いので、
安易な考えで4歳で鉄板と決めつけるのは危険です。

昔から人気馬が簡単に負けている波乱続きのレースなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

金鯱賞の有力馬の調教分析はサトノノブレス、
ステファノス、フルーキー、プロディガルサン、ルージュバックの5頭

フィリーズレビューの有力馬の調教分析はアズールムーン、
カラクレナイ、クインズサリナ、ゴールドケープ、ジューヌエコールの5頭

中山牝馬ステークスの有力馬の調教分析はクインズミラーグロ、シャルール、
トーセンビクトリー、パールコード、フロンテアクイーン マジックタイムの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月8日の23時以降に確認して下さい。

金鯱賞、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日3月9日の18時になります。

金鯱賞の有力馬ヤマカツエース、
フィリーズレビューの有力馬レーヌミノル、
中山牝馬ステークスの有力馬ビッシュの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率194.5%

2013年の7月28日から今年の2月26日まで
43ヶ月間の勝負レースの成績 回収率109.8%


2月25日
中山11R 総武ステークス 3連複2350円
調教抜群鉄板軸馬ピオネロが2着

阪神11R 勝負レース アーリントンカップ 3連複1720円
調教抜群鉄板軸馬ペルシアンナイトが1着
デキ落ちのヴゼットジョリーは“完全消し”

2月19日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複2140円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが2着
デキ落ちの“危険馬”ノンコノユメ、サウンドトゥルーは“完全消し”

東京9R ヒヤシンスステークス 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬エピカリスが1着
デキ落ちの“危険馬”モンサンレガーメは“完全消し”

2月18日
東京11R 勝負レース ダイヤモンドステークス 3連複1870円
調教抜群鉄板軸馬カフジプリンスが3着
事前公開の“激アツ馬”ラブラドライトが2着

2月11日
東京11R 勝負レース クイーンカップ 3連複1170円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤミヤビが1着

東京9R テレビ山梨杯 3連複2410円
調教抜群鉄板軸馬バンゴールが1着


今週は桜花賞の重要なステップレースのチューリップ賞、
高松宮記念のトライアルレースのオーシャンステークス、
今年の牡馬クラシックを占う重要なステップレースの弥生賞です。

チューリップ賞に桜花賞でも人気確実のソウルスターリング、リスグラシューが出走します。

先日のつばき賞を勝ち無敗のファンディーナはオークスが大目標で、
桜花賞はパスしてフラワーカップの予定になったので、
現時点の桜花賞の有力候補はクイーンカップを圧勝したアドマイヤミヤビ、
ソウルスターリング、リスグラシューの3頭です。

アドマイヤミヤビが高いパフォーマンスで前哨戦を勝ったので、
ソウルスターリング、リスグラシューは余裕残しで出走するが、
そこそこ高いパフォーマンスはだすでしょう。

ソウルスターリング、リスグラシューの2頭の他は横一線のメンツなので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

オーシャンステークスは高松宮記念のステップレースで、
1着に高松宮記念の優先権が与えられるが低レベルのメンツになりました。

先週の阪急杯も低レベルで断然人気のシュウジが、
芝のオープン勝ちがないトーキングドラム、ナガラオリオンに、
簡単に負けてしまい短距離路線の層の薄さを露呈してしまいました。

オーシャンステークスはオープン特別に毛が生えたくらいの低レベルで、
展開やデキ一つで着順が替わるくらいのメンツなので、
デキが上昇している馬、下降している馬を見つけて勝負しましょう。

弥生賞は皐月賞を目指す有力候補が揃いました。

有力馬の一角のレイデオロはトライアルを使わず皐月賞に直行になり、
重賞を連勝しているブレスジャーニーもデキが上がらないので、
弥生賞は登録だけでスプリングステークスか皐月賞に直行の予定です。

今年は牡馬クラシックの有力候補が順調さを欠いているので、
トライアルの弥生賞、スプリングステークスで高いパフォーマンスをだせば、
皐月賞で上位人気になるでしょう。

コマノインパルス、カデナは賞金が足りているので余裕残しだが、
ダイワギャグニー、グローブシアターなどはここで権利を取らないと、
皐月賞に出走できないのでメイチに近いデキで出走してくるでしょう。

出走頭数は少ないが実力が拮抗しているメンツになったので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

チューリップ賞の有力馬の調教分析はアロンザモナ、
エントリーチケット、ソウルスターリング、ミスパンテール、ミリッサの5頭

オーシャンステークスの有力馬の調教分析はウインムート、クリスマス、
コスモドーム、スノードラゴン、ナックビーナス、ブレイブスマッシュの6頭

弥生賞の有力馬の調教分析はグローブシアター、コマノインパルス、
ダイワキャグニー、ダンビュライト、ベストアプローチ、マイスタイルの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日3月1日の23時以降に確認して下さい。

チューリップ賞、オーシャンステークス、弥生賞の有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日3月2日の18時になります。

チューリップ賞の有力馬リスグラシュー、
オーシャンステークスの有力馬メラグラーナ、
弥生賞の有力馬カデナの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。

今週の重賞レースの見解

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

重賞はすべて勝負レースで競馬新聞が発行される前の木曜日の18時に、
調教抜群の鉄板軸予定馬、“激アツ馬” “危険な人気馬”を事前に公開します。


重賞パック 重賞だけの提供(お薦めコース)

通常コース 重賞+平場で1日3レース 重賞がない日は平場が3レース

重賞がない場合は特別レースが勝負レースになる時があります。

春のG1レースパックを受付中

フェブラリーステークスから宝塚記念までの
G1レース12戦と地方交流G1レース数戦の配信になります。


春のG1パックコース、勝負レース重賞コースを受付中 申し込み


最近の的中レース

2017年の勝負レース重賞の成績 回収率215.8%

2013年の7月28日から今年の2月19日まで
42ヶ月間の勝負レースの成績 回収率110.2%


2月19日
東京11R 勝負レース フェブラリーステークス 3連複2140円
調教抜群鉄板軸馬ベストウォーリアが2着
デキ落ちの“危険馬”ノンコノユメ、サウンドトゥルーは“完全消し”

東京9R ヒヤシンスステークス 3連複1850円
調教抜群鉄板軸馬エピカリスが1着
デキ落ちの“危険馬”モンサンレガーメは“完全消し”

2月18日
東京11R 勝負レース ダイヤモンドステークス 3連複1870円
調教抜群鉄板軸馬カフジプリンスが3着
事前公開の“激アツ馬”ラブラドライトが2着

2月11日
東京11R 勝負レース クイーンカップ 3連複1170円
調教抜群鉄板軸馬アドマイヤミヤビが1着

東京9R テレビ山梨杯 3連複2410円
調教抜群鉄板軸馬バンゴールが1着

2月4日
東京11R 初音ステークス 3連複3030円
調教抜群鉄板軸馬ミエノサクシードが3着

東京10R 箱根特別 3連複1270円
調教抜群鉄板軸馬ステイブラビッシモが3着

京都10R エルフィンステークス 3連複790円
調教抜群鉄板軸馬サロニカが1着


今週はNHKマイルカップの前哨戦のアーリントンカップ、
高松宮記念の重要なステップレースの阪急杯、
新設されたG1大阪杯を占う重要な前哨戦の中山記念です。

アーリントンカップはNHKマイルカップの重要な前哨戦です。

ミッキーアイル、コパノリチャード、ジャスタウェイが、
このレースを制し飛躍したのでNHKマイルカップのトライアルではないが、
3歳マイル路線の重要な登竜門的なレースです。

今年の3歳牡馬クラシックは素質が高い馬が多くいるが、
マイル路線は混沌としていて抜けた馬がいません。

シンザン記念、きさらぎ賞がともに道悪の馬場になり、
そのレースの着順から力関係を見抜くのは不可能なので、
アーリントンカップ、ニュージーランドトロフィーが終わらないと、
マイル路線の力関係が見えてきません。

ペルシアンナイト、キョウヘイ、ヴゼットジョリー、
ディバインコードの実績が上位だが抜けた存在ではなく大きな差はないので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

阪急杯は高松宮記念の重要なステップレースだが、
今年はシュウジ以外は低調なメンツになりました。

高松宮記念は必ず阪急杯の出走組が結果をだしているので、
G1実績馬が毎年多く出走するが今年はG1勝ち馬がいません。

最近の重賞で結果をだしているのはシュウジしかいなくて、
少頭数になるので中間の調教からデキが上昇している馬、
下降している馬を見極めて点数を絞って勝負しましょう。

中山記念はG1に昇格した大阪杯、ドバイを目標にしている、
一線級の中距離馬が揃いアツイ戦いになりそうです。

リアルスティール、アンビシャスは昨年も出走して、
ドゥラメンテに負けてしまったが3着、2着に好走しました。

天敵のドゥラメンテがいないので今年は有力だが、
牝馬だが強烈な末脚があるヴィブロス、ヌーヴォレコルト、
徐々に力をつけてきたツクバアズマオー、ネオリアリズムなど、
骨っぽいメンツが揃ったのでリアルスティール、アンビシャスの2強が、
取りこぼすケースが十分ありえます。

ほとんどが目標が先にあり余裕残しで出走してくるので、
中間の調教からデキの良し悪しをしっかり見極めて勝負しましょう。

アーリントンカップの有力馬の調教分析はヴゼットジョリー、キョウヘイ、
ジョーストリクトリ、ディバインコード、レッドアンシェルの5頭

阪急杯の有力馬の調教分析はヒルノデイバロー、ブラヴィッシモ、
ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ロサギガンティアの5頭

中山記念の有力馬の調教分析はアンビシャス、ヴィブロス、
ツクバアズマオー、ヌーヴォレコルト、ネオリアリズム、ロゴタイプの6頭です。

デキ落ちの人気馬がいるので会員の皆様は今日2月22日の23時以降に確認して下さい。

アーリントンカップ、阪急杯、中山記念の有力馬の危険な人気馬、激アツ馬の、
会員様への事前公開は明日2月23日の18時になります。

アーリントンカップの有力馬ペルシアンナイト、
阪急杯の有力馬シュウジ、
中山記念の有力馬リアルスティールの調教分析は、
調教競馬分析ブログ本館をご覧になって下さい。

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77

調教分析競馬 training analysis メルマガ
競馬TV http://keiba.tv/m0001345
まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0001124001.html

調教分析競馬 training analysis
調教から危険な人気馬、激走しそうな人気薄を見つけだす。
プロフィール

Author:調教分析競馬
調教分析競馬は中間の調教、調整から馬のデキの良し悪しを見極めています。
競馬新聞、競馬雑誌に掲載されていない事をきめ細かく分析して、
過去の好走時のデータと照らし合わせて人気馬の死角、危険な人気馬、人気薄を見つけています。

調教分析競馬

調教分析競馬ホームページ
http://t-analysis.net/

調教分析競馬ブログ本館 http://ameblo.jp/t-analysis77/
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
ID:001345
登録  解除

   読者規約
powered by 競馬TV
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR